ブログネタ
今年のGWの過ごし方は? に参加中!
GWも早3日目になってしまった。
いつの間にか月も変わっている。
昨日今日は妻子は仕事、学校なので一人でダラダラ過ごしている。
まるで休職してた頃のように。。

ネットを徘徊してて、なんとも暗く悲しいこんなブログを見つけた。
いつか迎えに来てくれる日まで

5年程前に最愛の奥さんを癌で失った人のblog。
年は私と同じぐらい。
感心したのは、この人は奥さんを心底愛していたようで、
亡くなって約5年経つ今でも、全く立ち直れていないところ。
課長で、仕事は問題なくできる人(そこが私とは決定的に違う)らしいが、
妻の逝去からは重度の鬱になって休職を繰り返し、今も休職中とのこと。
日課のように毎日記事を更新している。

私の妻の肺癌は幸いにも現在のところ経過は良好だが、
もし悪化して亡くなったとしたら、1年ぐらいは悲しみに暮れるだろうけど、
そのうち悲しみは薄れて日常に戻りそうな気がする。
娘に万一の事故があったらと想像してみても、3年ぐらいは何も出来ない
かもしれないが、やはりいつかは普通の日々に戻りそうな気がする。

このブロガーは妻の死から一生立ち直れなさそうである。
その愛の深さがすごいと思った。

それ以上に興味深かったのが、鬱状態の様子です。
自分が最悪だった頃の状態とほぼ一致する。
風呂も食事も出来ず、一切のことに関心が無くなり、ただ消えて無くなりたい
と思う毎日でした。
現実が嫌で一日のうちの22時間ぐらいは目をつぶっていたあの頃。
そんなことを思い出しました。

この人は多分生きることに執着が無くなっていると思う。
ブログタイトルからもそれは伺える。
でも、私みたいに自殺未遂することもなく生きているところに、
無意識な生への欲望があるのかなと思った。
死ぬ勇気が無いだけではない生きる理由が、きっとどこかにあるのだろう。
それは本人も判らないのでしょうけど。