人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

カテゴリ: 終活

1
高校大学野球の神宮大会が中止になりました。
見に行こうと思ってたのに。。
天理の投手とか生観戦したかったのに。。
宿泊の伴う全国大会は、社会人やプロは自己責任だが学生はそうも行かず、連盟は責任取りたくないから中止にしちまえ。と言うことだろう。
この分では来春の選抜甲子園も通常開催しないな。
やったとしても出場校数を半分にして土日だけ試合するとかになるかも。。
娯楽の無いつまらない世の中になってしまいました。。

さて、私は数日前からまた実家に帰ってます。
私を毛嫌いする家族からまた逃げてきたわけです。
逃げたところで何の解決にもなりませんが。
春に仕事から逃げ、その後度々家族から逃げ。。
私の人生はいろんなことから逃げ続けた人生です。
私から逃避と挫折を取ったら何も残りません。。

50歳そこそこで仕事をリタイアしてしまう人はネット界隈ではたまに見かけますが、そういう人は主たる生計維持者である旦那や父親がいる女性が多いです。
たまに男もいるが、それはほぼ独身者です。
私みたく家庭持ちでありながらそんな暴挙に出たアホはまず居ません。
理由はもちろん、家族が認めないから。
家族の反対を押し切ってリタイアした私。当然家族に憎まれ、死を望まれ、今実家に逃げ帰っています。。
いつ自宅に戻るかは決めていない。月末にはハローワークに行くのでそれまでには帰らなければならないが。
妻からの連絡は一切ありません。

逃げ帰ってきて気分が晴れたのか?と言われると。。
最初の数時間はホッとしてましたが、当たり前ですが根本解決にはなっていない。
年老いた母も考えは妻と同じ。ただ何を言ったところで息子は怒るだけなので放置してくれている。
実家は広いので一人になれる時間が多く、そこだけが少し助かっている。

ここ数ヶ月、生きる目的も楽しみも何も無い状態で軽い鬱状態がずっと続いている。生きるのが苦しい。
自分なりに限界まで働いたつもりだけど、世間一般と比べてあんたはダメ人間過ぎると罵倒されると、じゃあ死ぬしかないじゃないかと思ってしまう。
こんな奴としか結婚出来なかった妻も、こんな子供を生んだ親も、結局その程度の実力の人間だったと言うことだ。

軽い鬱状態になってからかなり痩せた気がする。
上半身は前も後ろも肋骨がはっきりわかる。
尾てい骨が出て硬い椅子に座ると痛い。
食べる量はそんなに減っていないはずだが、生きる意欲が無くなると筋肉や脂肪がつかなくなるのだろうか。
体重は知りたくないので量ってない。

こないだテレビの仰天ニュースで林葉直子のことをやっていた。
私と同級生の林葉は、天才女流棋士として若い頃ひと通りの成功を収めた後、不倫したりヘアヌード写真集出したりお騒がせする。父親の浪費で自己破産する。あげくアル中になり重度の肝硬変で死にかける。
現在の林葉直子の姿は、痩せ細って老婆というか、妖怪みたいだった。。
52歳のはずだけど70代に見えた。
言っちゃ悪いが、肝硬変で死んどいた方が良かったんじゃないか。7年前の私みたいに。
ちなみに私の体も今は臨終前の干からびた老人みたいになっています。。

最近、ネットの無料動画で「白夜行」を配信していた。2006年の綾瀬はるか、山田孝之主演のテレビドラマです。
親の悪事のせいで互いの親を殺してしまった小学生の男女が、お互いを守るためにその後20年近く罪を重ねながら日陰の人生を過ごす。
最後男は自殺し、女は破滅してやっと救われる。
そんな感じのストーリーでした。
最近の半沢直樹よりはずっと良かった。
私もいつか死んで救われるのかなぁ、と思ったりする。

気分が落ちている時はひたすらこんなネガティブなことしか書けないのです。
消えて無くなりたいなぁ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

