人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

2019年07月

4
吉本騒動のクソしょうもない記事を先日書きましたが、今回もしょうもないです。
(それを言ったら私の記事でしょうもなくない物は無いですが、、)

高校野球の岩手予選決勝で、今年断トツで注目されてた佐々木投手を登板させることなく大船渡が敗退しました。

それについて色々言われています。
将来のある佐々木の故障リスクを回避させるため、と監督は言い、それは普通に理解できる。
しかし、4番も打っていた佐々木を打席に立たせることもなく、先発は2番手投手でもなく3番手ですらなく、初登板の4番手投手だった。
これを勝てば甲子園に行ける決勝戦で、しかも相手は強豪花巻東なのに。。

これは「甲子園には何があっても行ってはならない」という監督の強い意志が伺える。
監督1人で決めたというより、たぶん外部(プロのスカウト等)からの強烈な圧力に屈したんだと思う。
金銭のやり取りは無かったと信じたい。

監督は甲子園に行かないことをいつ決めたのだろうか?
予選の途中か、予選開始前か、、
どっちにしても佐々木以外の選手はとんだ茶番に付き合わされた訳で、これをどう責任取るのだろう。

試合後のミーティングで「死ぬな」と言ったそうである。
これは、自分のせいで人生を見失って自棄を起こす可能性を考えた、ある意味謝罪に思える。
真相は、将来佐々木が野球選手を引退するまで話さないだろう。
いずれにしても監督は辞任した方が良い。

今回のことで思うのは、突出した投手は、甲子園に行きたいのであればやはり野球名門校に行くべきだと言うこと。
そうすれば一線級の投手が多いので登板過多も無い。
あるいは早い段階でプロに目をつけられてる投手は、そもそも甲子園に出る必要も無いのだから肩が大事なら野球部退部すれば良いのである。
じゃないとチームメイトに多大な迷惑がかかる。
今回の決勝の先発投手のように、、

佐々木本人はどう思ってるのだろう。
登板回避は本人も希望してたのかな。
甲子園で強豪校にめった打ちされたり、実は花巻東にも通用しないかも知れない。そうしたら自分の価値が下がるから、、これも商品戦略のひとつと言える。
強豪校と対戦したことが無い(練習試合はあるかもしれんが)佐々木がどれ程の実力なのか、素人の私にはわからない。なんか胡散臭い気はしてます。

過去には甲子園で投手生命が終わった選手が多くいた。
私と同級生だった天理の本橋とか、その数年後の沖縄水産の大野とか。
70年代に選抜で優勝した箕島のエース東投手なんかは、毛細血管が破壊されて腕の色が変わった状態で決勝を投げきった。と、後の尾藤監督の手記で読んだ。
そんなのに比べると今のやり方の方が合理的なのは間違いない。
もし将来メジャーで成功したら、年俸は数十億円にもなるんだから。。
何事も費用対効果が重要である。。

さて、甲子園出場校もほぼ出揃いましたが、注目投手は星稜奥川以外は全て予選で消えた。
高知の1年生投手も見たかったのに、明徳に負けてしまった。

絶対当たらない予想では東海大相模、星稜が中心の展開か。
ダークホースで地方の津田学園、近江あたりに頑張って欲しい。
習志野は今回もサイン盗みが出来るか?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

3
そろそろ梅雨明けだけど、もう夏バテ気味です。
眠れない日々が続く。お前はもう生きる必要が無いと言われてるかのように体調が良くないです。

さて、私はお笑い番組は最近見てないが(時々「月曜から夜更かし」を見る程度)、
昔は娘と一緒によく見てました。
娘は今でもお笑い番組はよく見るらしい。今は就活でそれどころじゃないけど。

昨今の一連の吉本興業の騒ぎを見て、表題のように思いました。

全くの部外者で、芸人に何の思い入れもない私から見て、吉本興業の対応は正しいように思えます。
最後の社長記者会見はあまりにもいただけなかったが、、
あの社長は会見で喋るのが極端に苦手で、仕事はきっと出来る人なんだろうと思いたい。
仮にも一部上場企業の社長なんだから、、
あの会見だけを見てたら、ただのアホに見えてしまうが、天理大アメフト部出身らしいから、きっと武力系の汚れ仕事なんかもして会社に貢献してきたのだろう。

