人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。ニート生活を経て2021年4月より底辺職をしながら細々と生きる初老クソ親父の無駄口です...

カテゴリ: 退職後のいろいろ

2
実家に帰って来て約10日。年越しを迎えます。
先日、前の会社の友人に会いに行きました。
約7年住んでたかつての単身赴任先に9ヶ月弱ぶりに訪れました。

待ち合わせ時間より1時間程早く着いて、かつての単身宅があったワンルームマンションに行ってみました。
エレベーターの暗証番号はまだ覚えていた。
退去する頃は玄関先から新築マンションの工事現場が見えてました。その時の写真。
IMG20200404171747

今回同じ場所を見るとマンションが完成していました。
まだ人が住んでる気配は無かったけども。
IMG20201226142059

その他、駅前に新しいホテルが出来ていた。
また駅前に巨大な幽霊ビルがあって、退職時はそれを取り壊し始めていたが、今回見るとすっかり更地になってました。

この跡地にショッピング施設、マンション、ホテルが建つ計画だったのが、ホテルはコロナのせいで撤退し、大幅に縮小した建物がこれから建設予定で2023年完成予定だとか。

大して都会でも無い地域だしコロナでこんなことになると、ホテルの10や20は無くなる方が良いのかも。
むしろ新しく出来たホテルが何故計画が頓挫しなかったのか不思議なぐらいです。

さて、9ヶ月ぶりに会った元会社の友人。やはり痩せたことを指摘されました。。
家事をするようになって、自分が作るご飯が不味くて痩せたんだと言ったら失笑されました。
会社のその後のことは何の興味も無かったですが、話によると、

このご時世でも事業は黒字を維持してボーナスもきっちり出てる。
私より2つ程年下の課長が更に出世して次長になってた。
嘱託の老人を除いて誰一人退職してない。
5月頃は週の半分はテレワークだった。

というような話でした。
つまりコロナ禍でも誰一人経済的に困る人はいないし、仕事の内容も私が過去にやってた仕事も含めて何も変わらず続いている。ということ。
確かに、報道ではいろいろ苦悩する人々が出て来るが、リアルな世界では周囲に困った人や困窮した人なんか一人も居ないし、これからも居ないだろう。
せいぜい娯楽が無くなって生きるのがつまらなくなったぐらいです。

友人の家庭の話も聞きましたが、子供が今年から私立小学校に通っています。
これは、友人の妻がママ友との近所つき合いが嫌だからわざと遠くの小学校に行かせたそうで。。
そういう性根の妻と友人はうまく行ってないとのこと。
まぁ謙遜もあるだろうし、我が家のような完全崩壊では無いだろう。
面白いのは、その小学生の男の子がある日カエルを拾って来て、家で飼ってるそうで、友人がカエルの餌である生きたコオロギを定期的に買って食わせる役目を負ってるという話でした。
なかなか大変そうです。(笑)

避けられないことですが、「仕事辞めて家で一体何をしているのか?」と当然ながら聞かれました。
ここ数ヶ月の廃人のような生活を話すと、興味無さそうに聞いてました。
マンション管理の職業訓練校に通う話をしたら、
「それは暇つぶしで行くだけで、まさかそんな仕事するつもりじゃないだろう?」と言われました。
まぁ、現役の大企業の管理職クラスから見ると、当然の意見です。
妻でさえ「マンションでゴミの分別とかするんだったら、警備員でもした方が良いんじゃないのか」とか言って蔑みます。
私はそういうレベルのカーストにいるという事です。

友人は、わざわざここまで来てくれたんだからと、飲食代を全て払ってくれた上に、乾き物のつまみを10袋程お土産にくれました。
こっちは手ブラで行ったので恐縮してしまった。
まるで乞食が恵んでもらったみたい。。
次に会うことがあったら土産を持って行かなければ。。
来年スポーツ観戦出来る世の中だったら是非ご一緒しましょう。と言って別れました。
果たして再会があるのかどうか、極めて怪しいですが。。

今年退職後に友人と対面で食事したのは3回だけ。
真っ当に生きてる人と接すると、気分転換になる反面、自分のクズぶりをさらに思い知って闇に籠もりたくもなります。
今だって、家族の罵倒から逃げる為に実家に避難してるし。。
しょうもない生き物やなぁ。
こんな奴でも年を越してしまいます。
来年も年を越すのだろうか。。
あんまり越したく無い気分です。