1
昨日まではうだるような暑さが続いていましたが、今日は雨が降ったりして若干涼しい。
このまま秋に向かって欲しいものですが、そうは行かないだろうなぁ。。

退職してはや5ヶ月が経ちました。
その間家族以外とはほとんど口をきいていません。
物を考えるということもほとんど無い。
家族の軽蔑の目を常に感じながら、痴呆老人のように淡々と過ごしています。
つまらない毎日。生きてることにすっかり飽きた。
それでも働いてた地獄の日々よりはましですが、、
もっとマシな人生にできたんじゃないかと自問自答するのですが、私の実力ではどう足掻いたってこんな失敗の人生にしかならないのだと思う昨今です。。

退職する直前の3月末のこと。当時の職場が送別会を開いてくれた。
その時10分ぐらい挨拶をするように言われ、もう最後だからと思ってることを言いました。

自分は大学の頃からずっと落ちこぼれだった。就職後も同じ。
子供が生まれた時に、これからは子供のためだけに生きよう。その代わり子供が自立したら仕事なんか辞めて好きに生きようと決心した。
2012年に前の会社が早期退職を募集して自分は応募したが、応募者が多すぎて親会社である当社への転籍を勧められた。
転籍を断りたかったが、家族に懇願されて仕方なく今の会社に入った。
入社後は予想通り挫折して休職したりしながらも、子供が就職内定する時期にやっと辿り着いたので当初の計画通り退職することにしました。

こんな感じのことを言ったと思う。

当然ながらドン引きされました。それから退職の日までほとんど誰も私に話しかける人は居ませんでした。
仕事への思い入れや期待など最初から何も無い。金を貰うためだけに仕方なく会社で時間の経過を待つ。
そんなことを言う奴は日本では存在を許されないんだとわかりました。

同じことをプライベートの友人達にも漏らしました。
そしたら、その後ほとんど連絡が来なくなりました。
当然と言えば当然か。逆の立場だったら私も連絡は断つと思うし。

唯一連絡をくれていた関西の友人が、京セラドームのプロ野球観戦に誘ってくれました。
彼はかつて離婚の危機があり、今はなんとか修復している。
逆に私の方が家庭崩壊しつつあるので、気にかけてくれたようです。

せっかくのお誘いで野球のチケットまで取ってくれたので行くことにしました。
しかしコロナの感染爆発が最悪の時期だったので妻に大反対され、、それを押し切って旅行を強行しました。

このことで娘も怒らせてしまった。。
娘も友人と色々旅行に行きたいのに、コロナを心配する妻を気遣って我慢してたのです。
それを私だけ好き勝手してズルいと。。

旅行からの帰宅後、家族のご飯を作りましたが、娘は、
「もうこんなまずいご飯は食べない!」
と自室に閉じこもってしまいました。
そう言われてしまっては、もうご飯は作れない。。

妻とは既に家庭内別居状態だが、娘にも断絶された今、ここに住んでる意味が無い。。
娘も妻の言うことをいちいち聞かなければ良いのに。
こんな家族バラバラになれば良い。
失業手当の給付が終わり次第、即刻家を出て行かなくては。。

過去の記事で格安の高速バスは今後無くなるだろうと書きましたが、実際多くの路線が無期限運休に入りだしました。。
きっと再開は無く廃止になることでしょう。
こうして世の中の楽しみがどんどん無くなっていく。。
こんなつまらん世の中でも生きたい人だけ真面目に生きれば良いのではないでしょうか。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

1
毎日暑くて嫌になりますね。
コロナのことなんかもはやどうでも良くなります。

甲子園交流試合も今日で終わり。
ダイジェスト動画を一通り見ました。
また機会があれば能書きをダラダラ書きたいと思っています。

実は明日は職業訓練学校の入試があります。
漢字と数学の中卒程度の30分の筆記と、10分程度の面接です。
対策は何もしてません。
そもそもどうしても受かりたいわけでもなく、今回はコロナ禍のせいで受験者が非常に多く、何しようが無駄な抵抗。多分落ちると思ってます。
もういい年なんで頑張るなんてことはしません。

