台風前夜に東京に帰って来ました。
大混雑で約1時間遅れて到着しました。
しかし、台風でワールドカップラグビーの試合が中止になるなんて、、
そんな国、スポーツの世界大会を開催する資格無いな。

さて、娘の就活、困難を極めてます。
まだ3年なのでインターンシップに参加する段階ですが、いくつかの企業では参加したものの、応募した企業のほとんどで落選してる模様。
そもそもインターンシップって、本採用に影響あるものなのか?
先日、大企業で人事を20年ぐらいしてた知り合い(それも娘の行きたい業界)にそれとなく聞いてみたところ、あっさり「あるよ。」との答え。
ということは娘は絶望的っちゅうことやないか。。
娘が落ちまくってることをその人に愚痴ると、「四大女子は厳しいからね。」

そりゃそうだな、、
女子はどんな優秀な人が総合職に就いてもほとんどが数年で辞めてしまう。
仕事が思ってたのと違うとさっさと結婚退職に逃げてしまうから。
差別云々以前にそう言う事実がある以上、採用が厳しいのは当たり前だ。
英語ペラペラだったり超一流旧帝大だったり美人ならともかく、どれでもない娘は苦戦から逃れられない。

ぶっちゃけ、せっかく女に生まれたんだから男を利用して楽して生きれば良いと思ってます。
そこそこの有名企業に入って、数年後に稼げて海外でも暮らせる能力のある男と結婚し
そいつの経済力に依存して生きていけば良いと思う。
出来れば外国に移住してほしい。日本は破滅する国だから。

娘は高校受験の時に勉強でよっぽど苦労して、その事をたぶんまだ根に持っている。
そんな思いをしたんだから有名企業に入らないと意味がないと思ってるようだ。
そういう企業にさえ入れたら、その後は高橋まつりさんのように死んでも悔いが無いそうだ。
要は就活が終わらせれば何でも良いのだ。
本質を完全に見失ってるが、失敗体験がこれだけ続けばそう思うのも無理はない。
いずれにしても私は一切何の力にもなれない。

ちなみにエントリーシートの項目を見せてもらうと
入社3年目、6年目、10年目の希望領域、業務に対する自分の強みや弱み
といった内容だった。
大学生で業務に対する自分の強みなんか書ける奴いるのか?
いたら気持ち悪いわ。。
だいたい10年後にまだ会社が存続してる前提なのがおめでたいというか、、
等と、人生終わりかけのオッサンはぼやいてしまいます。

娘の希望する企業で営業してる知り合いがもう1人いるんだけど、彼は
「こんな業界行くのは絶対辞めとけ!」
と言ったので後は何も聞けなかった。

確かに、働く人生なんかクソである。

衣替えの季節。
昨日、会社の夏服の作業服を捨てました。
次の夏はもう会社にいないから。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