人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。ニート生活を経て2021年4月より底辺職をしながら細々と生きる初老クソ親父の無駄口です...

タグ:久保建英

2
4月になり、桜も散ってしまいましたね。

テレビの東京ガスのCMで黒柳徹子が早口で何か喋ってるんだけど、よく聞きと取れない。。
推測でなんとなくわかるんだけど。
先日、また同じCMが流れてて、なんと彼女の台詞に字幕が付いてた。
私みたいに聞き取れなかった老人が東京ガスに問い合わせたのだろうか。。
ちなみに台詞は「あーら、お引っ越し?じゃあ東京ガス!」でした。
本人は字幕が付いたことを知ってるのかな。
ろれつが怪しいことを自覚して、引き際を考えるべきかも。。

選抜高校野球は終わりましたが、お世辞にも無事に終わったとは言えないですね。
やはりコロナ辞退は出てしまった。その恩恵を得たのはよりによって大阪桐蔭。この時点でその後の楽々優勝は誰もが予想したでしょう。大阪桐蔭が試合したのは実質1回戦の鳴門戦だけ。後は遊びみたいでした。相手エースが前の試合でボロボロになってたから難なく大量得点。
昨夏の智弁和歌山もそうでした。
コロナに過剰反応するとスポーツイベントは台無しになります。
夏の興味は、この大阪桐蔭を止められるとこはあるのか?ですね。
止める可能性が一番高いのはコロナか戦争ですが、次に可能性あるのは同じ大阪の履正社でしょうか。
甲子園に出てしまうと無敵ですが、互角に試合できる候補は京都国際、東海大相模、明徳義塾、智弁学園、智弁和歌山と言った甲子園慣れしてるとこかな。
選抜組だと浦和学院、木更津総合、九州国際大付、広陵あたりが投打とも絶好調の時とか。
いずれにしても2回戦までに倒さないと日程が進んで消耗していくと層が厚すぎる大阪桐蔭が絶対有利になっちゃいますね。。
ちなみに山田投手大健闘の近江は、夏は山田の登板は回避して滋賀学園あたりに甲子園を譲るのもやむ無しと思います。

プロ野球も開幕しました。
薄々予感はしてたが、阪神がここまで酷いとは、、
開幕からの連敗記録を絶賛継続中です。
もともと全く打たない上に高橋遥人、青柳、ガンケルが怪我でいないんだもんな。。
5月初めに甲子園のヤクルト戦を見に行くんだけど、それまでに1勝でもしてるかな。。
その頃には首位とゲーム差20ぐらいありそう。。
監督の矢野は開幕前から今年限りと言ってたのは、こうなることがわかってたからか。
今年限りどころか、今月中にも休養するんじゃないか。
後任は同じく日ハムを途中解雇されそうなBIGBOSSで良いんじゃないでしょうか。

サッカーワールドカップ。こないだ日本の出場が決まったと思ったら、もう対戦相手が決まってました。
日本の相手は日程順に
ドイツ
コスタリカorニュージーランド
スペイン
よりによって最悪の組ですね。どう考えてもドイツ、スペインの勝ち上がりで決まりやないか。
日本は一大会毎に予選リーグ敗退、トーナメント進出を繰り返し今回は予選敗退の順番なので、監督の森保も力量が疑問視されてることだし、いっそ徹底的に負けて4年後の反省材料にしたら良いかも。
ドイツには0-5ぐらいで完敗し、唯一勝ち点が期待できる2戦目も足元をすくわれて0-2ぐらいで負け、最終戦は既に勝ち上がりが決まって2軍メンバーのスペインに手も足も出ず0-3ぐらいで敗退。
現実的にはこんなもんじゃないでしょうか。。
久保君を中心とした4年後に期待しよう。
4年後どころか今年の大会も戦争でどうなるかわからんですけども。。

今回は歯医者通いの事をメインに書くつもりが、スポーツ観戦の愚痴を延々と偉そうに書いてしまったのでまた今度にします。

IMG20220328120605

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
暑い日々が続きます。
感染爆発も続きます。
アメリカとIOCの言いなりで酷暑の中無理矢理始まったオリンピックもそろそろ終わりです。

昨日はサッカーの3位決定戦で日本は完敗し、久保が号泣。
深夜には400メートルリレーでまさかのバトンミスで一瞬にして失格。
久保の号泣には感動したとのコメントが集まり、バトンミスの失態には攻めた結果だから仕方ないとの同情が集まる。。
馬鹿じゃないか。。
結局どんな惨敗でも良いように言われる。
スポーツ見るのが嫌いな人はこういうところが嫌なんじゃないかな。
仕事で失敗したら、ただただ責められるだけだから。

海外の選手達がSNSで選手村の食べ物や設備やボランティア等のおもてなしを褒めちぎってる。
それを真に受けて日本人として誇らしいとか思ってるとしたら、外国の思う壺。自分大好きな愚かな日本人という気がする。