一応過去問は公表されており、ハロワが過去数回分をくれたので見るだけ見てました。それで愕然としました。
数学はまだなんとかなりそう。漢字の読みもほぼわかる。
しかし、漢字の書き取りが全然出来ない。。
10問中6問ぐらいしか書けません。
ぱっと見、楽勝と思うのにいざ字を書こうと思うと出てこない。。
PC文化に染まったせいで字が書けなくなったというのは負け犬の言い訳でしかない。
これは明らかに若年性認知症がやってきていると思いました。
こんなんじゃあ、漢字以前に根本的に仕事もバイトもする資格は無いなぁと思う。明日受けに行くの辞めようかな。。

趣味にボットウする
庭園のフンスイ
言葉のユウギ
なだらかなキュウリョウ地帯
油をギョウコさせる

上記のカタカナ部分が私が書けなかった漢字のごく一部です。
私以外のあらゆる日本人はこんなの一瞬で書けますよね。。

また、以前にも書きましたが、体が痩せ細ってガリガリになりました。
アウシュビッツで死ぬ人達みたいな体つきになって来ました。。
根本原因は不明だが、思い当たるふしはある。

食べる量がかなり減った。(昼飯を食う元気が無くなった。晩飯も自分で作るので不味くてあまり食べられない。)
一人暮らしじゃなくなったことによるストレス。特に私を憎んでいる妻と同居している苦痛。
睡眠時間の減少。(朝早く犬に起こされる。)
本人に生きる意欲も楽しみも全く無い。

ご飯と犬は妻も同じはずだが、私だけ痩せ細ってるのは慣れの問題なのかも知れない。

自覚症状はまだ無いが、実は重病だったりして。
退職して健康診断受けてないからわからない。
もしそうだったら末期になるまで病院に行かないでおこう。
せっかくの死ぬチャンスなんだから。(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
幻のオリンピック4連休も終わりました。
ニートの私はここ4ヶ月ずっと連休ですけども。。
ここ1ヶ月ぐらいずっと雨が降ってるような感じです。
そろそろ本格的な夏になるんでしょうか。

コロナ禍の世の中は、きっと私が生きてる間はずっと続くんだろうなぁ。
もう感染者数だの何だののニュースはすっかり飽きて虫唾が走る。
コロナ関連のニュースは一切報道しないで欲しいものである。
感染者数に一喜一憂してもっともらしい批判を偉そうにしてるのを見るのはもうたくさん。
結局はブラジルやスウェーデンのやり方が一番正しかったのではないかと思えてきます。

そんな中、表題の事件がありました。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性患者に薬物を投与し殺害したとして、2人の医師が嘱託殺人容疑で逮捕された事件。

今がコロナ禍じゃなかったら、この事件はもっと話題になって議論されたんじゃないかと思うのだけど、今は誰もが自分のことで精一杯。おまけに遥かにインパクトのあるイケメン俳優の自殺があったりしたから、この安楽死事件を気に留める人はほとんどいなかったようで残念でした。

この女性患者は、1年程前に見たNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」で安楽死を遂げた女性と状況が非常によく似ていた。
どちらの女性も海外経験豊富なエリートキャリアウーマンで美人だった。そして亡くなった年齢が50過ぎ(私とほぼ同じ年齢)。
NHKスペシャルの女性は正統な手続きでスイスの安楽死機関に申請し、高い費用と渡航費を費やして姉とともにスイスに趣き希望通りに死を遂げました。
今回事件の女性はきっと孤独で自分の希望に賛同してくれる人がいなかったのだろう。一人でSNSを通じて闇医者と連絡を取り、秘密裏に思いを遂げた。闇医者に払った費用は130万円と報道されていました。

容疑者である2人の闇医者。一人は医者の資格すら怪しいらしい。
また、ネットにDr.キリコに憧れてること、老人が無駄に生きてることや難病の人が楽に死ねないことを糾弾していたとか。
そういう意見は実は物凄く多くの人が賛同してると思うが、口に出したら叩かれるので皆黙っている。