今回の顛末、ネットやテレビで見る限り、宮迫が詐欺グループから100万もらいながら嘘ついてたのが一番悪い。
だいぶ時間が経ってから嘘ついてたと会社に相談したら、会社は揉み消そうとするのは当然である。
にも関わらず逆らって謝罪会見をしようとする芸人はクビにするのは自然な流れだと思う。
悪いことしたのはお前だろう?気に入らなかったら別の事務所行けや!
という態度のどこがおかしいのだろう?

吉本の大誤算は二人の会見の後、世論も芸人も皆宮迫を後押しする形になってしまったことだろう。何故そうなったのか私も不思議なんだけど、、
あのいかにも芝居がかった会見(悪いのは自分なのにまるで被害者のような態度)は、もしかしてどこかのコンサル企業が指導したのだろうか?
だとしたら、その会社は相当優秀だなと思う。
私はあの会見で宮迫が更に大嫌いになったけど。。

他の芸人達もいろいろコメントほざいてやがったが、どれも唾棄すべきものだった。
ギャラが安すぎることをたけし等が批判してたが、それが不満なら吉本を辞めて他の事務所に移籍すれば良いだけのこと。
多分頂点のダウンタウンなんかはあまりピンハネされて無いのでは。。
じゃないと彼等も吉本辞めるだろうし。
結局ギャラの手取りが少ない芸人はその程度の実力であると一部上場企業に判定されたまでのことだと思う。きっと移籍しようにもどこも契約しないだろう。
今回吉本所属芸人もギャラの安さを相当コメントしてたらしいが、彼等は極楽とんぼ加藤と一緒に皆クビでいいんじゃなかろうか。
加藤は自分が司会のワイドショーで、力説してる自分に酔っているようで虫酸が走る。。

ダウンタウンといえば、吉本はいつの間に松本の帝国みたいになってるのか?
きっと松本が稼ぎ頭で、彼のおかげで吉本社員の生活が潤ってるのかも知れないが、会長社長副社長が皆元マネージャーなのは異様である。派閥の一人勝ちみたいでキモい。
松本はじめ、芸人なんて経営の能力なんて何も無いだろうに、そんなので良いのか、、

などと、どうでもよいことを思ってしまいました。
吉本の役員は、もっとコミュニケーション能力のあるまともな人間を用意した方が良いと思われる。
これを機にコスパが悪い芸人はどんどん契約解除したらいいのになと思う。プロ野球選手みたいに。
芸人ファーストなんて言語道断である。一般企業だって社員ファーストの会社なんて一つも無い。会社は株主のためにある。頭の悪い芸人は経営に口出ししてはいけない。

追伸
吉本興業は数年前に上場廃止してました。
たぶん紳助の騒ぎのどさくさに紛れてしたと思われます。あと節税狙いか。。
株式会社は継続してるようです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

2
先日の3連休、東京に帰ってました。
帰省中も不眠と頭痛は治らない。。
そりゃそうだ。連休はすぐ終わってまた仕事があるのだから。。

連休初日に、妻と御巣鷹山に登って来ました。
何故そんなところに行ったのかと言うと、
当時妻の在学する高校の先生が3人犠牲になっているから、いつか行きたいと思ってたそうである。
翌年の修学旅行の下見に行って、その帰りにこの便に乗ってしまったとか。。
また付き添いのJTBの人も当然ながら一緒に犠牲に、、

何故今頃になって行ったかというと、若干不謹慎かもですが、9月に屋久島登山を予定しており、その前に登山をしときたかったという妻の意向です。

日帰りで疲れました。
家から高崎駅まで約2.5時間。そこからレンタカーで約2時間かかりました。片道5時間弱です。
特に最後の15km位は元々人が居なくて道も無かったところに、このために作られた道ということで、狭くて暗くて不気味でした。
到着した時にはホッとした。

以下に出す写真は私が撮ったものではなく、他人のブログその他から拝借してきた物です。
私も写真とほぼ同じものを見ています。
自分でも撮ろうかと思ったのだけど、妻に不謹慎だ!とキツく止められたので、、

