人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

カテゴリ: 趣味

2
夏もそろそろ終わりでしょうか。
今日なんかちょっと肌寒さを感じます。

コロナはすっかりマンネリに。
報道も少なくなりました。
収束の気配が無いまま、今月中にスポーツの観客制限を緩和させるとか、来月からGOTOトラベルに東京を入れるとか。

まぁ、生きていく為にはそうするしかないでしょう。
最初から自粛や規制なんか一切する必要なんか無かったんじゃないのか。。
それでも死者数はたいして変わらなかっただろう。
実際、私の周りで感染した人なんか聞いたことがない。
本当は私も含めて多くが感染してるんだろうけど皆気付かないうちに勝手に治ってると思われる。
なんか、馬鹿馬鹿しい。。

さて、私生活の方は完全なダークサイドに入ってて、目を向ける気がまだまだしないので、相変わらず現実逃避にどうでも良いことを書きます。。(^_^;)

すっかり時期外れになりましたが、コロナ禍にも関わらず今年も日テレの24時間テレビがありました。
そう言えば紅白歌合戦も無観客でやるようですね。
無観客を良いことに、出演者全員VTR でいいんじゃ無いかな。司会だけ生放送で適当に誤魔化せば。

話を24時間テレビに戻します。
過去も今回も、私はこの番組をほとんど見てないですが、この番組の基本は身体障害者をネタにして何かをチャレンジさせたり、ジャニーズ主演でドラマを作ったりして視聴者から寄附を集める物だと理解しています。

その製作意図について、文句を言う筋合いは全く無いのですけれど。
障害者は身体障害者だけでは無い。また今年に限ってはコロナ禍で障害に関係なく人生がすっかり暗転した人達が無数にいる。
今年はALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の希望による嘱託殺人事件があった。

もし私が日テレの製作責任者だったら今年の番組はこんな内容にする。

コロナのせいで人生が詰んでしまった人達を延々と紹介し、彼等のための寄附を募る。
コロナに感染して差別により職を失った人。引っ越しした人。多忙を極めてボロボロになった上にボーナスも支給されなかった医療関係者。
廃業した飲食店や個人事業主。等
これらの原因は全て中国だと繰り返し報道する。

ALSで亡くなった人の半生をドラマ化する。
元気だった頃の充実した生活から発病後の身体的苦痛、絶望。
死を渇望して嘱託殺人を依頼する過程や死ぬ瞬間は特に念入りに描く。
そして安楽死の議論に繋げる。

映画「ジョニーは戦場に行った」を放映する。

こんな感じで24時間もたせたら良いだろう。(笑)

「ジョニーは戦場に行った」は、70年代の映画でALS 患者の報道を見た時にこの映画を思い出しました。ちょうどその頃BSで放映されてました。
トラウマ映画とも呼ばれています。
簡単なあらすじは以下。

戦地で爆撃に遭い、両手足、顔を失って肉塊と化して病院に運ばれた主人公ジョー。
脳の機能は無事だが、視覚も聴覚も味覚も無い。首を動かすことだけは出来る。
映画はジョーの過去の回想シーンはカラーで、現実の病室のシーンは白黒で描かれる。
ある日、ジョーは首を動かしモールス信号で意思を伝えようとする。
それに気づいた看護婦が軍医を呼び、意思は伝わる。
自分を見世物にして存在を知らしめて欲しい。それが無理なら殺して欲しい。
それがジョーの意思だったが、軍はそれを却下して病院に閉じ込めたまま殺すこともしなかった。
モールス信号でSOS, HELP, KILL MEを繰り返しながら映画は終わる。

という、なかなか後味の悪い反戦映画です。
ALS患者の苦しみと重なる気がしました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
まだまだ暑い日が続く毎日です。

職業訓練学校は結局不合格でした。
それもあって家庭は崩壊に向けて突っ走っています。鬱も再発して来ました。
そんなことは置いといて、今回は今話題の半沢直樹の著者池井戸潤作品についてダラダラと書かせていただきます。