今回の女性、目を動かしてパソコン操作する以外、自分では何も出来ない。身体的な痛みは相当あるらしく、回復の見込みは皆無。もちろん自殺も出来ない。かつては勝ち組人生を送ってた彼女が死を切望するのは当然の流れである。
SNSで知り合った闇医者が怪しい奴等であることを百も承知ながら藁をも掴む思いで取引した彼女の希死念慮は察するに余りあります。。

ヘルパーの人にはPC画面を見ないように言ってたそうだけど、きっと見えてしまうこともあったと思う。
事情は薄々感じながら知らないふりをしたと思う。大人の対応である。そんな証言絶対しないだろうけど。

闇医者二人は悪人なのか?
私はそうも思えない。善人とも思えないけど。。
スイスの安楽死は200万円程かかるらしいので、今回の130万円は良心的な報酬額である。しかも殺人犯のリスクを負って、事実逮捕されてしまった。
彼等は捕まらないと思って金儲けのためにやったのか?
基本はそうでも、ある程度捕まることを覚悟しながらやったのであれば、ある意味救世主である。
実際一人の女性は死ねたのだから(安楽だったのかどうかは知らないが)。
この二人実刑になるのかなぁ。

世の医者達は、診療報酬を稼ぐことばかり考えずに、この二人の勇気を見習って不治の難病に苦しむ自死希望患者には、何とかごまかして思いを遂げさせて欲しいものである。
ALS患者に人工呼吸器付けたり胃瘻を付けたりする医者は、自分が患者の立場になれば絶対拒否して死にたいはずだ。
老人介護施設で働く人達が、自分は絶対施設に入りたくないと思うのと同じように。

コロナ禍が今後長く続くと、安楽死希望者は世界的に莫大に増えるんじゃないかと思う。法律で許されなくても今回みたいに闇で横行しそう。
今までは生活のために地獄のように苦痛な仕事をしても、わずかな余暇にわずかな楽しみがあった。そのわずかな楽しみもコロナでほとんど失ってる今の世の中では、無能な人間にとって生きる意義はどこにあるのか。。
無闇に生きることを美化してると地獄を見ることになる。
死んで救われることだってあると思う。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
今日は本来なら夏休みの初日。
学生なら1年で1番嬉しい日なんだろうけど、今年は(恐らく今後ずっと)何も嬉しく無いでしょうね。。

数日前になりますが、俳優三浦春馬氏が亡くなりました。享年30歳。
妻子は取り立ててファンでは無いけど、いったいどうしたのかと絶句してました。
それ以来、テレビでイケメンを見るたびに、実は物凄い悩みを抱えてて、遺書書くんじゃないかと思えてくるそうです。。

彼は日本の男として成功する全ての要素を持っている勝ち組の最たるものに見えます。
遺書の内容は明らかになっていませんが(明らかにする必要は決して無い)、あんな成功者にも辛い事情があったのかな?
遺書を書いてるのは計画的な自殺と思われます。
過去の私のように、錯乱状態になって全く記憶が無い間に死のうとした(しかも失敗した)のとはわけが違う。
誤解を恐れずに言うと、そういう意味ではちゃんと死ねた彼は敬服に値します。

人間として成功するために必要なあらゆるものを持ったトップセレブ俳優が自殺し、何も無い空っぽな初老ニートの私が生きている。しかも死ぬことにすら失敗している。
この現実は、おめおめと生きてる私に厳しい現実を突き付けている。

なんの役にも立ってない初老のお前が生きてて恥ずかしくないのか?
死ぬことにも失敗してホント情けない奴だなぁ!

っていう天の声が聞こえて来るかのようです。。

今の私は社会のお荷物のようなもの。
一応税金は払っているけども。
死んだって、悲しむ人は強いて言えば母親だけ。
無駄に生きてるなぁ、、と思う。
今回のコロナ禍で死ねないかなぁと思ったりする。
こんな世の中、今まで良いことが無かった人はこれからも良いことなんて絶対無い。