28262949232_d7313f273e_z
登山道入口です。このストックを借りて杖代わりにして登っていきます。
と言っても道はそこそこ整備されていて、それほど険しくは無い。
JALの人達が毎年整備してるらしい。
3年程前に、道を整備してたJAL社員が転落死したらしい。
墜落事故以上の悲惨な犠牲者だと思う。
墜落地点周辺まで約800m登り、結構息が切れる。

src_49126920
この風景は実際は見そびれたんだけど、中央の窪んだところに機首が激突し、バウンドして反転しながら約500メートル飛んで機体が激突、大破したそうである。。
4人も生存してたのが奇跡に思える。
当たり前だが当時は山肌が剥き出しだったが、34年も経てばすっかり緑に。

28366587325_9183628f34_z
墜落地点の中心あたりにこのような石碑が建てられている。
この周辺に各犠牲者が見つかったと思われる場所にそれぞれの墓標があり、我々は先生3人の墓標を必死に捜しました。

28366586695_12b1a13f35_z
ここに520名が記載されている。
日本人の50音順次に外国人。最後の2行位はJALの職員。
先生3人とJTBの人の名前もそこにあった。

src_49126993
高濱機長と副操縦士2名の石碑。
事故原因は修理不良と言われているので、操縦ミスでは無い。
墜落が避けられない絶望の中、せめて人がいないところを目指した彼等は英雄だと思う。

src_49127029
坂本九(本名大島)氏の墓標。

6
享年9歳の美谷島少年の墓標。
彼は野球少年で、甲子園にPL学園を見るために初めての一人旅だったそうである。
PLの野球部、応援団からお悔やみメッセージが届き、当時大きく取り上げられた。
母親は遺族会の会長をしている。
生きていればもう40を過ぎているが、9歳で止まってるので、未だにドラえもん等が供えられていて哀しい。

src_49126813
このようなメッセージがいろんなところに刻まれている。
あの日はお盆だったので、その頃に乗っていたビジネスマンはエリートが多かったのだろうか。
「パパ愛してる」「パパありがとう、安らかに」みたいな文字がよく刻まれていた。
一家4人。30代夫婦と3歳、5歳の墓標が並んでたりするのはほんと同情する。

src_49127034
こんな感じでそれぞれの犠牲者の墓標があり、先生のをずっと捜しまわりました。

4
なかなか見つけられず、諦めて帰ろうとしたところでやっと見つけました。
この風車の飾り(その向こうに例の窪みが見えます)を背にしたところに3人並んでありました。
見つけて涙する妻。
これぐらい写真撮って同級生に送ったら?と言ったんだけど、頑なに拒まれました。。
ちなみに先生は当時30代の男が二人、50代の女性が一人。
女の先生は生きてたら私の母と同じ位である。
花を供え、線香をあげて帰りました。

実は後で知ったのだけど、近くの小屋に墓標の世話をしてるご老人がいて、
その人に聞けば誰の墓標がどこにあるのかはすぐ教えてくれたらしい。。
長年世話してるので、500人位の名前と場所は覚えてるんだとか。

もうあれから34年。
世の中の半分位の人は事故当時生まれてもないだろう。
遺族も高齢化して、こんな奥地の山にはもう登れない人がほとんどだろう。
もういい加減慰霊祭みたいなのは辞めた方が良いんじゃないかと思う。
JALもいつまでもここの世話する必要も感じない。
一度破綻して国に救済されているJALなので、ここに使われている費用も結局国の金だろうし。
本当に悪いのはJALじゃなくてボーイングの不良修理工なんだろうし。
(沈まぬ太陽を読んだ限りではそうだったような。執筆者の山崎豊子も鬼籍に入っている。)
他にも世には出ないいろんな陰謀説もあるらしいが。
JALの新入社員を毎年ここに参らせる必要も無い。登山道の整備する筋合いも無い。時間の無駄だ。

とにかくもう時間が経ちすぎた。
交通事故で死ぬ人はすぐ忘れられるんだから、飛行機事故の犠牲者をいつまでもヒーロー扱いにするのはどうかと思う。
遺族でもない無責任な私だからそう思うのだけど。。

