人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。ニート生活を経て2021年4月より底辺職をしながら細々と生きる初老クソ親父の無駄口です...

カテゴリ: 終活

1
今日はセンター試験があったようです。
寒い中受験生はご苦労様です。
彼等は一流大学、その先には一流企業を目指して頑張っているのでしょう。
しかし残念ながらこの国はあと何年持つかわからないですね。。

私が当時共通一次試験と呼ばれたのを受けたのはもう33年前。。
こんなに長い年月を経ても、未だにこんな下らない受験制度が続いてるなんて、ほんと日本死ねですね。

さて、昨年末に紅白歌合戦をBGMのごとく見ていたら、俳優の菅田将暉が「まちがいさがし」という歌を歌っていた。
なんか暗い歌詞だなぁと思ったら、米津玄師作詞作曲だった。

最近業務スーパーに行った時、有線か何かでまちがいさがしがずっと流れていた。
おかげで出だしの歌詞を覚えてしまったではないか。。



まちがいさがしの間違いのほうに
 生まれてきたような気でいたけど
 まちがいさがしの正解の方じゃ
 きっと出会えなかったと思う


私の人生は間違いの方だけど、そのせいで良い出会いがあったなんてことは皆無である。
強いて言えば娘と犬か。

米津玄師と言えば大ヒットした歌、Lemon がある。この歌詞を見てみるとさらに暗い。

これは別れの歌か、死別の歌か、浮気されて捨てられた歌か。。



戻らない幸せがあることを
 最後にあなたが教えてくれた
 言えずに隠してた昏い過去も
 あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

 何をしていたの何を見ていたの
 私の知らない横顔で

 どこかであなたが今私と同じ様な
 涙にくれ淋しさの中にいるなら
 私のことなどどうか忘れてください


私も早期リタイアにあたって、友人達に

私のことなどどうか忘れてください。

と言いたいところだが、言う前に既に蜘蛛の子を散らすように連絡が来なくなりました。
辞める理由を正直に言ってしまったからだろう。
単身赴任に疲れた。老親の介護もあるし
とか、適当にそれらしいことを言っとけば良かったか。

働くの嫌いだから、子供が自立するタイミングで世捨て人になることにした。老後は捨てた。
なんて言ったら、そりゃ縁切られるなぁ。まぁいいや。

世の中は定年が70歳になり、年金支給開始が75歳になる流れである。
ちなみに男の健康寿命は平均71歳である。

つまり世の真っ当な人達は70歳まで馬車馬のように働き、その後悠々自適な老後を1年過ごして病に倒れ、その4年後年金がもらえる頃には認知症か寝たきりか植物人間になっている。というのが平均的な男の人生。
素晴らしい。これぞ日本。
日本では生きてることが何よりも価値がある。
心身の健康などどうでも良いのである。

私はそんな人生設計から脱落したので、異次元の闇の人生を送ります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
今年もよろしくお願い申し上げます。

早期リタイアを決行する2020年がやって来てしまいました。
もう年が明けてだいぶ経ちますが、今年のおせちはふるさと納税で3万円寄附した返礼品です。

IMG_20200105_202634
IMG_20200105_202706
IMG_20200105_202728
こんなのでした。三段です。
見た目は一見そこそこ豪華に見えますが。
微妙に食べたいものがあまり無いという、、
娘には不評でした。
今年の寄附はこの品は選ばないだろうなぁ。
来年は無収入だからふるさと納税自体出来なくなります。

休み中はほぼニートのように過ごしてました。
予想はしてたが、妻の機嫌はさらに悪くなっている。特に家事をしている時。
明らかに私の存在が苦痛で仕方がない様子。
娘と二人の時もこんなに気難しかったら、娘は家を出ていってるだろうから。
こんな妻の機嫌を取る筋合は無いから、私も余計に妻の神経を逆撫でするような態度を取っていました。

ハッキリ言ってこんな奴とは暮らせない。
と、お互い思ってることでしょう。
とは言うものの、私は他に住むところが無い。
退職後1、2年はお互い罵り合いながら住むか、完全家庭内別居にするかのどっちかになりそうです。
そのうち老母が施設に入ったり死んだりしたら実家に1人移住したい。
しかし母が弱るのを待つぐらいなら自分が先に死んだ方が良いんじゃないか、、