さて、私の退職後のお寒い求職活動。
先日職業訓練学校を受験する申請をして来ました。

IMG_20200719_155211
こんな用紙に応募動機をびっしり書くように指示される。
応募動機なんて、求職活動せずに手当をもらうための時間潰しに決まっとるだろうが。
子供みたいなこと言うな
と、脳内で毒づきながら適当に文字を埋めて提出した。
これを出して初めて受験出来るが、競争率はコロナのせいで史上最大になっており、受かることはほぼ無い。
この応募する手続きも求職活動にカウントされるので、無駄に終わるとわかっていながらこんなことをしている。。
そんな時に冒頭の訃報を聞いたので、
「お前もさっさと死ねよ!クズが。」
と自らにつぶやいてしまいました。
R.I.P
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
「人生は死ぬまでの暇潰し」
誰が言った言葉か知らないですが、うまいこと言う。これは真実だなぁと最近つくづく思います。

ニート生活が始まってもうすぐ3ヶ月。一切の経済活動をしていません。
退職日が過ぎて職業「無職」になって1週間。
今は離職票と新しい保険証が届くのを待っている状態。
無職になる前に娘が内定取れて良かった。。
将来娘が結婚することになったら、父親が無職は何かと迷惑をかけるだろうから、離婚して母子家庭ということにしよう。

私の1日はだいたい以下の通り。
6:30頃
 妻の起床に合わせて起床。犬の相手をする。
8:00前
 妻が出勤で家を出ると同時に犬と二度寝する。
10:00頃
 二度目の起床。犬の散歩に行って帰宅後朝食。だいたいパン1枚とコーヒー。
その後スーパーへ食材を買いに行ったり。部屋の掃除機をかけたりする。そんなことにそれほど時間がかかるわけでもない。
余った時間は犬と遊ぶ、ネット徘徊、録り貯めたビデオを見る、昼寝をする等して過ごす。
ちなみに昼食は取らない。
さすがに無職は人並に食ってはいけないという自覚はある。
17:00頃
 家族の夕食を作り始める。
夕方の犬の散歩は娘が行く。
18:00頃
 妻が帰宅する。夕食を食う。その後後片付けする。
幸いプロ野球が始まったので、夜の時間も野球見て過ごせる。
妻子はリビングで他の番組見てる。
23:00頃
 妻の就寝に合わせてそれぞれ自室に戻るが、私は1時頃までネット動画見てる。
娘も遅くまで友人や彼氏とネットで喋っている。

だいたいこんな感じで1日が終わる。
時々量販店や映画を見に行くこともある。
日本人の価値観だと、こんな生活は万死に値するでしょう。

残念ながら私は暇をあまり苦にしない。
地獄のような仕事を1日こなすよりは、何もすることなく1年過ごす方が自分に合っている。そういうクズ人間も地球上に1人居るのです。
かと言ってこの生活が充実してるなんて言いませんが。
私の人生に充実という価値観はもう無い。

仕事好きな人は人生薔薇色でしょうけど、そうじゃない人にとって働く日々はひたすら苦痛に耐えて時間を経過させて給料日を待つ生活と言える。
時間を経過させることは、死ぬまでの時間を縮めるということ。
結局多くの人は早く寿命が来て死ぬことを望み、人生は虚しいだけであることを本能的に知ってるんじゃないのか。
と言うわけで、冒頭の言葉が言い得て妙だなと最近特に感じるのでありました。

プロ野球がようやく開幕してくれました。
無観客であっても、真剣に野球してる様子はオープン戦と違ってテレビでも見応えはあります。
阪神ファンの私にとって、新外国人ボーアの大ブレーキはあまりにも予想通りだった。。
まぁ、過去にもキンケイドとか歴史上最悪のグリーンウェルとかいたし。。
今年に限ってはシーズンが成立しさえすれば良しとしよう。
0勝120敗でもいいわ。
出来れば数ヶ月後にでも暇な平日にナイターを生観戦したいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

1
緊急事態も解除された昨今ですが、我が家には特別給付金の申請書が一向に届きません。
アベノマスクは数週間前に届きましたが、あんなもん要らんです。まだ捨ててないけど。。