ニートで時間はいくらでもあるので、ネットの無料動画等をいろいろ見たりするのですが、自分の精神状態の悪化もあり面白いと思える物が無い。
テレビドラマも興味は無くなったのですが、唯一半沢直樹だけは妻子が見ているので一緒に見ています。

テレビドラマ化した半沢直樹が大ヒットしたのは2013年。
当時私は鬱病の全盛期だったので見れませんでした。
あの頃はテレビどころか、ほとんど目を開けていられなかった。
今その状態が復活しつつあったりするけども。。

半沢直樹のドラマは2年後ぐらいにYoutubeで見ました。
あの頃はまだ違法アップロードの削除が徹底されてなかった。

今回の続編ドラマは池井戸氏の小説
「ロスジェネの逆襲」
「銀翼のイカロス」
をドラマ化したものです。

ロスジェネの逆襲は以前Youtubeの半沢直樹を見た後、興味を持って図書館で借りて読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロスジェネの逆襲 (文春文庫) [ 池井戸 潤 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/8/30時点)



証券会社に左遷された半沢直樹がIT関連企業の買収渦にあって、親会社の姑息な思惑を見抜いて倍返しするという話。
ドラマも原作をそれなりに忠実に再現してました。

ウィキペディアによると池井戸氏は東京三菱銀行に入行し、32歳位の時にコンサルに転職したとか。転職後財務関係の本を書いて出版したりするうちに小説家に転身しようと思ったらしい。
相当優秀な人であることは確かである。
融資の仕事をしてたのかな。
技術系の話もそこそこ詳しそうだし、スキームを考えるって相当上の立場にいたのかと思われます。

ドラマの4話まででロスジェネの逆襲の話は終わり、5話からは銀翼のイカロスの話になります。
この小説は読んでなかったが、最近娘が借りてきたので読ませてもらいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銀翼のイカロス (文春文庫) [ 池井戸 潤 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2020/8/30時点)



JALの破綻、民主党による政権奪取という過去の暗い現実を題材にした腹黒政治家と半沢との戦い。
という図式でドラマは作られていますが、原作を読んでみると、メインのテーマは
銀行の合併、その前の不正融資の隠蔽、隠蔽の為の責任者の自殺。
等であることがわかりました。
ドラマは後2回で終わるらしいので、このメインの話はばっさりカットすると思われる。
またJAL(小説では帝国航空)再生タスクフォースの代表である筒井道隆演じる乃原弁護士と、不正に塗れた東京中央銀行役員の段田安則演じる紀本は、小学校のクラスメートでいじめられっ子といじめっ子の関係だった。という話もドラマではきっと省略されるだろう。

今回のドラマ版後編は上辺だけをなぞった薄っぺらい内容になってしまっている。
きっとコロナのせいで話数がだいぶ削られて苦肉の策だったと推測されます。
原作の方がはるかに奥が深いです。

で、私はさらに同氏の別の作品
「アキラとあきら」
も読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アキラとあきら 上下セット (集英社文庫(日本)) [ 池井戸 潤 ]
価格:1078円(税込、送料無料) (2020/8/30時点)



これは過去にWowowでドラマ化されたそうである。
主演は向井理と斉藤工で。
で近日中に映画化されるそうである。(ホンマか?)

二人の天才バンカーの幼少時代からの約30年を描いたものです。
これは映画で2時間程度でやるよりも、それこそドラマ化して半年位かけて放映して欲しいと思えます。
最後のオチが今ひとつスッキリしないが、面白い作品だと思います。
ちなみに主役二人が入行する銀行は産業中央銀行。
かつて半沢がいたとこです。半沢は小説には出て来ません。

半沢直樹の設定は平成4年入行らしい。
私と同期やんけ
私は留年してるから半沢は1つ年下か。
架空の存在とは言え、政治家との戦いに勝利しJAL再生の道筋をつける半沢。
方や年上なのに底辺ニートに成り下がり鬱に沈んで行く私。
人間の頂点と底辺。成功例と失敗例であります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
ニュースと言っても手越騒ぎのNEWSではありまへん。