今晩は孤独のグルメ年末スペシャルでも見るかな。
皆様におかれましては、良いお年をお過ごし下さい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
寒いです。
ボーナスの時期になると、無収入の自分のクズぶりが一層感じられます。

コロナの感染者数は日々最高記録を更新しているが、そんな報道を見ても何も響かない。
同志社ラグビー部がクラスタ感染で大学選手権を辞退したが、普通その場合次点の関西学院大が代理出場するルールだったはずが、準備不足という意味不明な理由で却下されたらしい。
これが関東の大学だったら認めただろうに。
学生スポーツの協会はおかしな差別が無数にある。。

来月から約3ヶ月、職業訓練学校に通うことにしました。
コロナがあれなので、突如中止になる可能性も多分にありますが。。
受講するのは高齢者対象のマンション維持管理という講座です。
そんなもんに勉強する必要があるのか甚だ疑問ですが、講座があるので受けることにしました。求職活動しないための暇つぶしです。
こんな講座でも一応入校試験がありました。
実は過去にビル管理という講座に落ちてます。
ビル管理は競争率が3倍以上ありましたが、マンション維持管理は定員20人のところ、見た感じ受験者は25人ぐらい。しかも2人程欠席してて、よっぽどアホじゃない限りは受かるものでした。

それでも面接を受けた時は不合格を確信しました。
面接官(=当講座の講師)がかなり冷やかな目で私を馬鹿にしてたから。。
まだ若いのに何故高齢者対象のこんな講座を希望するのか?
とか
前の仕事を辞めてこんな低所得の仕事を希望するのは何故か?
とか、答えが解ってるくせに意地の悪い質問をしやがった。

どうせ落ちると思って相手のお望み通りに本音で回答しました。
前の総合職は挫折して苦痛で、早く辞めて楽な仕事に変わりたかった。
子供が自立するので収入は多くは望まない。
老人でも出来る仕事だから。
と。
講座開始後もこの講師には度々嫌味を言われそうだな。。

講座終了前には求人を出してる業者が来て就職相談もあるとのことだが、期待はしていない。
バイト程度の最低賃金の1ヶ月単位の仕事が多いと思われる。
万一仕事にありつけたら儲けものだが、あくまでもずっと家に引きこもるのを避ける為の措置です。

来月から晩御飯の用意はどうなるのか?考えないことにする。
と言うわけで、万一バイトにでもありつけたら当分実家に帰れないので、今月末に実家に帰ることにした。
なんせ高齢の母親だからいつが最期になるかわからんし。。

ビル管理講座に落ちたことを前に書きましたが。
ビル管理はマンション維持管理と違ってボイラー技士やら電験、冷凍機械責任者といった資格が必要で、競争率も高かったから、と落ちた言い訳は出来るが。
そうは言っても受験者は皆失業してる落ちこぼれである。そんな中選考試験に落ちたという事実が今の私の価値の無さを表している。
正直、もう一般の人とは関わる資格は無いと思う。

4月になっても何の仕事も決まらなかったら実家に移住して世捨て人になろうかと考える。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
今年も最後の1ヶ月になりました。
戦後最悪と言っても良い悪夢の年だったと思う。
さらに今後数年〜十数年はさらに悪夢の年になるんじゃないかと危惧してます。

高校ラグビーの全国大会が大阪で無観客ながら予定通り開催されるとの事。
娘の母校も出場するし、この状況下でも開催されるのならその3ヶ月後の選抜高校野球も望みが出て来たかな、と思います。
今後状況が悪化しなければの話ですが。。

先日健康診断に行きました。前の会社の健保を任意継続してて、無料で出来るので。
ニートになってから痩せたが、体重測ったことなかった。
今回の計測で55キロと判明。。こんなに少ないのはいつ以来だろう。ここ1年弱で10キロ近く痩せたことになる。
7年前休職してた時よりさらに痩せたかも。
食べる量はそんなに少ないわけじゃないのに。

7年前の休職時と今で共通するのは、
 生きる意欲も楽しいことも全く無いし、求めてもいないこと。
 働いてない劣等感から、他人と関わることが皆無になったこと。
 同居家族に嫌われ、お互い罵り合いながら常に最悪の雰囲気の中で生活していること。
これだけの条件が揃うと、きっと誰しもがみるみる痩せるんだと思います。

