年末年始休みに突入した初日に、表題の映画を見に行きました。
映画の見納めです。

前日から風邪ひいて体調悪かったけど、映画が安い日だったので、
無理して見に行ったのだけど、、
無理して見に行くだけの価値はなかったというのが正直な感想です。

R15で怖いシーンもある。
結婚の不毛さ、仮面夫婦で見捨てられた妻の復讐劇を描いたような映画。
いくら復讐劇でも、平然と人を殺す妻に違和感を感じる。
実は過去に何人も殺しているという、京都ババアのような事実が明るみに出たり
したら、また怖さがアップしてよかったかもしれないが、、

つまらないとも言い切れないが、先日見たインターステラ―と似たり寄ったり
のレベルかなと思う。

今年見た映画は10本。元旦に見た「ゼログラビティ」がダントツで、
あとはそれ以下だった。
パソコンで見た「サード・パーソン」がその次に良かったかな。
金を無駄に費やしてしまったと思うことが多い一年でした。

来年はいい映画が見れたらいいなぁ。