梅雨だから当たり前ですが、雨が多いですね。
犬の散歩が日課になってるとそう感じます。
合羽着て自転車で出勤することはもう無いですが。。

前の記事で阪神は0勝120敗と書きましたが、2勝118敗かも知れません。
負ける時はいとも簡単に負けるが、勝つ時は最後までわからずに見てて疲れるのは観客が居なくても同じでした。
藤川が抑えをやってる限り、ダントツ最下位からは逃れられない。

カルビーという会社が単身赴任を廃止するというニュースがありました。称賛の声が多いようです。
単身赴任という生活形態は日本特有のもの。
似たものに「出稼ぎ」があるが、これは明日をも知れない貧困な地域で家族のために人生を犠牲にして外国に身を捧げるというもの。
先進国の労働者が単身での転勤を命じられたら、普通拒否して会社辞める。
大人しく命令に応じるのは日本のみの発想だと思います。
私も7年程単身赴任したのですが、、

単身赴任に応じるのは、日本のサラリーマンは社畜だからか?
それだけじゃない。実は社員側の方が単身赴任を進んで受け入れる傾向もあると思う。
特に社員の奥さんが。
「旦那の単身赴任は神様の私へのご褒美」と言い切っている人がいた。同じことを思う単身赴任妻は星の数ほど居そうです。
旦那の方もバレずに浮気が出来る。(ただし浮気するにはそれなりにモテる男じゃないとダメなので、モテない大部分の男はせいぜい援助交際か風俗に行くぐらいである。)

日本の結婚は好き同士が恋愛して結婚する人も勿論いるが、大部分は好き嫌いよりも世間体と経済的に依存するためのものである。
よって上記のように日本の家庭は単身赴任をむしろ歓迎する傾向すらある。
カルビーのように単身赴任を解消して旦那が自宅に戻ったり、私のように退職して自宅に帰ったりすると、かなり高い確率で家庭は崩壊する。
日本では旦那は家庭に不在なのが1番なのです。
「人生の楽園」という番組で老後に地方に移住して夫婦仲良く商売を始めるような話がよくあるが、あんなのは限りなくフィクションである。
というわけで、今後カルビー社員は離婚が増えたりするんじゃないかなと思ったりするのでした。
これもある意味コロナ離婚か。

東京のコロナ感染者は50人前後が続いている。
大幅に増えないところが怪しい。たぶん都知事選終わった翌日とかは数百人になると予想する。
何故東京だけ異常に多いのか?というより東京以外が異常に少ない。
夜の街なんて都市部にはたいてい無数にあるはずなのに。。

私が思うに、東京以外の人は、コロナの症状が出ても検査に行かないんじゃないかなと思う。
コロナに感染したことが周りにバレたら地方では生きていけない。よって自然治癒するまでひっそり自宅療養か、リスクを背負って黙って日常生活してるのかも。。

実際、岡山県の感染者第1号の人は、その後周りの目が怖くて引っ越したらしいし。
日本人の偏見はまだまだそういうレベルだから、近所付き合いの無い東京以外はなかなか検査に行く勇気が出ない事情があるんだろうなぁ。。と空想するのでした。

そう言えば定額給付金がやっと振り込まれてました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

3
GWもそろそろ終わりが近づき、サラリーマンだった頃は絶望に打ちひしがれてる頃です。
でも退職した今でも絶望感は変わりません。

暇なんでどうでもいい芸能ネタでも書きます。
退職以来、元々低い記事の質がさらに低下しています。

ナインティナインという人気お笑いコンビ芸人がいる。
彼等に興味を持ったことは無いが、彼等の母校大阪茨木西高は身内が卒業したので、昔は相当偏差値が低い学校だった(今は知りません)という認識はあります。
99は茨木西高史上出世頭(それに次ぐのはしずちゃん)だと思います。

その99の中心人物である岡村隆史がラジオで風俗嬢について失言をしてたいそう非難されました。
発言の内容は以下のような感じ。

「コロナが収束したら絶対面白いことあるんですよ。なかなか苦しい状態がずっと続きますから、コロナ明けなかなかの可愛い人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢やります。短時間でお金を稼がないと苦しいですから。
コロナ明けてからの3ヶ月は『え? こんな子入ってた?』っていうような人たちが絶対はいってきますから。
3ヶ月の間、集中的に可愛い子がそういうところでパッと働きます。それでパッと辞めます。
そのために、仕事ない人もあれですけど、切り詰めて切り詰めて、その3ヶ月のために歯を食いしばって踏ん張りましょう。」

