最近、楽しいことも全くなく毎度空虚な日々を過ごしている。
生きる目的もなく、それでいて仕事は苦痛だらけ。。
このままではセルフネグレクトして、ゴミに埋もれて死ぬんじゃないかと思ったりする。(笑)

さて、最近気になったニュース

この記事

バラバラ死体が見つかった外池晴美さんという29歳の女性。
死後半年以上経っているとか。
この若さで行方不明になっても捜索願いも出てなかったそうである。
天涯孤独というわけでもなく、家族も子供もいる。

彼女は幼い頃から同じ団地に住んでたようである。
最初は父母と兄弟と一緒に。
早くにに母親を亡くし、その後成人した兄弟や父親が家を離れていく。
やがて結婚して旦那が住み子供も生まれるが、そのうち旦那は姿を消す。
そして子供を育てられなくなり(理由は不明)施設に預ける。
孤独になった彼女は、姿を消し、バラバラ死体で発見される。

私がニュースで知り得た情報は以上です。
学生時代の同級生もおとなしくて目立たなかった、ぐらいしかコメントが無い。

私が推測するに、外池さんは精神障害だったのでは?と思う。
唯一の理解者母親を早くに亡くし、家族に疎まれ去られ、体だけが目当ての男の子供を産み、去られ、育児も満足に出来ず、あげくどこかで暴力団に良いように利用され殺されたんじゃないかと、、
その辺の情報はきっと判明したとしても報道されないだろうなと思う。

いっそ精神障害であって欲しい。
もし健常者だったら、彼女の人生はあまりにも苦痛に満ちたものだから、いっそ現状認識出来ない方がまだ救いがある。

5年前、私は精神病院に3ヶ月程入院したが、はっきり言って動物園みたいだった。あそこには2度と戻りたくない。
でもあそこから一生出られないとしたらいっそ動物みたいになった方が楽だろうなとも思う。

きっと辛いだけの人生だった外池さん。
死んだのでこれ以上苦痛を受けることは無い。
来世は人間以外のものになって苦楽を感じずにゆったり過ごして欲しいものである。

それにしても、北九州というところは、かつて松永という連続殺人鬼の死刑囚も出たし、ろくでもないところなのだろうか。