関西に住む友人と2月に城崎温泉に行こうと言ってて、宿の予約までしてたのですが、先日家族に難色を示されたからキャンセルしてくれと連絡が来ました。
たぶん早期退職するような奴とは付き合うのは辞めようと思ったのか、家族にそう言われたのでしょう。
まぁ、逆の立場なら私もそうするかもだし仕方がない。
これを機に友人関係は一切連絡を絶つとするか。
少なくとも自分から連絡をすることは辞めます。

これにて私は完全に孤独な余生を送ることになります。
孤独な人は認知症になりやすいらしい。
私は既に物忘れが激しいので発症してるかも知れない。
近い将来、認知症→セルフネグレクト→ごみ屋敷→孤独死というメジャーなパターンに陥りそう。
今年はそのスタートの年です。
せめて遺体で床が腐るのを避けるために痩せ細って死にたいです。

休み明けの仕事は嫌だなぁ。
自宅で妻と居るのも嫌だが、仕事はその何億倍も苦痛です。
そんなやつは死ねですよね。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

2
いつの間にかクリスマスも過ぎ去っていました。
単身のクリスマスも今年で終わりの予定ですが、一年後は家族に捨てられて本当の孤独なクリスマスかも。。

義兄が先週交通事故に遭って手術し、今も入院中です。
歩行中に信号無視の車にぶつかって鎖骨が折れたんだとか。
鎖骨以外は元気で大事には至ってないとのこと。
義兄は大手企業の海外関連会社で社長までした人。
今は帰国し定年を迎え嘱託でなお働いている。
一方50過ぎでさっさとニートになる私。
車に轢かれるべきはどう考えても私の方なのに、、
世の中ままならないことが多すぎる。

さて、ブラック企業大賞ですっかり有名になった某製造メーカーで、新入社員がパワハラ自殺したという、もはや聞き飽きたようなニュースがあった。
同じ業界にいる(間もなく過去形になるが)私はその職場の内情が何となく想像できるので思うことを書いてみます。

新入社員は研修生と呼ばれ、集合研修を経て6月頃に仮配属となり、教育担当が一人付いて業務をする。そして翌3月に研修の成果を論文にし、偉い人達の前で発表し、4月から本配属となる。
教育担当はその論文作成の世話もし、発表の練習に付き合ったりもする。
教育担当と言っても30代位の社員で、自分の仕事が山ほどある中その片手間に新人の世話をすることになる。もちろん自分から教育担当になるわけでなく、上から押し付けられて仕方なくなるのである。

そういう背景があり、今回の加害者である教育担当はもともと口が悪いのもあるが、やりたくもない新人教育を押し付けられた不満、自分の本来業務のストレス、新人が無能であることのストレス、等から次第にエスカレートして行ったと思われる。

とは言え、死ね等と言うのはさすがに問題になることはわかるはずである。
推測だが、この教育担当は今の職場から離れたかった、または会社自体辞めたかったのかなと思う。
それでわざと暴言を吐き、処分されたかったのかも。
さすがに自殺されるのは想定外だっただろうが。
それぐらい彼もストレスに追い詰められてたのかも知れない。
勿論言い訳にもならないし、被害者の新入社員は気の毒でしかないけども。

周りの連中も知っていながら当然のように誰も助けない。
皆自分のストレスでいっぱいいっぱいで他人を思いやれる状態ではないから。
それは日本の技術系総合職はどこでも同じである。チームプレイ等無い。
ミーティングも自分の進捗遅れを責められた時の言い訳に終始し、中身は全く無い。

今回の騒ぎで、教育担当は当然懲戒解雇となる。彼が家庭持ちかどうかは知らないが、家族ごと遠くに引っ越しすることになるだろう。ネットで名前も明かされているし。
この職場の課長も半ば強制的に会社を去ることになるだろう。当然である。
他の課員も、推測だが全員自己都合退職すると思う。
こんな職場に居るのは嫌だろうし、元々辞めたかったので良いきっかけが出来たと思ってるのではないかと思う。
かくして職場ごと消滅するだろうと思う。