この発言について私は一切意見を持ち合わせて無い。
失言かどうかもわからない。
本題は、その翌週に同じラジオ番組で岡村が謝罪した時、相方の矢部が乱入して岡村の人間性を長々と1時間半に渡って駄目出しし続けた公開説教についてです。
その模様をYoutubeで聞きました。(私も暇な奴です。。)

それを聞いてて、なんだか私と妻の確執とそっくりだなと、うんざりしました。

矢部は岡村のサッカー部の1つ後輩。矢部の誘いで99は誕生したそうです。
このラジオ番組も元々は2人でやってたが、5年程前に確執からか矢部が抜けて、その後コンビの仕事も楽屋は別々だそうです。
矢部が非難した岡村の人格を覚えてるまま書くと、

「ありがとうとか、ごめんなさいとか言ったことが無いよね。番組本番中では言っても、プライベートでは絶対言わない。スタッフがコーヒーを出しても礼を言ったことが無い。鬱病から復帰した時もごめんと言われなかった。」

「逃げ癖があるよね。目上の人から食事に誘われても、マネージャーに断らせている。自分で言えよ。」

「女を敵だと思ってるよね。人が奥さんに感謝していると言うと「白旗上げたんか?」と言うし、「妊婦マークなんかいるか?」と言うし、コンプレックスがあるのはわかるが困った時は風俗の話ばかりしている。」

「50前になって偉くなって金持ちになって周りのスタッフがイエスマンになった。あんたは裸の王様。性格変えないとどうしようも無い。」

こんな感じのことを延々と説教してました。
我が家の構図ととても似ているのは

怒る側(妻)が年下であること。
怒られる側(私)が鬱病休職歴があること。
何十年も前まで遡って積年のダメ出しを延々とすること。
怒られる側の過去の貢献は一切考慮されないこと。
怒られる側が女性にコンプレックスがあること。

と言ったところ。

うちはともかく、99は岡村で持ってたようなもの。
矢部の財産のかなりの部分は岡村のおかげ。
性格やモラルなんかより金の方が大事である。
彼は何を思って相方の公開説教を聞いてたのかな。
50近いのに、なんでそんなに文句言われなあかんのか。
ウンウンと相槌を打って反省を装っていたが、何も響いて無い気がした。
それか最初から仕組まれた反省劇かも知れないが。

私の予想では今後99はコンビ解消するんじゃないかな。
岡村はもしかしたら芸能界から消えるかも知れんが、そうだとしても今までの財産で生活は安泰だろう。
じゃなければ仕組まれた寸劇だろう。

我が家はたぶんコンビ解消に向かいます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

4
3連休の前に有休を付けて東京に帰ってました。
金曜に上野の科学博物館でやってるミイラ展を見に行きました。
一応金曜だし、例のコロナウイルスでパンデミックになってるし、いかに東京と言えども空いてるんじゃないかと期待して行ったのだけど、、
超混みだった。。(TT)
入場券買うのにも20分ぐらい並んだ。
これだから東京は嫌いだー❗
人が多すぎる。。

IMG_20200221_135429
客の大半は女性だった。
全く良い趣味だ。(笑)
世界中のミイラが展示されてました。
写真撮影禁止でした。

ミイラと言っても、ほぼ白骨死体だったり、包帯ぐるぐる巻きだったりで、イメージとはちょっと違うものが多かったです。

中には干からびてビーフジャーキーのようになったこれぞミイラっていうのもいくつか見れました。
少女のミイラで首に縄が残ってるものがあり、絞殺されたと推測されると解説がありました。

日本のゾーンに行くと、福島の即身仏が展示されてました。宥貞という僧侶らしい。
即身仏とは、要は僧侶の自殺体です。
ガリガリになって読経しながら死んだと言われてます。
死ぬ前から漆等の防腐剤を大量に飲むとか。
ネットに写真がありました。

