人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。ニート生活を経て2021年4月より底辺職をしながら細々と生きる初老クソ親父の無駄口です...

タグ:仙台育英

4
選抜高校野球は無事開幕したようです。
仙台育英が期待通りの強さを見せたようで、今後の展開が楽しみです。
変異株がどれだけ増えようが一切無視して、スポーツイベントは全て予定通り消化して欲しいものです。
週末はゆっくりテレビ観戦しようか。
って、予報雨やん。。

丁度2週間前に始まった就活ですが、終了しました。
結局3つの会社から内定が出て、そのうちの1つに入社を決めました。
3つも内定取れたって、順調なように一見思えますが、所詮給料激安の底辺業ですから、全く大したことではありません。

3つのうちから入社を決めた会社。かなり悩みました。
そしてこの選択は間違いだったかも知れないと思っています。
この状況は10年前の悪夢に非常によく似ている。。

10年前。
当時いた会社が潰れかけて大々的に早期退職の募集があり、私は応募しました。
しかし応募者があまりにも多かったため、会社は割増退職金が応募者全員に払えず、当時40代の社員は親会社に引き取ってもらう選択肢が現れ、私はそれに該当。
親会社に転籍するか、そのオファーを拒否して早期退職するか。二択を迫られた。
私は早期退職したかったが、家族に親会社転籍を懇願され、不本意ながら転籍を選択したのでした。
人生最大の選択ミスです。
その後は、、何度か書いたように、挫折して自殺未遂しました。

今回の就活の顛末。
内定の3社のうち、1つは業務内容が他に比べて気に入らなかったのでまず辞退した。(会社の規模は3つの中で1番大きかったが)
残る2つが一長一短で悩みました。仮にA社B社とする。

A社は、仕事内容はこっちの方が楽そうだった。
勤務が4勤2休なのも気に入ってた。準大手企業で会社の対応もきっちりしてた。関東では結構メジャーなブランドマンションを管理している。
ただし1年更新の契約社員である。当然ながら雇い止めに遭う可能性はある。

B社は独立系の無名な企業で、仕事内容も未知な部分があり不安が残った。
ただしこっちは正社員でわずかながら賞与もある。
(とは言っても賞与を勘定に入れてもAB両社の給料はほぼ同じだった)
土日祝日は休み。

という2社だったが、悩んだ末B社にした。
1番の理由は、想像つくと思いますが、妻が正社員を推したからです。それだけの理由。
10年前と同じく、またしても辛いと思われる方をあえて選んでしまった。
また同じような未来が待ってるのかなぁ。。
でも、今回は前と違って給料は鼻クソみたいに安いから、未知で不安な仕事もそこまで辛くは無いだろうと無理矢理自分に言い聞かせています。
実際辛かったら辞めたら良い。悩む価値も無い程の底辺業なんだから。
そして実家に帰れば良い。

というわけで、また正社員として働くことになりました。
入社日はまだ決まってませんが、4月1日あたりだと思う。

約30年ぶりの就活。うまく行くはずが無いと思っていたが、2週間で終わらせることが出来た。その理由は、

給料の安い底辺業だから、誰がしたって上手くいく。
職業訓練学校生は信用されている。
履歴書に書いた前職の会社名。

と言ったところだと思う。
特に3つ目の理由が効いてるとしたら、私は挫折して死に向かわされた前職の会社に皮肉にも救われたことになる。。

まぁ深いことは考えず、次の仕事も入社直前までは考えず、取り敢えず高校野球を見ることにします。
職業訓練学校も来週で終わりです。

IMG_20210319_203255
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
緊急事態宣言も解除されて、底辺ニートの私も色々出歩きたいなぁと思い始めています。
娘は任天堂Switchを見に家電屋に行きました。(笑)

プロ野球も6/19から無観客で開幕だそうで、中止になった高校野球とは対象的な扱いです。。

きっと物理的には夏の甲子園は無観客で開催可能だと思います。
選手全員PCR検査して、感染防止を徹底管理して、移動は今いくらでも余ってる観光バスや新幹線の車両貸し切りにして、宿はいくらでも余ってるビジネスホテルの個室に缶詰にしたら。
中止の理由は高校生だから遅れた学業優先にしなければならないとか、準備不足で怪我があった場合に責任が取れないということかなと思われます。
要は高野連は責任を取りたく無くて逃げたということだ。
本当にそれで良いのか?

日本の3大人気スポーツはプロ野球、Jリーグ、高校野球である。特に高校野球は年配者への人気が断トツであろう。
プロ野球選手として成功したら、末代までの巨万の富を得られる。
少年及びその親はそれに思いを馳せ、物心ついた時からひたすら野球だけをやり、その大事なステップが甲子園で活躍することだった。
プロを目指す今年の高3にとって、ある意味人生設計を台無しにされたことになります。

高野連が見放したのなら、各県で協力して強豪校を集めたリーグ戦でもして欲しい。
以下暇な私の妄想ですが、
選抜出場校やその他実力校を集めて、各地域でちゃんとした球場を使ってテレビ中継もしてリーグ戦形式のミニ大会でもして欲しいなと思う。
例えば関西だったら、
大阪桐蔭、履正社、天理、智辯学園、智弁和歌山、明石商、報徳学園、平安、近江
あたりを参加させて会場は甲子園を中心に京セラドーム、ほっともっとフィールド。
間違っても予選で使ってる明石トーカロ球場や舞洲スタジアムみたいなしょぼいとこは使ってはならない。

関東もそんなノリでプロ野球の球場を使ってやれば良い。
問題は周りに強豪がいない強豪校。
仙台育英、中京大中京、星稜、明徳義塾等は関東か関西に遠征して入れてもらうしか無いかなと思う。

そういうことでもしたら、今まで野球しかして来なかった子達もちょっとは気が済むし、スカウトも見れるし。
彼等に学業は必要無いのである。
単に私が見たいだけですが。。

もし今年も例年通り甲子園大会が開催されていたら、春は花咲徳栄、夏は仙台育英が優勝したんじゃないかと思う。
検証のしようが無いですが。

プロ野球は無観客で開催されてテレビ中継もされるのでしょうが、映像技術で満員の観客と歓声を合成してくれたら雰囲気が出るのになぁと思ったりします。
しかし、無観客だと球団の収入激減だが来年の選手の年俸どうなるんやろう。。
って、来年無収入の私が心配してる場合では無い。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

このページのトップヘ