そういうことが技術系総合職では定期的に起こる。
何故日本の企業はこうなってしまうのか?
身も蓋も無い言い方をすれば、日本人は無能だから、に尽きる。

自殺した彼は、もし違う会社に入っていれば元気に生きて行けただろうか?
そこでも結局いつかは挫折し、自殺を考えるだろうか。。
25年以上も底辺で苦しみ続けた私は、
底辺を知らなかった11歳頃に戻って自殺したいなぁ、と思うことがよくある。
日本では仕事の出来ない男は生きる方法が無い。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
先週末、金曜月曜に休みを取って4連休にして東京に帰ってました。
元々働くのは12月までで、そこから長い有休を取るつもりだったので、今年度の休みがまだ一杯残っている。
結局会社の都合で仕事は4月前半まで延び、その後6月まで有休取って夏のボーナス(出ればだが)もらって退職することにした。

東京に帰ったのは家族に会いたかったからではなく、勿論犬に会いたかったから。
後、追い焚きのある風呂に入りたかったから(単身宅のは追い焚きがない)

家族と言っても皆いい大人なのでそれぞれ好き勝手に生きている。

娘はインターンシップ応募の度重なる落選で心が折れ、もう来年の本採用まで就活はしないことにしたようだ。
それが良いと私も思う。
自棄になったのか、毎日夜遅くまで遊びに行ってるようだ。。バイトも辞めると言っている。
不純異性交遊してるかも知れないが、犯罪や妊娠に繋がらなければそれも致し方無いのかもしれない。。

私の予想では、娘はそれなりの企業に就職できるのではないかと思っている。ただし彼女が本当に行きたい企業には行けないだろう。
日本人は面接ごときで適正を見極める能力は無いから、結局学歴優先で採用を決めるだろうというのがその理由。所詮日本企業は採用側も皆無能なのである。
でも、本当に良い企業は女子はあまり採用しない。
理由は勿論すぐ辞めるから。よって娘の希望する企業にも入れてもらえないだろう。英語が喋れたり美人だったら例外だが、そうじゃないし。。

妻の方は仕事と家事の毎日に疲れ、それに私の退職への落胆もあって常に機嫌が悪い。
妻の考えていることは大方想像がつく。
妻が一番後悔していることは、6年前に死のうとした私を助けてしまったことだろう。
死んでいたら遺族年金も出て今よりずっと楽に暮らせただろうに。
「あの時は大変な思いをさせられた。この事は一生許さない。私には足を向けて寝られないはずだ!」と言う。
「こんな男の妻を20年以上もやってる私は可哀想過ぎる。」と。

それを言ったら、死ぬことを阻止されたことを私も恨んでいる。やっぱりあの時死にたかった。
さらに仕事も辞めさせてもらえず復帰させられたことにも失望している。結局約7年後に辞めるんだけど。

妻の思いは理解できる。自分が妻の立場だったら同じことを考え、暴れると思うから。
日本の男は家庭を持ったら家族のために一生犠牲になるべきではないのか。男に楽させてもらえない私は女に生まれた意味がない。というところだろう。

こんな様子だから退職後の同居はうまくいくはずが無い。家事なんかいくらやったって誰も喜ばないし、私も価値を認めない。
実家の母親も妻と同じ考えだから、母が元気なうちは実家に住むことも出来ない。。

退職後はどこかちょっと危険な国に旅行に行こうかな。
そこでテロとかに巻き込まれて銃撃されて死んだら一番格好がつく。
でも、痛いの嫌だから頭撃たれて即死が良いな。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
今世の中で鬱病で休職、休学してる人達はどれぐらいいるのだろう。
数十万人位でしょうか。

鬱病とほとんど似た症状に適応障害があります。
どちらもストレスにより体調不良に陥り、食欲が無くなり眠れなくなり、
日常生活が送れない、ほぼ寝たきりに近い状態になる。
自殺もしかねない。

適応障害はそのストレスの原因がはっきりしている。
仕事だったり、人間関係だったり、虐めだったり、勉強に付いていけなかったり。。
その原因から逃げられれば症状は改善する。逆に逃げられない限り絶対治らない。
これは病気では無く障害である。
悪意のある言い方をすれば障害=環境についていけない無能な人である。

一方鬱病は、ストレスの原因が不明である。
よって自分の力ではどうにもならず医療に任せるしかない。
うまくいけば治療によって治ることもある。

私は6年前、鬱病と診断されて7ヶ月休職したが、
はっきり言えることは鬱病ではなく適応障害だった。
仕事の内容を変えてもらったから復帰できたが、仕事が変わらなかったら退職するしか無かっただろう。
そして世の中の鬱病休職、休学してる人達のほとんどが私と同様鬱病ではなく適応障害だと思う。