遠い山奥だしもう一生行くことは無いと、妻も言ってた。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

3
最近どうにも体調が悪い。
きっと更年期障害だと思うが、不眠と頭痛が頻繁に。
退職する時期が遅すぎたかな、、

さて、また素人が評論家気取りで偉そうに講釈します。
今年のプロ野球はいつにも増してつまらない。
この時期にもうセパともに大勢が見えてしまった。
巨人、ソフトバンクが優勝して日本シリーズはソフトバンクが圧勝で終わることが誰の目にも明らかである。

日本のプロ野球はメジャーとの実力差が最近広がるばかり、特に打撃に関しては大人と子供ぐらいの次元の差がある。
さらにセ・リーグとパ・リーグの実力差が酷い。
セ・リーグは今やパ・リーグの二軍より弱い。
日本シリーズの存在意義が無くなって来ている。
昔ラグビーの日本一決定戦で社会人と大学のチャンピオンが対戦して、毎回社会人がボロ勝ちしてたが、それに近いものがある。

今年に限っては、広島カープの大失速という摩訶不思議な現象がさらにつまらなくしている。
おかげで巨人の優勝が決定的だが、巨人が強いのではなく、他球団が弱すぎるのである。

カープの大不調。素人目には根本原因はわからないが、今全選手が同時に絶不調に陥ってることは見ればわかる。選手を代えても出てくる選手皆不調である。
今のカープ打線なら斎藤佑樹でも抑えられるだろう。

私は阪神ファンだが、先日甲子園でカープ相手に3連勝するのは充分予想できたし、予想通りになっても全く嬉しくなかった。
今のカープはチーム自体が鬱病のように見える。
その昔阪神が村山監督だった頃、あまりにも負け続けるので、村山監督が自殺するんじゃないかとスポーツ誌で心配されてたことがあったが、今は緒方監督が心配になって来るほどである。

このままでは最下位争いするだろう。争う相手はもちろん阪神。

もう一ヶ月以上大不振で、未だ復調の兆しも無く10連敗中。
失速が始まったのは確か交流戦が始まって間もなくだった。
この時点では、交流戦を5割位で行けばセ・リーグ4連覇は安泰だろうと思っていた。

思うに、最初はたまたま調子落としてる選手が多いのと、パ・リーグへの苦手意識から負けが込んで行った。
そのうち、「このままでは優勝争いから脱落するんじゃないか。」という恐怖感からチーム全体がパニックになってるように思う。
ここ3年、優勝争いしかしてなかったから、こうなった時の精神的な対処が出来ないのかなと思う。

さすがに丸と新井の力だけで3連覇したわけでもないし、戦力が圧倒的に落ちたわけでもない。明らかに精神的な問題が大きい気がする。
2週間程前、マツダスタジアムにオリックス戦を友人と見に行った。
その試合。不調の田中に代えて高卒ルーキー小園を1番ショートに抜擢していたが、小園は有り得ないエラーを2つして、それが原因で負けた。
少年野球でも取れそうな緩いゴロをトンネルして二塁打にしたのは衝撃だった。
あの時の凍り付いた感じが今もずっと続いてるようである。

私の予想ではこの絶不調はもうしばらく続く。
数字上、まだAクラスの可能性が残っている限りは。
今後まだどんどん負けて、Aクラスの望みが完全に断たれた時に初めてプレッシャーから解放されて上向きになるんじゃないかと思われる。

私がもしカープのオーナーだったら
今年は敗北宣言を早々と出します。
そして一軍と二軍を総入れ替えして、残り試合は練習試合にする。
(ほんとにそんなことしたら大問題になるかもしれんけど)
そしてシーズン終了後は監督コーチ全員解任する。
そのために今から後任を探す。
こんなところでしょうか。言いたい放題です。

娘が高校時代に甲子園に連れていってくれた清宮をずっと注目していたのだけど、
どうも彼も結果を残せてない。同期のヤクルト村上にボロ負けである。
大した選手じゃなかったという結論になりつつある。
というわけで、今年のプロ野球はもう見るべきものはない。