過去の記事でいただいたコメントで、
「孤独で寂しくて生きるのが辛い。老後のひとりは辞めた方が良い。」
という50代独身女性のものがありました。
それから自分の孤独について考えるようになった。

大学生の時、孤独に押し潰されそうになったことがある。
大学生活は楽しいんじゃないかと勝手に期待して、実際は全然楽しくなかったのと、初めての一人暮らしで何日も誰とも喋らないことに慣れてなかったこと。が原因かと思う。
今のようにネットがあれば同じような仲間がいっぱいいて気にならなかったかも知れないが、当時はこんな孤独でアホな大学生は世界で自分一人だと思っていた。

社会人になってから最初の3年ぐらいも孤独だった。
でも孤独の寂しさより仕事の辛さの方が何億倍も強かったので、寂しいことなんかどうでも良かった。
また収入があると寂しさも安らいだ。

そして今の私は孤独を望んでいる。
自分を否定し批判し蔑む人と暮らすぐらいなら(それが正しいことでも)、一人で誰にも文句言われずに生きて行きたい。
無能な私は、今まで家族はもちろん仕事でも常に批判されながら生きてきた。もう疲れたのである。文句言う奴からは離れたい。。
晩年は自分の能力や人間性にケチ付けられたくない。
ひっそりとコソ泥のように生きたい。

孤独のリスク。
まず金銭的な問題がある。コメント下さった方もその不安が大きいんじゃないかと思う。
私も勿論貯金が尽きるリスクは大いにあるが、同時にいっそ早く蓄えが尽きて野垂れ死にたいという破滅願望もある。
病気やアクシデントが起きても誰も助けてくれないという不安もある。これもかなりの恐怖である。
突然動けなくなったり、心臓麻痺になったり、激痛と絶望の中誰にも気付かれず死んで行く。
孤独じゃない人でもそういうリスクはある。所詮死ぬ時は一人。
こういう悲惨な死に方も運命だと思うし受け入れたい。
死んだ後迷惑をかけることになるが、わたしゃ死後を気にする程お人好しでは無い。
いろいろと残念な考え方だが、そういう星のもとに生まれたのだと言い聞かせています。

最近気に入った癒やしのピアノ曲。


最近気に入った癒やしのクレヨン画。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
東京のコロナ感染者が連日200人を超えて、再度の自粛要請が出るかも、という雲行きになってます。。
でも、報道が正しければ東京の重症者はたったの5人らしい。
5人なんて、東京の人口からしたらゼロと一緒じゃないか。。

そんな状態で自粛要請したら馬鹿すぎる。
4、5月の自粛で瀕死状態になってるのに、
今度こそ日本経済が壊滅して自殺者だらけになるわ。
まぁ、そういう世の中も見てみたい気がするけども。

妻は「自分は感染したく無いから国に対策して欲しい」とほざいてる。
他人のブログを見てても、「久しぶりに電車に乗る用事が出来たけど怖くて涙が出た」とか書いてる初老女性がいた。
そんなに自分が大事な人は自主的に自粛してこの先何十年もつまらん生活を送れば良いのだ。
経済全体に自粛を強制しないで欲しい。
もう感染者数の公表は辞めれば良いのに。

コロナのせいで医療機関の経営が大打撃だとか。
重症者少ないんだからいっそ全ての病院はコロナの治療拒否したらいいのに。感染して亡くなる人は運が悪かったで済ませるしかない。どうせ餅が詰まって死ぬ人数より少ないぐらいだろうし。

ちなみに就活失敗して自棄になってる娘は、先週ディズニーシーに行ってた。そんで先日はアップルウォッチを買ってた。。
本体とアクセサリー合わせて10万円近い。目玉飛び出る程高い。
そのくせ就職嫌だから、入社前日ぐらいにコロナにかかりたい。とか言っている。
ままならない人生に嫌気が差しているところが私と親子だなぁと思いました。

さて、底辺ニートじじいの私。ようやく前の会社から離職票が届いて、ハローワークに行って来ました。
備忘録代わりに書いときます。
最初の失業手続きに必要な物は
離職票1
離職票2
写真2枚
免許証
通帳
でした。
この日から1週間は何もせず、1週間後〜4週間後までの間に求職活動を1回以上して、4週間後にハローワークで最初の失業認定を受ける。
ちなみに今回はコロナのおかげで説明会も講習会も中止で求職活動1回分は免除される。