医者もわかってるくせに診断書書いたら儲かるし、患者は仕事や学校休めるしということで暗黙の了解でわざと誤診している。
それが悪いこととは思いません。無能な人が世の中を生きて行くためにはこういうことも必要。生活の知恵である。
ただ、そういう人達は自分が環境に落ちこぼれた落伍者であることは自覚すべきである。私も含めて。。

というわけで私は適応障害である。退職することによってそのストレスから逃れられるが、次は鬱病になりそうな気がしています。
嫌いな仕事からは逃れられるが、かと言って楽しみがあるわけでもなし、いや、
楽しみがあっても行動に移す元気が無くなって来ている。。
原因不明というか、原因が老化とか、人間でいることの虚しさとか、
そういう絶望感と孤独に覆われる将来が予測出来る。。
ゴミ屋敷で孤独死していく人って、そういう状態なのかなと思ったり。。

考えても仕方がないから、今は退職日が1日づつ近づいて来ることだけを支えに生きていこう。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
上記をポチられても誰も喜びません。励みにもなりません。

4
最近仕事が嫌で嫌で、仕事してない休日も楽しいことが見い出せず、まるで6年前の鬱地獄が近付いて来たかのよう。。
6年前程仕事辛くないはずなのに、、
もう辞めると決めてしまったから、ストレスの耐性が無くなってしまったんだと思われます。

そんな状態でまた死にたくなっていたたまれなくなって来たので、先日総務に退職時期の相談に行きました。
そこで知った新たな事実。

私が今退職した場合、早期退職一時金として基本給23ヶ月分が退職金に上乗せされるとのこと。
早期退職優遇制度は勤続20年以上の人が適応され、子会社から転籍してまだ6年の私は対象外だとずっと思っていたが、系列会社なので勤続年数は通算されるそうだ。
元々親会社に居て、会社の都合で強制的に子会社に転籍させられた経緯があるので特例らしい。
同じように子会社からここに来て、去る7月に早期退職した人がいるらしい。
私以上に堪え性がない人がいたんだな、、

早期退職一時金が出ると知ってたら、もっと早く辞めるんだったのに。

思えば7年前、前いた子会社を早期退職していれば割り増し退職金は確か基本給の36ヶ月分だった。
おまけに会社都合退職になるので失業手当はすぐに、しかも11ヶ月出る。
それをどぶに捨てた私は宇宙一のアホだった。
今回23ヶ月分もらえるのであれば、どぶに捨てた額の半分ぐらいはカバー出来るのかも知れない。
一般人から見たらほんのはした金ではあるが、ほんの少しだけ明るい気分になれた。
ちなみにANA の早期退職割増金は50ヶ月位だとか、、
さすが一流企業は桁違いである。

後は退職日を12月と3月のどっちにするかである。
上司はすっかり忘れているのか興味も無いのか、何も言ってこないので、もうしばらくほっといて様子を見てみようと思う。

最近自宅にあるいろんな本を大量に捨てた。
電気、機械、英会話、中国語会話といった本。
ニートになるんだから勉強とか教養とか向上心等という虚構の世界とはもうオサラバです。
そういう知識が必要となる世界に行くことは今後決して無い。

最近聞いた話。
Yahooは入社3年目でボーナスは250万円程もらえるらしい。
年間トータルじゃなくて1回の額です。
もしかしたらこの程度が普通で、私がいる会社が少なすぎるだけか。。
そうか、それは失礼しました。。

とにかく製造業は賃金がアホみたいに安いのに、そんな会社ですら挫折して死のうとしてるんだから、私はほんとクズです。
娘には製造メーカーだけは行くなと言ってあります。
IT系、そんなにもらえるんならすぐ潰れたとしても行く価値はあるのかも知れない。
それだけ仕事もキツいんだろうけども。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
最近いい年こいて、あおり運転して暴力三昧のクソオヤジが捕まってましたが、
そいつと一緒にいた、これも頭悪そうなババアが私と同じ51歳だった。。
ホントに、私の同級生ってしょうもない奴ばっかだなぁ。。
類は友を呼ぶとはこのことか。

お盆休みも予想通りあっという間に終わりました。
相変わらず暑いし、もうヤケクソです。
休み中に歯の被せが取れてしまい、この週末は予定外の歯医者の高額出費になります。