14
これもミイラというより白骨死体ですね。
自分の過去や現状から、自殺体には興味をもってしまいます。(笑)

出口付近に九相図という、死んでから土に還るまでの遷移図が紹介されてました。
Wikipediaに同じ図がありました。小野小町の九相図らしい。そのうちの6つを貼ってみました。

_Wellcome_L0070290
_Wellcome_L0070291
_Wellcome_L0070292
_Wellcome_L0070293
_Wellcome_L0070294
_Wellcome_L0070295
なかなか真に迫る絵だと思いました。
どんな人生だろうが、死んだらこんな白骨になる。

妻は、もうじき退職して帰ってくる私のことがどうしても受け入れられない様子。口には出しませんが。。
そんな迷惑な存在なら、私も死んで青木ヶ原あたりで白骨になりたい。
今大流行りの新型コロナに感染して死ねないかなぁ、とか思ったりする。

お土産コーナーにはミイラを模した可愛らしいキーホルダー等が売ってたが、もっと生々しいミイラを模したビーフジャーキーとかも売って欲しかった。(笑)

ちなみに科学博物館には常設の地球館というのがあり、そこにはいろんな生物の標本が展示してあり、昔ニューヨークで見た自然史博物館の縮小版みたいでした。
クジラに寄生した寄生虫が展示してあり、ホルマリン漬けの無数のアニサキスがそうめんのように見えました。(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

3
久しぶりに週5日勤務でした。
地獄のように長かった。。
この地獄もあと80日ぐらいで終わる予定。
その後は別の地獄が待っているが。。

さて、2週間ほど前、「さんま玉緒の夢かなえたろか」という番組を見てました。
タイトルの割には中村玉緒は3秒ぐらいしかテレビに出てなかった気がするが。

その中で、52歳の海苔漁師が7年かけて「ラ・カンパネラ」をピアノで弾けるようになったという話をしていた。
海苔漁は閑散期があり、その漁師は暇な時パチンコ三昧だったらしいが、ある日70万円負けたのを機に辞めた。そして暇をもて余してテレビ見てたらフジコ・ヘミングがラ・カンパネラを弾いてるのを見て衝撃を受け、自分も弾きたいと思ったらしい。

音符も読めないおっさんが、奥さんのピアノで毎日7時間程独学で練習し、7年かけてマスターしたとのこと。
ラ・カンパネラはプロでも敬遠する難解な曲だそうです。
音符が読めないから、太鼓の達人みたいなソフトを使ってリズムと叩く指の位置、動きをひたすら覚えたようです。
番組ではフジコ・ヘミング本人と対面し、ピアノを披露し褒められていました。

私にとって興味深かったのは、この漁師が職場の部長に良く似ていたことと、52歳と言えば私が早期リタイアする歳と同じであることです。
私も退職後、何かを始めて7年続けたらモノになるのだろうか。。
いやいや、無理だろう。

この漁師は奥さんが音大卒だったから実は音楽のセンスが元々あったのかも知れんし、実は潜在能力が抜群に高かったのかも知れん。
凡人未満の私にゃあ、何も出来ることは無いだろうなぁ。

何かに挑戦するとして、何をするのかと言われると、すぐには思いつかない。
とりあえずネット関係の技術、知識を在宅で小銭稼げるレベルまで上げたいと思ったりするが、そんなこと皆思ってるだろうけど出来てる人は滅多にいないから無理だろうなぁ。
後は家事として料理を主婦レベルまで覚える。
実家で家庭菜園をして食費削減に寄与する。
パソコンでお絵描きをする。
ぐらいか、、
我ながらショボすぎる展望でありました。

漁師の弾くラ・カンパネラのYoutubeを貼り付けようと思ったが、その前にプロが弾くラ・カンパネラはどんなだろうと検索したら全く次元が違ったので(当たり前や)、その中でも秀逸と思われる辻井伸行氏のを載せてみました。