久保の涙は、チームメイトのあまりの下手さによる絶望であり、日本サッカーは駄目だという涙であろう。
彼はスペイン語ペラペラなので、日本を捨ててスペインに帰化したら良いと思う。

400メートルリレーのバトンミスは、ギリギリに攻めた結果とは言え、5年間の努力を一瞬で無駄にした罪は重い。多田と山県は今後リレーには出ない方が良い。
とは言え、もしバトンが上手く行ってもあのメンバーの実力では最下位に終わった可能性は高い。
桐生なんか実はホッとしてたりして。。

今回の五輪、MVPを選ぶとしたら誰かな。
卓球の伊藤美誠か、スケボーの若い子達か、ピクトグラムの元が〜まるちょばのひろぽんか。
いや、河村たかしで決まりだろう。



と、無責任に偉そうなことをほざくついでに高校野球の展望も偉そうに書いてみます。

五輪閉会式の翌日から甲子園が始まることになっているが、本当に開催されるかな。。
こないだ出場校決まったと思ったら組み合わせも即座に決まっていた。

夏の優勝校によくあるパターンとして、選抜に出場したが初戦敗退したところが多い。
今回それに該当するのが大阪桐蔭、明徳義塾、県岐阜商、専大松戸、北海と言ったところ。いずれも実力校です。
組み合わせを見ると
大阪桐蔭vs東海大菅生
明徳義塾vs県岐阜商
専大松戸vs明豊
北海vs神戸国際大付
といういずれもどっちが勝つかわからないカードになっている。
そのぶん弱い学校同士の対戦も多く、組み合わせに偏りがある。きっと大会後半になるとワンサイドゲームが増えるだろう。

この酷暑では2回戦から登場する学校の方が有利である。
その点で恵まれてるのは
二松学舎
敦賀気比
浦和学院

後は中京に勝って出てきた愛工大名電や
横浜vs広島新庄
智弁学園vs倉敷商
の勝者も期待できる。

個人的には専大松戸を推したいが、いきなり明豊相手かぁ、、
これだけ名前挙げて、かすりもしなかったら私はクソだな。

まずは決勝戦まで無事に実施されることを祈るのみです。
仕事中に管理人室でネット観戦しよう。
底辺業の醍醐味である。

それと、中日の木下雄介投手が27歳の若さで亡くなりました。コロナワクチンの副反応が原因かと言われていますが。主だった報道は決してされません。
ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
退職することを会社で唯一プライベートでも親交のある友人にメールで打ち明けました。
その人はスポーツ観戦が大好きで、今までカープ戦を中心に数々のスポーツ観戦に一緒に行ってる友人です。
私の退職を知ると、
「じゃあ、広島滞在も残り少ないから来週サッカー見に行こう。」
となり、広島エディオンスタジアムでやるU22日本代表vsU22コロンビア代表を見に行きました。

IMG_20191117_125107
このスタジアムに行くのもこれが生涯最後です。
(サッカー観戦自体が人生最後になりそうですが。)
広島の恐ろしく田舎にあります。
広島駅からさら1時間ほど。
15分で行けるカープのマツダスタジアムとは対照的です。
田舎過ぎてサンフレッチェの本拠地は数年後に移転するらしい。

IMG_20191117_124647
IMG_20191117_125506
こんな感じでのどかな田舎です。

IMG_20191117_130334
トラックがあるからフィールドが遠い。こんな席でも4200円もする。。
しかも悲しいことに試合は極めてお寒い内容で0-2で完敗でした。
U22代表は来年のオリンピック代表チームになるが、主戦力はなんと言ってもMF久保(18歳)。
他にはA代表でもあるMF堂安(21歳)。後は知らない。

試合は久保のドリブルはなかなか魅せられたが、それ以外は見るもの全くなし。堂安なんかいないのと同じで、コロンビアに圧倒されていた。
親善試合とは言うものの、調整期間は相手の方が少ないはずなのに。。
まるで20年ほど前の最高に弱かった日本を彷彿とさせられた。
オリンピックは全く期待出来ない。もう強化する時間も無いし。

IMG_20191117_145559
一番左に切れかかってるのが久保。

一応代表戦ということで2.6万人程観客がいて、帰りの小さな電車の駅が入場制限ができ、まるでミートミッキーのように行列が出来てました。
これだけでもこんな田舎のスタジアムは廃止にすべきである。

試合は落胆の連続でしたが、その後広島駅でお好み焼きを食べながら積もる話をして、また来年野球を見れたら見に行こうと言って別れました。

その2日後、A代表が同じく親善試合をベネズエラ代表とし、さらに悲惨な1-4で惨敗してました。
ラグビーとは対照的にサッカーは冬の時代に突入したようです。
やはりワールドカップ8年周期説は生きていて、22年は出られたとしても早々に敗退するだろう。
26年の久保中心の日本代表に期待することにしよう。
その頃私はきっと生きて無いが。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

このページのトップヘ