しかし私の場合自己都合退職なのでさらに3ヶ月手当が支給されない。1週間後からその後3ヶ月の間に求職活動3回以上してその後の認定日に認定されて初めて手当支給にありつくらしい。長い長い道程である。

で、この求職活動と言うのが面倒で曲者です。
以前はパソコンで適当に検索してハンコもらったらOKだったそうだが、今は検索だけは認めないらしい。
ハロワで就職相談する、求人に実際応募する、セミナーを受ける、資格試験を受験する、
等しか活動と認めないとのこと。。
しょうもない。。こっちは何十年も高い雇用保険料払って来たんや、つべこべ言わんとサッサと手当払えや、クソが
と、もちろん思っただけで口には出していません。

こんな求職活動が嫌なのと、自宅に出来るだけ居たくないのが理由で職業訓練受けることを画策しており、ついでにその相談もハロワでしたのですが。
年配の横柄な担当者曰く、
こちらが精査して適当と判断した人しか応募を受け付けない。
時間潰しに受けたいという態度ではNG。ちゃんとした理由が必要。
とのこと。。
こいつら、こっちが払った雇用保険料で楽して生きてるくせに。。
雇用保険なんていう制度、もう無くしてしまえば良い。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
高校野球甲子園交流戦の組み合わせが決まりました。
履正社vs星稜
大阪桐蔭vs東海大相模
中京大中京vs智弁学園
本当に抽選したんだろうか?
なんか、作為的に組み合わせ決めかのような対戦カードだ。。
だとしても、今回は1試合しか無いから、強豪同士を当てるのは正しい。
高野連をちょっと見直した。

先日散髪をしました。
東京の散髪屋は高くて、、まだ適当な店を見つけられていない。
目に入った店で散髪をした。暑いし、ニートは出来るだけ散髪の間隔を空けたいので短めにしてもらうよう頼んだら、思ったより相当短くされてしまった。。
その時、鏡に写った自分を見ると、すっかり老けてみすぼらしいおっさんがいて、悲しくなった。いつの間にこんな情けない風貌に、、

その日の夜、シャワーの時自分の全身を鏡で見て、さらにショック。。
思った以上に痩せてて、肋が浮き出ている。老衰で死ぬ寸前のジジイみたいだった。
体重を測ったら働いてた時はより5キロ以上は痩せてた。

何でこんなことになったのか?
原因は昼飯を食べなくなったからしかない。朝ご飯もパン1枚とコーヒーだけ。
後、妻に常に軽蔑されているストレスか?
しかし、働いてた時のストレスの方が遥かに辛かったと思うのだが。
犬の相手や家事等、立ってる時間が働いてた時より長い?
いや、その分昼間寝転んでたりしてるのになぁ。
ということは、犬を飼ってて、旦那がモラハラ気味の専業主婦は、昼飯食べるの辞めたら皆ガリガリになるのかも知れません。

と言うわけで昨日から昼ご飯も食べることにした。
本当は私の内面のせいかも知れない。
ニートになって、
こんな人間がのうのうと生きててはいけない!一刻も早く死ななければならない!
という思いが、体内に栄養を吸収することを拒否してるのかも知れない。
常に気分は重苦しいし、気が晴れることは1秒も無いし。
あるとすれば一人になったときだけだ。。

前の会社から離職票がやっと届いた。
会社から来る郵便物もこれで人生最後。
明日ハローワークに行く予定。きっとゴミのように蔑まれるんだろうなぁ。
それともこのご時世なので失業者だらけでごった返してるかな。

妻は私の退職金の額を見ようともしない。
勝手に辞めた奴のことなんか一切認めないという態度を徹底している。
結婚に失敗するのもお互い自己責任だ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
もう1年の半分が終わりました。
コロナはまた都内で3桁の感染者を日々出して一向に収束の気配を見せません。
娘が来週ディズニーシーに行く予定らしく、それまでは再度の緊急事態宣言は絶対出さないでくれ!何千万人死んでも良いから!と言ってます。