私が最近パソコンで描いたポンチ絵です。
ダイエットの宣伝がやたら表示されるので、それに出てる太った人達を描いてみた。

02455e44
もうお前は絵描くの辞めろって?
はい、すみません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

3
タイトルは「騎士団長殺し」を英語にしたものです。
言わずと知れた村上春樹の長編小説。2年以上前に発売されたのを、今頃図書館で借りて読みました。

私が村上春樹作品を初めて読んだのは大学生の時で「ノルウェイの森」です。
当時は衝撃でした。何がってセックス描写が。
そういうの大好きな年代でしたから。。
その後数年は村上作品は出る度に買って読んでました。羊シリーズとか「ダンスダンスダンス」とか「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」とか。
世界の・・は特に面白かったと記憶してます。
ちなみに村上龍は全然読んでません。

「ねじまき鳥クロニクル」を読み終わった頃にいい加減飽きてきて、彼の作品を金払って買うのを辞めました。
その後は図書館で借りて読んでます。
「1Q84」とか「多崎つくるがどうのこうの(タイトル忘れた)」とか。

彼の長編はパターン化されている。
主人公は孤独で、金持ちではないが生活するだけに十分な技能と収入がある。料理は得意で自炊する。酒が好き。洋楽かクラシックをよく聴く。間違っても日本の曲は聴かない。そして必ずセフレがいる。
そんでもって摩訶不思議な異次元ワールドのような世界にはまっていく。
という感じ。
また服装の描写がくどいほど詳細である。
きっと彼は潔癖症なんだろう。

騎士団長殺しも完全にこのパターンにはまり、あんまり真新しさはなかった。全1000ページ以上と長い割りには。。

村上氏の顔写真を見たのは数年前ですが、それまでは彼はそこそこなイケメンなのだろうと勝手に思っていた。主人公にことごとくセフレがいるんだから。
でも画像で見た村上氏は元首相の故羽田孜みたいな冴えないおっさんだった。。
セフレは彼の願望だったのか?まるで弘兼憲史じゃないか。。
また、FMラジオのクラシック番組で司会をしてたと聞いて、結構出たがりなんじゃないかと、勝手に失望しました。

ノルウェイの森から約30年経つのに作風が変わらないのは、よく言うと若い。悪く言うと成長が無いという気がする。まぁ売れてるんだから成長する必要が無いんだけども。
少なくともノーベル賞候補になるのはおこがましい。と、本人が1番思ってることでしょう。

騎士団長殺しは上下巻、文庫本は4巻にもなるが話の主要な展開は最後の200ページぐらい。
今回も例に漏れずセフレが出てくるが、物語の主旨にほぼ影響しない。
これは売上げを伸ばすために作為的に入れたのかなと穿った見方をしてしまう。

ただ、今作の主人公は画家で、絵を描く描写は本当にプロの絵描きが言いそうな感じの表現で、その辺りはさすが、だてに歳を取って無いなと思いました。

もう70歳だそうで。十分過ぎる程稼いだろうから長編小説はこれで終わりにして、時々海外生活の短いエッセイでも書けば良いと思う。
飛行機の中の雑誌でそういうの読んだ気がします。

完全な備忘録になってしまいました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
もうハロウィンですね。
辞めると決めてから時間の経過が死ぬほど遅い。
永久に退職できないんじゃないかと思うぐらい。
最近老人性鬱気味です。

今日もしょうもないこと書きます。
だいぶ前のこと。ONE OK ROCKのライブを追ったドキュメンタリーみたいな番組をNHK でやってました。
そこで紹介されてた最新アルバムジャケットのデザインがこれ。

2099160
ボーカルのTaka(森進一昌子の息子)が気に入ったジョンワンという世界的に有名な画家が描いたそうな。
ちなみにジョンワンの他の絵にはこんなのも。

JonOneInGotham-800x600
ダウンロード-1
色が鮮やかで斬新かと言われればそうかも知れんが、ただの落書きにしか見えない。(笑)
中学生ぐらいでもこんなの描けそうな気もしないでもない。
私でも描けそう。(嘘です。言い過ぎました。。)

