先日の祝日に、イチローが日本で引退しました。
全くどうでも良いことだけど、イチローと私は社会に出た年が同じ1992年。
もっとも私は大学で留年してるので5歳年上です。
人間としての頂点と底辺でも、共通点がひとつはあるんですね。。

彼は実質5年ぐらい前にはメジャー選手としては戦力になってなかった。
去年マリナーズに移籍した時から球団のマーケティングとして日本の開幕戦で引退することは決まってたんだと思う。
練習試合の巨人戦で、二十歳位の投手から力の無い内野ゴロしか打てない姿は正直痛々しかった。。

私はオリックス時代のイチローを何度か観戦しました。
彼がブレイクした1994年夏に、グリーンスタジアム神戸(現ほっともっとフィールド神戸)の西武戦。石井丈裕から2打席連続ホームランを打ったのはよく覚えてます。
オリックスは確か長谷川が投げていた。

私は正直イチローは好きでは無かった。
実力に裏打ちされた気難しさというか、凡人を見下してる感があったし。
実際イチロー担当の取材記者は地獄だったと言ってた。
成績は文句なしだけど、彼はほとんど弱小球団にしか居なかったし。
その点ワールドシリーズMVPの松井の方が上だなと思ってました。

でも、彼の引退後の長い会見を見たら、イチローも人間だったんだな、、
と共感するところがいくつかありました。
きっと頭の良い人なんだろう(野球選手には珍しく)とも思いました。

プロ野球選手やってて、楽しかったのはオリックス入団後の最初の3年だけ。
後はステージが上がってしまって、ずっと苦しかった。とのこと。
確かにメジャーに行った後、どんどん人相が厳しい顔に変わっていって、
誰も寄せ付けなくなって、晩年は白髪も急増して顔も崩れて来たように思える。
相当な苦しみがあったんだろうなと思えました。

成功という言葉が嫌い、と語ってた。
あれだけ辛く苦しい毎日を送ったんだから、今後どれだけ楽で豊かな生活しても元は取れない。
それなのに気安く成功と言うな!というメッセージに聞こえました。

スケールは何億倍も小さいけれど、私も向いてない仕事をスパイのようにこそこそと27年続け、ずっと地獄だった。
今後退職して死ぬまで働かないで済んだとしても、この地獄の辛さは埋め合わせられないと思ってます。

自分は人望が無い。監督は絶対無理。と言ってました。
自分のことをよくわかってるんだなぁと思う。
彼は指導者になったとしても、イチローを知らない子供の世代相手しか無理だろうな。
知ってる人は、イチローに萎縮して緊張して力を出せないだろう。
星野の10倍位威圧感がある。
教えるなら小さい子か、アメリカでやるかだろうなと思ったりする。

いっそ、俳優になるのもいいかも。
昔古畑任三郎に出てたし。
田村正和って今何してるんだろう。。

というわけで、
勤続28年でユニフォームを脱いだイチローに敬意を表して、パソコンで絵を描いてみました。
ニッチローみたいになってもうた。。
ichiro


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