そんなこんなで今年下半期はただただ悪夢の年になりそうな予感。
再来年には人類は絶滅してるかも。願望もあるけど。

先月末、退職金が無事出ました。予告通りの額だった。
年収の3年分位(少なー)。今が人生で1番貯金が多く、これからは貯金が減る一方な人生となります。
妻の収入は私の3分の1程だから、妻が今後も当分働けるとしたら4年後に退職金支給前の貯金額に戻る。(思わぬ病気や事故は無いと仮定して)
来年からは娘の学費も要らなくなるし、そう考えると後10年位は今の生活水準を続けられるかな。。とか思ったり。
そんだけ生きれたら充分だ。というかむしろそれ以上こんな世の中生きたく無いですわ。

本当なら、今頃ハローワークで手続きをとっくに行っているはずなんだが、まだ行けてない。
離職票がまだ届いて無いから。普通は退職後2週間以内には届くらしい。
一向に届かないから昨日辞めた会社総務に電話してみたら、明日ハロワに提出するだと、、
蕎麦屋の出前かこっちが指摘してから取り掛かっとるやないけ。さすがブラック企業だ。辞めた奴なんかには一切労力を使わないという会社方針なんだろう。
それとも退職金支給後からしか動けないのか?そんなこと無いと思うが。。

というわけで失業手当をもらう目処がまだ立たないが、昨日職業訓練学校を見学に行きました。
「ビル管理」という10月開講6ヶ月の講座。
まずがっかりしたのが見学者の多さ。45歳以上が対象だけど40人以上はいた。ちなみに講座の定員は30人で見学会はあと2回ある。コロナのせいで4〜9月開講の講座が全て消滅したため、殺到してるらしい。勿論コロナで失業者が溢れてるのもある。
でも本当に切羽詰まってる人は職業訓練なんか受けてる余裕は無いと思うんだが。。
これだけ多ければ受かるわけが無いので、説明会はあまり真剣に聞かなかったが、6ヶ月真面目に受講してそれなりの技術を習得したら、その場でビル管理会社が求人に来て就職はほぼ100%決まるらしい。
しかし、機械や電気等、私が嫌いな分野が多く苦痛な気がする。嫌なことして生きるのはもうたくさん。
というわけで気が進まないが、30人枠には間違いなく残れないから心配する必要も無いか。。
11月開講の講座もあるからそれも検討しなければ。
でもどこも競争率が異常に高くて無理だろう。

「失業中に訓練校に行けずにずっと家に居られたら絶対呆けるし、私は発狂する。7年前と同じだ!」
と、妻になじられています。
「出て行けって言うのか?」と聞いたら
「いずれは出て行くんでしょう?」
とのたまった。
その通り、失業手当の手続きが終わったら出て行く。卒婚決定です。
そのためにも本当は東京で再就職はしたくない。せいぜいパートかバイトぐらいにしたい。
そんなこと言ってたらバイトすら勤まらんのだろうけど。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
実家に10日間以上もうだうだと現実逃避してましたが、正式な退職日がやってきたので渋々自宅に戻っています。
この後退職後のいろんな手続きをすることになります。
いよいよ名実ともに掃き溜めのような底辺人間へGoです。

無職1日目は、前日久しぶりに深夜バスで帰宅したために体調を崩し寝込んだだけで終わりました。
2日目は会社の健康保険を任意継続するために2ヶ月分の保険料(これが莫大な金額。。)を払込に行きました。
関係無いが、ついでにパスポートの申請と献血もした。
暑かったので、献血は飲み物とアイス欲しさに。。
今までの保険証を会社に送り返しました。
夜はマイナンバーカードをネットで申請しました。

先日、人生最後のボーナスが振り込まれた。
何故かいつもより多いなぁと思ったら、保険料が引かれて無かった。
これからは莫大な保険料を自分で払えということか、、恐ろしや。。
ちなみに評価は当然ながら下がってました。

離職票等がまだ届かないので、今のところここまでしか動けない。

10日以上だらけて暮らした実家はほんとにのどかな田舎です。

IMG20200606175124
こんな廃屋(うちでは無い)が点々とあったり、

IMG20200606175532
こんな田んぼしか見えない田舎道だったり、

IMG20200606181719
単線の踏切からこんなのが撮れたりする。。

先日他人のブログを勝手にリンクして大失敗しましたが、懲りずにまた。。
今度は褒めるからいいだろうと思って。。
この記事
こういう考えの女性と結婚したら、私の人生はもうちょっとマシだったのだろうか。。

こういうのもダメかなぁ?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

このページのトップヘ