さて、娘の就活。ひとつだけ内定が取れました。
それ以外は全滅なので、たぶんその会社で決まるでしょう。

悲しいのはその仕事、会社も職種も娘の希望とは程遠いことです。
取り合えず就職浪人やニートは避けられたという意味ではホッとするところもあるのですが、娘に笑顔は全く無く、死んだように無表情になってしまいました。。

彼女には特に行きたい会社が二つあり、選考に残っていたのだけど、二つともコロナ不況により採用を中止してしまった。
それ以外の興味ある会社は、いくつかは最終面接まで進むものの、全滅でした。
ほとんどは最初のES提出の時点で不合格でした。
こんなご時世なので、行きたくも無い会社にも手当たり次第応募して、行きたくも無い会社やっとひとつから内定が出た。と言うこと。。
それでも内定が出た時には、心配していた私の母に電話で報告していたのが健気で余計に悲しかったです。

娘は最近毎日のようにさめざめと泣いています。
こんな時代に就活する自分の運の悪さと悔しさとで、、
本人の実力不足も多々あるのでしょうけど。
こんなんじゃ大学行かなきゃ良かったと泣いてました。
でも、Fラン大学ならニート決定だと思うけど。。
今娘は現実逃避にアマゾンプライムの動画見まくったりゲームしまくったりしてます。

娘の友達も似た状況らしい。類友かも知れんが。
行きたい会社は全て落ちたか採用中止。内定取れるのは箸にも棒にもかからないような会社のみ。
裕福な家庭の子は諦めて就活やめてしまったとか。
今年一流企業から内定取れる子は、トップ国立大の男か、超美人の子ぐらいに限られるんじゃないかなぁと推測されます。

こんなことになってしまったのは、全て殺人テロ国家中国のせいです。
こんな国をのさばらせてはならない。
WHOから決別したアメリカには是非とも中国に核攻撃をして壊滅して欲しいです。
それで全面核戦争になって人類が絶滅することになっても、それこそ望むところである。
コロナの第二波では日本も欧米並みに多くの人が死に、私も死ぬ可能性が高いと思う。
死ぬ前に中国の滅亡を見たいものです。

私の50余年の人生は失敗だったが、娘の人生も21年経ったところで先ずは失敗という結果が出てしまった。中国のせいで。今後挽回してくれることはあるだろうか。。

失敗ながらも就活で一応の結論が出たので、私は自宅にいる意味も無く、来週実家に10日間程帰ろうと思ってます。
6/19までは東京から県またぎはするなと国は言っており、妻もそれで反対していますが、もう誰の指図も受けない。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
誕生日が過ぎ、52歳になってしまいました。
ホント無駄に生きてるなぁと思います。。
父親が亡くなったのが26歳になる前だったから、もう人生の半分以上は父親が居ないことになる。
今のニートに成り果てた自分。父が生きてたら怒り狂ってるだろう。
まぁその代わりに妻が怒り狂ってるんですが。。
大嫌いな父でした。奴が早死にしたお蔭で母は今も元気です。

さて、前回妻に「家に居て欲しくないから職業訓練学校にでも行けや」と罵られ、仕方なく調べてました。
それでわかった事は。

・7月までの講座はほとんどコロナで中止。早くて8月開講だがそれも怪しい。
・50歳以上は高齢者対象の講座がある。
・失業手当支給期間とかぶらない期間は補助金がもらえる。

と言ったところ。
よって、受けるとしたら失業手当支給期間からなるべくずれてて長期間で高齢者用で希望者が少ない講座ということになる。
比較的近所でそれに当てはまるのは

8月開講のビル管理(6ヶ月)
10月開講のマンション維持管理(3ヶ月)
10月開講のビル管理(6ヶ月)
10月開講の施設保全(6ヶ月)

ぐらいだった。本当はWEBデザインとかそういう方面を受けたいが、当然ながらそういうのは若者限定でした。
上記4つの中で一番楽そうなのはマンション維持管理ですが、失業手当給付の9〜1月に思いっきり重なってるのでお得感がゼロです。
他の管理保全関係の講座は電気関係の実習とかがあり、電気回路系が嫌いで前職を辞めたような私は、正直気が進まない。。
落ちこぼれても出席さえすれば良いのならそれでも良いか。
落ちこぼれるのは慣れてるし、、
なんせ、40年以上も落ちこぼれ続けて来たから。。
そんなこと言う以前に、コロナで溢れた失業者が殺到してどれも受けれない可能性も高いだろうなぁ。