妻が数ヶ月前にスマホを落としてヒビが入った。
それで見にくいとほざくもんだから、新しいスマホを買って設定してやりました。
しかし、その割れたスマホは今私が使ってるスマホより性能が良い。
というわけで、ちと見にくいが私はその割れたスマホを使うことにした。
そしたら、うちのwifiルーターと相性が悪いのか、しょっちゅうフリーズする。。

何だか、やること成すことうまくいかない。。

勝間和代という評論家みたいないけ好かないおばはんがいます。
この人も同じ歳です。この人、プロ雀士でもあります。
私はこのオバハン嫌いなんですけども、彼女がネットで若者向けにキャリアについて物申してる記事があって、それだけは深く同意しました。
彼女曰く、

社会人にもなって、努力したって変わらないですよ。
3歳児とか5歳児じゃないんですから
すごく時間や労力を費やして、不得意なことが人並レベルになったからって、果たしてそれが「成長」なんでしょうか?
「デキる営業マンは、必ずキャリアのはじめから“売れてる”」ってことです。
結局、うまくいくことって努力しなくてもできるんですよ。
お互いに疲れません? いつまでもできないことを教えたり教えられたりするの。

以上、抜粋でした。
私なんていくら努力したって、超弩級の無能が普通の無能になる程度で、会社にとっては何のメリットも無い。底辺が底辺の範囲で動めいてるだけで何の意味も無い。
勝間の言うことは正しい。

仕事の能力という点で、人間には大雑把に3タイプいると思う。
(1)どんな難しい仕事も、何の苦労も無くサラっとやってのけてしまう天才型。
(2)努力に努力を重ねて何とか上位を保ち、それを維持するために退職するまでひたすら努力し続ける無間地獄型。
(3)無能で何も出来ない。努力が実を結ぶこともない。努力する資格も無い。クズ型。

こんな感じでしょうか。
人口比で言うと(1):(2):(3)=1:19:80と言ったところでしょうか。
これが外国人だったら(3)の割合が60だったり50だったりするのかも知れません。
私はもちろん(3)の中でも底辺の方です。

(1)の人は生まれてから死ぬまで何もかも上手く行く。不慮の事故や病気が無い限りは。
(2)は逆に生きてる間中ずっと苦しむ。ただ家族は喜ぶ。家族の為に自分を犠牲にしたい、自分を殺したい人には向いている。哀れなのは(3)なのに自分を(2)だと思ってる人。

(3)の人は、安楽死が出来ないこの世の中でどうやって生きて行けば良いのだろうか。
キリギリスのように生きるしかないんじゃないかな。
どうせ上手く行かないんだから目の前の楽しいことを優先する。金が無くて立ち行かなくなったら仕方なく働くか、自然に任せての垂れ死ぬか。
それでも(2)の人より幸せな人生に思えるのは私が落ちこぼれ老人だからか。。

会社でも友人関係でも、周りはエリートの金持ちばかり。
もう働くのはたくさん。人も見たくない。
50代でリタイアしたって、早期退職ではない。ただの退職だと思っている。
妻は「こんな早く辞めることに後悔は無いのか?」
と言うが、遅過ぎたと思っている。

無能な男にとって、人間の寿命って長すぎるなぁと思う。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
毎度のことですが、話題が下火になった頃に書いてます。。
金融庁が老後2千万円は必要と報告して炎上した件。

金融庁にしてみれば、客観的事実を元に試算しただけなのにこんなに怒るなんて、
日本人ってそんなに馬鹿なのか?と、唖然としているのだろう。
確かに客観的事実だけど、それには以下の前提条件がある。

年金を40年きっちり納めていること。
夫婦の支出は全部込みで月26万円(不慮の事故や病気も含め)。
95歳まで生きる。
社会保険制度が現行のままずっと続く。

一番目はともかく、二番目は結構苦しい。
三番目はそんな長生き冗談じゃない。四番目は絶対有り得ない。
年金なんか絶対破綻するし、たぶん廃止になる年も決まっている。

最近は「万引き家族」ならぬ「年金たかり家族」というのが流行ってるらしい。
老いた親が意識も無くなり脳死状態になっても、子供は頑なに延命を医師に頼むのだそう。
胃瘻をしてでも。
理由は親の年金を当てにしてるから。
病院代もかかるが、高額医療制度だかで支払い上限があるおかげで黒字になるらしい。。
そうやって親の心臓が止まるまで年金と税金を垂れ流させて生きる奴ら。
これも生活の知恵である。
医者も楽して儲かり続けるし、WINWIN。