せめて夏の高校野球位は盛り上がって欲しいものである

もし私がプロ野球のコミッショナーだったらリーグを再編する。
セ・リーグとパ・リーグをシャッフルして実力を均等化する。
そして新規参入チームを4つ位作る。
松山の坊ちゃんスタジアムや倉敷のマスカットスタジアムはプロ野球が充分出来る程のキャパがある。確か新潟や長野にもそれクラスの球場があったような。
神戸のほっともっとフィールドも、たまにオリックス戦するだけでは勿体ない。
新規参入チームは、かつての楽天のように最初の数年は圧倒的に弱いが、今なら広島や阪神、ヤクルトも充分弱いからあまり目立たないだろうし。

等と、どうでもいい妄想を長々と書いてしまいました。
会社行きたくない。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

1
今年も後半になりました。

大学3年の娘。今就活で大変なようである。
私が大学生だったのはもう30年前、しかも理系だったから文系の娘とは何もかも違う。

私の時代はバブルが弾ける前だったから全く参考にもならないが、3年から就活してる人なんか一人もいなかった。
今はエントリーシート、インターンシップ、グループディスカッションと不毛なイベントのオンパレードで学生は疲弊しきっている。
エントリーシートで学歴フィルターでふるいに掛けられ、インターンシップに選ばれないと面接には進めない。それに選ばれる審査にグループディスカッションというクソみたいなイベントがあるらしい。もちろんTOEICの点数申告も必須である。

日本企業の人事は人を見る目が無い。だから学歴フィルターは仕方ない。
だったら学歴オンリーで機械的に採用すれば良いものを、インターンシップだのグループディスカッションだの、あほか!
こんな低脳なことしてるのは日本だけだろう。
日本企業なんか皆潰れちまえ!と切望する。

長年会社にいて会議に出席してる人には常識だけど、何の足しにもならない薄っぺらい意見など言わない方が良い。聞いてる人の時間を無駄に奪うし、それだったら何も言わず黙ってる方が何億倍もましである。
グループディスカッションで、何か題材を与えられて、それに対して意見を言えと言われたって学生に気の利いた意見など言えるはずも無い。
結局マニュアルに書いてるような内容の無い薄っぺらい、本心とほど遠い意見をしゃべる羽目になる。何かしゃべらないと落とされるから。
そんな様子を端で見てる人事の社員達は気でも狂ってるんだろうか。。

アクセンチュアという外資コンサル系超有名企業がある。そこは基本的に東大生か海外大学の子しか採用しないが、娘や友人は試しにエントリーシートを出してみたそうだが、当然落ちた。
その日はツイッターであちこちで「落選チュア」という文字が踊ってたそうな。

娘は実際、どういう仕事がしたいのかは私にはわからない。
本人もわからないのではないか。。私なんか未だにわからないし。
やりたくないことは無数にあるんだけど。。

一応大企業には行きたいそうである。そのために今の大学学部に入ったんだから。
だとさ。
ニートにさえならなければ、どんな企業だろうが私は決してダメ出しはしないつもりである。
日本企業はどんな企業だろうが、将来は絶望しかないだろうから。
かといって外資系でバリバリ働く実力は娘には残念ながら無い。

損保ジャパンも就職市場では人気上位企業になるのだろうけど、そこは無能な社員を介護職へ転換させるような会社である。
さすがにその指示通り介護に転身する人は一人もいないだろうから、クビと同じである。
損ジャの人事もうまいリストラ策を考えたものだと思った。

無能な社員を採用する会社も同じぐらい無能だと思うが。
無能と烙印を押されてもなお会社にしがみつこうとする人の気持ちがわからない。
そうしないと生活できないから?
じゃあ生活しなきゃ良いのに、、
死んだ方が保険金とかで家族の役に立つのに、、
日本人は生きることを美化し過ぎでほんとうんざりである。

ネットで
a perfect place to die
で検索すると青木ヶ原の樹海が出るそうである。
それを見てわざわざ樹海まで自殺しにくる外人がいるんだとか。。
「追憶の森」という映画でそういうのをやってた。

就活と全然違う話になってしまった。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

このページのトップヘ