などということを妻にも話した。
「働かない生活を1年も続けてて、よく平気でいられるなぁ」
「こんな生活続けてると呆けるわ。私も病気になりそうだわ」
等と嫌味を言われました。

どう思おうと勝手だが、妻が私を嫌ってるのと同じかそれ以上こっちも妻が嫌いである。
失業手当給付が終わるまであとしばらく我慢してくれ。
その後出て行ってやるから。

他人のブログ見てると、旦那が嫌いでたまらない奥さんって沢山いるんだということがよくわかる。
旦那デスノートというサイトもありますし。
きっとその嫌われてる旦那も皆奥さんが嫌いだろう。
外国ならそういう夫婦は離婚するんだろうが、日本は元々好きでもないのに財産目当てで結婚するから、嫌いになってもなかなかの離婚しないのかも。

今日は夏の高校野球の中止が発表されるようです。
ワクチン等の予防、治療法が確立されるまで、今後もずっと娯楽の無い世の中が続くでしょう。
そんな世の中生きててもしょうがないので、少なくとも嫌いな事はなるべくしないで、嫌いな奴とも関わらないで残り少ない人生を生きたい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
東京は日々感染爆発が起こり、昨日は志村けんが亡くなった。
一般人のブログで彼を追悼する記事が山のようにありました。
ほとんどが私と同世代の人。
我々が小学生の時は「8時だよ!全員集合!」が全盛期で、志村けんは神みたいな存在だったからなぁ。
パン君も悲しんでることでしょう。
お兄さん、志村けんにそっくりだった。

あの時代のカリスマ達はもうほとんど鬼籍に入ってしまった。
兼高かおるとか、野村克也とか、西城秀樹とか。。
コロナの恐怖を知る前に亡くなった人達はむしろ羨ましいとすら思えます。

さて、退職日はこの金曜日。秒読み段階です。
先日健康保険を会社継続にすると馬鹿高いことを知ったが、東京の市役所のホームページで国保の掛金を試算すると、さらに馬鹿高かった。。
おまけに妻の会社の扶養認定は失業給付後しか駄目らしく、退職から8ヶ月は泣く泣く会社の健保を継続することになりそうです。。
それかいっそ保険に入らず8ヶ月病院に行かないでおこうか。
そんなこと言ってると新型肺炎で死ぬんだろうな。。

先週末は送別会があり(当たり前だが店はガラガラ)、昨日は別部門で秘書みたいな仕事してるおばちゃんから手製のマスクを餞別にプレゼントされ、明日は私の退職を知った休職中のおっさんから飲みに誘われ(会社には来れなくても飲みには行けるらしい、、)、最終日は極めて憂鬱なセレモニーがあります。。

退職後は実家の岡山でゆっくりして、中国地方を車中泊旅でもした後に東京に帰ろうと思ってたのですが、、
こんな世の中になってしまって娘の就活が困難を極め、ちょっと鬱状態になってるらしく、早く帰って来い!と妻に言われました。。
私が帰ったところで力になれるわけでも無いが、そう言われたら帰るしかなく、来週早々には帰ることに。

娘が本当に不憫。
今までは比較的努力が報われてきた人生だったけど、社会に出たらどうしようも無い実力差に打ちひしがれるだろうとは思っていた。
それ以前にこのご時世では採用に応募すら出来ないで終わりそうな気配です。
就活が失敗に終わるのならいっそコロナウイルスで早く人類が絶滅して欲しいな、と切に思います。

仕事の能力が無い私にとって、退職は長年の夢だった。
それがもうすぐ実現するというのに、今は嬉しい気持ちは微塵も無く、鬱地獄が再び襲ってきそうです。
コロナ鬱ももちろん原因の大きな部分ですが、
長年家族と離れて住んでたことから、妻子は私がいない生活がもう出来上がっていて、私が入り込むのは今更難しい。。
特に妻とは確執があって、正直無職の私とは同居すべきではないのだろうと思う。
かと言って別居する場所もなし。