こんなことしてるから年金も健康保険もそのうち廃止されるだろう。
そうなるとアメリカみたいに完全な弱肉強食社会になり、アメリカ並の犯罪大国になり、平均寿命は下がっていくだろう。

というわけで金融庁の報告をより現実的に変えると、
65歳夫婦が老後必要な金は約4000万円だと私は思う。
内訳は月25万×12ヶ月+100万(医療費)=400万円が1年分で75歳まで生きる。
という計算。
もし自分が65歳になった時に年金、健康保険が運良く存続してたら必要金額は減る。あるいは寿命が延びる。
でも、75歳位で死ぬのがサピエンスとして妥当じゃないかと思う。
こんな報告だったら麻生も受け取るんじゃないか?

ちなみに現在の60歳は平均2900万円の貯金があるそうだ。
余裕じゃないか。。
また、25%は貯金100万円未満だとか。。
ほんまかいな。。大金持ちが平均を引き上げてるのか?

まぁいいや。私が60歳になった時、日本は存在してるのだろうか。
再来年から日本は崩壊に向かうことは誰もが言っているが、娘の世代は生きて行けるのかな。。
自分はそれを見届けられない。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

2
前の記事のコメントにも少し書いたのですが、
先日の日曜日、表題の番組を見ました。
たぶんあんまり面白くないだろうと思って、さわりだけ見ようと思ってたが、見入ってしまい、最後まで見ました。

多くの人がブログに衝撃的だったと書いてるようです。

その理由の1つは、安楽死を選んだ女性の臨終の瞬間までテレビに流していたこと。
NHKもここまでやるようになったか、、

このドキュメンタリー番組は、多系統萎縮症という難病を患い、スイスで安楽死をした女性ミナさん(享年52歳。私とほとんど変わらんやんけ、、)と、同じ病気で瞬き以外の意思表示をできないながらも生きることを選んだ女性道代さんを追ったもの。

安楽死は日本では当然ながら認められてない。たぶん国が存続する限り認められることはない。
外国では回復の見込みの無い難病等に限り認めてる国もあり、外国人も受け入れているのは唯一スイスのみである。

ミナさんは48歳頃発症した。それまでは韓国語通訳等でバリバリのキャリアウーマンだった。当時の写真はとても美人。独身なのが不思議だった。
しかし、テレビに映る彼女は浮腫んでて見る影もない。言葉はゆっくりなら喋れる。パソコンも操作できる。という状況。
このまま時間が経てば全身が動かなくなり人工呼吸になり意思表示も出来なくなる。そうなる前に、スイスに渡航する体力があるうちに安楽死したいという希望だった。
過去3回ほど自殺未遂してるとのこと。
ちなみにスイスの安楽死は全世界から希望者が多く、うかうかしてると延々と順番待ちになってしまうそうだ。
ミナさんは英語力も資金もあるからこそ、これが出来たとも言える。
彼女は4人姉妹の3女。仲の良い姉妹だった。
姉二人は彼女の意思を尊重し、スイスまで付き添い最期を見届ける。
妹はテレビNGで、生きて欲しいとずっと訴えていた。最後のお別れは電話だった。

道代さんはシングルマザーで45歳頃発症し、既に全身動かず瞬きでしか意思表示出来ない。ミナさんがこうなる前に死にたいと言ってたまさにそんな状態。
このまま人工呼吸器をつけて生きるか、あるいは付けずに死ぬのを待つか。娘と母に問われ、道代さんは生きる意思を目で合図する。

姉二人と共にスイスに行くミナさん。
スイスで最後の晩餐をする姿はまだまだ生きれそうに見えるが、日本では出来ないから今スイスで死ぬしか仕方がない。
「人間、いつ死んだって今じゃないと思うんだよ。」と言って納得している。

最期の時、姉達に感謝をし、自分でとどめの点滴を注入。
「幸せでした」と言った数十秒後、眠るように永眠してた。まるで苦痛が全くないかのように。
姉はずっと「ごめんね」と泣いていた。