ちなみに世界的に有名なバスキアの絵はこんなのです。

puffer
puffer (1)
こんなハカイダーみたいなのとか壁画の出来損ないみたいなのが高値で取引されてるんだから不思議だ。
私はよっぽど芸術が理解できないのだろう。
こういうのを鑑賞したり買ったりする人は良さをわかってるんだろうか?
「こういう趣味を持ってる自分」に酔ってるだけなんじゃ。。
ある意味宗教みたいなものだろうか。

0406_ss5qufoe6m
ちなみにこれは娘が見に行った香取慎吾の個展の作品のひとつらしい。
これに芸術的価値が無いだろうことはさすがに私でもわかる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
上記をクリックしていただいても全く励みになりません。
禿げるだけです。。

4
8月になり、本格的に暑い。
最近鬱がぶり返し気味で、早く盆休みになってくれないと破滅してしまいそうです。
会社に行く日々も、生きてること自体にも嫌気が差してきた。。

宝島という固有名詞は沢山ある。
海外の児童文学、映画、店の名前等など。
大学時代に宝島という焼肉屋に何度か行った記憶がある。
最近直木賞を獲った小説・宝島は私より9歳位年下の作家が書いた物らしい。
サピエンス全史もそれぐらいの歳の学者が書いた物だった。
もうそういう時代なんだなぁ。

妻の犬散歩仲間の女性(70歳位の老女)がこの宝島の小説(ハードカバーで2000円ほどする)を買って読んだらとても面白かったとかで無理矢理貸されたそうな。。
妻は本を読む習慣が全くないので、それが私に回ってきて、
チビチビと読んで、やっと読み終わって返すことが出来た。

500ページ以上ある長い話だけど、興味深い話で直木賞も頷ける気がしました。
舞台は返還前の沖縄。
敗戦後の米国占領下の沖縄で、戦果アギヤーという、米軍基地に忍び込んで武器や物品を大量に盗み出して売り捌くことを生業にする若者達の話。
カリスマリーダーオンちゃん率いる戦果アギヤーが、嘉手納基地で窃盗を働き、命からがら逃げ出すが、リーダーのオンちゃんが行方不明になる。
オンちゃんの弟レイ、親友グスク、恋人ヤマコの3人がオンちゃんを捜しながら米軍や暴力団抗争等に巻き込まれながら成長するというストーリーで、沖縄で実際にあった事件(コザ暴動や数々の米兵による犯罪や墜落事故等)をちりばめてなかなかよく出来た話でした。
作り方が山崎豊子の沈まぬ太陽みたい。
ただ、文章はあまり上手くない。その点他のベテラン作家には及ばないが、ストーリー自体はいつか映画化される可能性も感じさせる物でした。

作者は沖縄出身ではないし、沖縄返還の時は生まれてもいない。
でもよっぽど興味があったのだろう。かなり調べたんだろうなぁと思われる。
それだけ沖縄には魅力があるということか。

それにしても、沖縄で米兵が強姦した女の数、暴力によって殺し、車で轢き殺し、飛行機を墜落させて巻き添えで殺した日本人の数は天文学的な数に上ってるだろう。
米兵のレイプによって出来た子供はどれだけいるんだろう。。
それは今も続いている。
この小説ではアメリカは徹頭徹尾悪者として描かれている。
それは事実だし、やっぱ欧米人と琉球人では(日本人皆そうだけど)、見た目が明らかに違うし、あの時代は日本はまだ後進国だったから、そういう扱いを受けるのは当然だったのだろうと思う。

文章は上手くないけど、この作家、真藤 順丈という人の他の作品も読んでみたい気がした。

私は友人の誘いでここ数年は毎年のように沖縄旅行をしている。
去年は大雨災害で行けなかったが、今年も10月に予定しててもう航空券も取ってしまった。
家族にはまだ言ってない。
私自身沖縄に思い入れがあるわけでは無いが、友人が沖縄好きで毎年誘われるので。
友人は沖縄ののんびりした雰囲気が好きだそうな。釣りしながら泡盛飲んでるといくらでもそこに居られるのだと。