当面金銭面では問題ないものの、この先何も見い出せない。
とりあえず大嫌いな仕事から逃げ出せるということだけ。
7年前に死んどけば良かったとか、早めに感染して世界が地獄になる前に死にたいとか、そんなことばかり考えてしまいます。
退職して生産性が完全にゼロになる私は今後ブログを書く資格はあるのだろうか。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
今日は13日の金曜日。
不吉どころか人類の終焉が始まった感じの世の中です。

今週は退職前の休暇を取ってました。
平日にいろんなところに行こうと思ってましたが、結局行ったのは献血だけでした。
映画のパラサイトを見る気満々だったのだけど、嫁に断固止められて断念。
私ら親は感染して死んでも何の問題も無いが、娘に感染する可能性は少しでも減らしたいとのこと。。
既に家族全員感染してる気もするが、まぁ仕方ない。
横浜でやってるクイーンエキジビションは開催されていたが、面倒臭くなって行くの辞めてしまいました。

映画見れないので、相変わらずネット動画を見てました。
日本映画の「カメラを止めるな」を見ましたが、なかなか良く出来た映画でした。
日本映画でも血糊をあんなにリアルに表現できるんだなぁ。
先日見た「1917」は死体や血、銃声がほんとリアルでさすがハリウッドと思ったけど、この日本映画も低予算B級の割には頑張ってました。
とは言え、パラサイトには遠く及ばないんだろうなぁ。
韓国映画は「シュリ」が公開された頃から完成度は完全に日本を超えたと思います。その差は開き続けている。

休み中はニート主夫の練習として家族の晩御飯を作ったのですが、妻に全否定されて嫌気が差しました。
妻のキッチン使用ルールとして、とにかく汚れるのを嫌う。
油は基本的に使うな!
食器や器具は最低限の数しか使うな!
まな板で肉を切るな!
等など。
ありとあらゆる文句を言われました。
はぁ。。
この妻の苛立ちは私の手際の悪さに対するものだけではなく、根本は早期退職に対する絶望的な苛立ちであることは明らかである。
やっぱ、一人で暮らしたいなぁ。。
失業手当をもらい終わる約1年後まではここで暮らさないとあかんが、その後はよく考えよう。。
その頃にはこの世は無いかもしれないけども。

そんなこともあって軽い鬱状態になったので、クイーン展に行くのも辞めてしまいました。

まぁそんなことはどうでも良くて、問題は娘の就活。
パンデミックのこの状況では、きっと採用活動を中止する企業が続出、いや続出どころか全企業が採用を中止すると私は悲観してます。
可能性がある限りは頑張ると娘は言ってますが、きっと親を心配させないためで、本音は諦めの表情が見て取れます。。
娘が内定を取れる可能性はオリンピックが開催される確率程度かも。。

イタリアでは12万人程感染して死者は千人以上。約1%が死んでいる。(勘違いに気付き、最後に訂正)
日本の感染者は私の根拠の無い見立てでは500万人ぐらい。
将来そのうちの5万人が死ぬんじゃないかと思ったりします。
アメリカで大規模感染が始まってしまった時点でオリンピックの中止は水面下で決定していることでしょう。
アメリカがダメージを受けると世界経済が崩壊する。
経済破綻で自殺する人がこれから続々と。。

選抜高校野球がついに中止になってしまいましたが、夏の大会も開催される気が全くしない。

終わりが見えない悪夢で世界中が鬱になってますが、終わりを待つ前に自分が感染して死ぬ方が幸せだと思う。
家族が苦しむのを見たくないし、来るなら早く感染したい。
肺炎で死ぬ苦しさのイメージトレーニングをしなければ。
って、どうやってするねん。。

追記
イタリアの感染者数を見間違えてました。
今のところ、感染者1.7万人。死者1266人でした。
致死率は7.5%?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

このページのトップヘ