道代さんは短期間退院する。その時、車の中から桜を見て涙していた。

ミナさん姉の「ごめんね」の涙は、
本当は死ぬのを止めて、日本に連れて帰るべきかも知れないのに、死なせてしまってごめんね。
ということか。。
いや、最後まで一緒に居てくれた姉に妹は感謝してるだろう。
それにしても、残された者は辛い。
ミナさんの場合、遺体を日本にもって帰ることも出来ない(日本が認めて無いから)から、二人の帰国の途はほんと辛かっただろうなぁと思う。

道代さんの涙。真意はわからないが、もしかしたら本当はもう死にたかったが、娘と母を残して死ぬとは言えなかった自分の境遇を嘆いての涙だったのかなぁ。だとしたら切なすぎる。。

スイスでの安楽死は200万円位かかるそうです。
申込手続きは全て英語。
あんな安らかな死を見せられたら(本当に苦痛なく死ねるのかどうかは死んでないからわからないけれど)今後日本人の希望者が増えるんじゃないかなぁ。
スイスで死ぬ資金を貯めるために仕事頑張ったり、英語勉強したりして、、

私も今後末期癌とかになったら安楽死がいいなぁ。
でもヘタレだからスイスに登録する段階で挫折しそう。。
死ぬときは誰にも言わずひっそり一人で死ぬのが良いと痛感した。
じゃないと残された家族が辛すぎる。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
もう1週間程前になるでしょうか。
川崎で51歳無職男の通り魔が小学生女児と成人男性を刺殺して自らを刺して自殺した。

自殺でもとりあえず犯人が死んだことは良かった。
これが心神喪失状態とかで裁判が長引き、死刑判決が出ても執行まで何年もかかったら、被害者及び遺族は本当に救われない。
動機がわかろうがわかるまいが、殺人は取り消せないのでどうでも良い。人殺しは即刻死ぬべきである。

今回の犯人は私と同じ51歳。。
同じ時代を同じ年齢として過ごしてきたのかと思うと、なんだか薄気味が悪い。

私の同級生の世代は人口がものすごく多い。
そして小学生時代等を思い返すと、信じられないような馬鹿がとても多かった。
(私もたいがい馬鹿でしたが、、)
哀しいかな、今回のようなやつが出てくる確率は他の世代より高いだろうと思う。
そして今後老人になり、益々取り残されて自棄を起こすクソみたいな同級生は増えるだろう。
せめて老化により犯行を起こす体力も無くなり一人で死ねば良いと思う。

一人で死ねと言うな、と著名人だかが主張してたが、余計なお世話である。
予備軍を刺激して似た犯罪が増えるのを危惧しているとのことだけど、そんなことであんな凶悪犯罪のトリガーがかかる人はほとんどいないと思う。

無能な人間、何をしてもうまく行かない。努力しようにも努力の方向性もわからない。努力する資格もない。
生まれてきたこと自体が罪な奴。
そういうどうしようもない人間は一定数いる。
私もそれと紙一重である。いや、該当してるかも、、

この国の男でそういう風に生まれついてしまうと、生きる方法は無い。引き籠っていずれ餓死するか、その前に自殺するか。
自殺はとても難しい。それは私も実感している。
親が気付いて殺してくれれば良いのだが、そんなこともあるわけもなく。
(今回の犯人の親はそれに気付いて子供を捨てたのかも知れない)
ならば、死刑になるようなとんでもないことをやらかすか。

今回の犯人や、数年前に新幹線で殺人した奴や秋葉で車で暴走した奴はそういう思考だったのかも知れない。
だとしたら一人で死ねと言っても意味無い。
今回の犯人、追い詰められてやっと自分を刺すことが出来た。やっと死ねると満足の内に死んだかも知れない。。

安楽死出来たら1番良いのだろうが、人間の世の中はそれを認めることは決して無いだろう。

精神科医の連中は、ありもしない病名をでっち上げて儲けることばかり考えず、こういう病んだ思考の人をどうやって一人で死なせるかを考えてもらいたいものである。

犠牲者となってしまった男性は外務省勤務のミャンマーのエキスパートだったとか。
彼の死は日本にとって大きな損失と報じられた。
それを言ったら、皇后の雅子さんはかつて外務省のエースだった。
それを無理矢理皇室に嫁がせて退職させたのは日本の大きな損失だった。
皇室はその事をわかっているのか
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

このページのトップヘ