それに付き合ってきた私は、今年が最後の沖縄だ。来年はニートだから行く資格ない。友人と合わせる顔もない。。
10月に行った時は(天候不良でまた行けなくなる可能性も大だけど)沖縄を噛み締めて来ようと思う。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

3
そろそろ梅雨明けだけど、もう夏バテ気味です。
眠れない日々が続く。お前はもう生きる必要が無いと言われてるかのように体調が良くないです。

さて、私はお笑い番組は最近見てないが(時々「月曜から夜更かし」を見る程度)、
昔は娘と一緒によく見てました。
娘は今でもお笑い番組はよく見るらしい。今は就活でそれどころじゃないけど。

昨今の一連の吉本興業の騒ぎを見て、表題のように思いました。

全くの部外者で、芸人に何の思い入れもない私から見て、吉本興業の対応は正しいように思えます。
最後の社長記者会見はあまりにもいただけなかったが、、
あの社長は会見で喋るのが極端に苦手で、仕事はきっと出来る人なんだろうと思いたい。
仮にも一部上場企業の社長なんだから、、
あの会見だけを見てたら、ただのアホに見えてしまうが、天理大アメフト部出身らしいから、きっと武力系の汚れ仕事なんかもして会社に貢献してきたのだろう。

今回の顛末、ネットやテレビで見る限り、宮迫が詐欺グループから100万もらいながら嘘ついてたのが一番悪い。
だいぶ時間が経ってから嘘ついてたと会社に相談したら、会社は揉み消そうとするのは当然である。
にも関わらず逆らって謝罪会見をしようとする芸人はクビにするのは自然な流れだと思う。
悪いことしたのはお前だろう?気に入らなかったら別の事務所行けや!
という態度のどこがおかしいのだろう?

吉本の大誤算は二人の会見の後、世論も芸人も皆宮迫を後押しする形になってしまったことだろう。何故そうなったのか私も不思議なんだけど、、
あのいかにも芝居がかった会見(悪いのは自分なのにまるで被害者のような態度)は、もしかしてどこかのコンサル企業が指導したのだろうか?
だとしたら、その会社は相当優秀だなと思う。
私はあの会見で宮迫が更に大嫌いになったけど。。

他の芸人達もいろいろコメントほざいてやがったが、どれも唾棄すべきものだった。
ギャラが安すぎることをたけし等が批判してたが、それが不満なら吉本を辞めて他の事務所に移籍すれば良いだけのこと。
多分頂点のダウンタウンなんかはあまりピンハネされて無いのでは。。
じゃないと彼等も吉本辞めるだろうし。
結局ギャラの手取りが少ない芸人はその程度の実力であると一部上場企業に判定されたまでのことだと思う。きっと移籍しようにもどこも契約しないだろう。
今回吉本所属芸人もギャラの安さを相当コメントしてたらしいが、彼等は極楽とんぼ加藤と一緒に皆クビでいいんじゃなかろうか。
加藤は自分が司会のワイドショーで、力説してる自分に酔っているようで虫酸が走る。。

ダウンタウンといえば、吉本はいつの間に松本の帝国みたいになってるのか?
きっと松本が稼ぎ頭で、彼のおかげで吉本社員の生活が潤ってるのかも知れないが、会長社長副社長が皆元マネージャーなのは異様である。派閥の一人勝ちみたいでキモい。
松本はじめ、芸人なんて経営の能力なんて何も無いだろうに、そんなので良いのか、、

などと、どうでもよいことを思ってしまいました。
吉本の役員は、もっとコミュニケーション能力のあるまともな人間を用意した方が良いと思われる。
これを機にコスパが悪い芸人はどんどん契約解除したらいいのになと思う。プロ野球選手みたいに。
芸人ファーストなんて言語道断である。一般企業だって社員ファーストの会社なんて一つも無い。会社は株主のためにある。頭の悪い芸人は経営に口出ししてはいけない。

追伸
吉本興業は数年前に上場廃止してました。
たぶん紳助の騒ぎのどさくさに紛れてしたと思われます。あと節税狙いか。。
株式会社は継続してるようです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

このページのトップヘ