人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

2017年05月

2
こないだ、会社で「睡眠セミナー」なるものがありました。
定時後でもちろん勤務時間には入らない。

睡眠障害に常に悩む私は受けてみました。
期待は全くしてなかったけど。

会社で一番大きいホールで開催されたこのセミナー。
行ってみたらほぼ満席だった。

こんな多くの人が睡眠で悩みがあるのか?
そんな訳はない。

きっと皆、時間を潰したいだけだろう。
残業代も出ないんだから、早く帰ればいいものを
早く帰ったら家族に罵られるから仕方なく
と言ったところだろう。
これが日本の現実である。(笑)

さて、セミナーの内容は予想通り大したことは無かった。
覚えてることは、

平均睡眠時間が8時間を切ってるのは日本と韓国だけ。
アラフィフなら睡眠時間は6.5時間が適切。
眠りが浅くても、眠り始めから3時間以上起きなければ取り敢えず大丈夫。
寝床についてあっという間に寝てしまうのは逆に慢性睡眠不足である。普通は10分は眠れない。
昼寝は20分以内。
休日と平日の起床時間の差は2時間以内に。
等々だった。

言われた時はふーん、と思うのだが、結局は忘れて実践できてない。。

以前は仕事辞めたら安眠できるだろうと思ってたが、自分は更年期でもう何をしても質の良い睡眠は望めないだろうなぁと思う。。
 

3
最近誕生日を迎え、またひとつ歳をとってしまった。
最近慢性的に歯が痛く、そのせいであんまり噛まずに物を食ってるせいか、体調もずっと悪い。。
頭痛になる頻度が高い。相変わらず睡眠の質も悪い。
こないだの健康診断では太ってしまったことが判明したし、、

なんか、体全体が老衰死に向かってる気がする。。
死ぬなら死ぬで別にいいんだが、、

そういう暗い話は別の機会にして、初めてメルカリを利用した話を書きます。

メルカリとは、最近よく話題になる個人のフリーマーケットアプリである。
最近それで紙幣が売られたりして、犯罪やマネーロンダリングに使われてる疑惑があった。
そのあたりの監視が行き届いてないらしい。その後監視は強化されてるようである。

私の親の家のNTT光のポイントが貯まって、有効期限がもうすぐ切れそうだったので、
最近欲しくもないデジカメに無理矢理交換した。
それを未使用のままメルカリに出してみました。

楽天等では新品1.6万円ほどで売ってるデジカメだったがメルカリで同じ物の出品を見ると一万円から7800円だった。。。やっぱ素人が売るとここまで安くなっちまうのか。。
一万円で売約済みもあれば、7800円で売れてないのもあり、ようわからん。

取り合えず9700円で出品してみた。
そしたらすぐに、7500円なら即買いするというふざけたコメントが来た。
無視して様子見てたら、翌朝に別の買い手がついていた。。
呆気ない。
この買い手は何故7800円で出品されてる同じデジカメに手を出さなかったのだろう?
謎である。

ともかく売れたが、メルカリが手数料10%もブン捕る。
さらにコンビニから発送するのに600円かかった。
というわけで私の取り分はわずか8130円。
これを自分の口座に振り込んでもらうにはさらに振込手数料210円取られる。。
結局8000円切る。何だかなぁであるが、元がタダなので良しとしよう。

ちなみに家電買い取りサイトでメール査定してもらったら、
なんと、3500円という返事だった。。
それに比べたらまだましか。

これに味を占めて、タイから個人輸入した薄毛対策の薬を試しに出品してみたら、しばらくしてメルカリから違反品につき出品を削除したというメールが来た。
どうやら最近厳しくなり、薬関係はNGになったようだ。。
ちなみに商品券も駄目だとか。
切手はいいらしい。
実家に切手なら大量にあるかも。

しかし切手は額面以下でしか売れないだろうし、10%手数料取られるからかなり損な上に、切手をわざわざ買う人なんているのだろうか。。

そんなこんなで、初めてネットで物を売った体験談でした。
 

1
抜けはじめてわかる、髪は長い友達。
というCMが大昔にあった気がする。

私にとっては極めて短い友達である。
もう15年位前から薄毛に悩まされている。(T_T)
後頭部がフットボールアワーの岩尾に似た感じ、、
靴紐はほどけないように注意しなければ。( ̄▽ ̄;)

AGAに効くと言われている成分にミノキシジルとプロペシアというのがあるらしい。
ミノキシジルの入ったリアップという育毛剤を使っていた時期がある。
1ヶ月分で1本7000円ぐらいと、非常に高価だった。
あまり効果が見られず、金勿体ないので辞めた。

その後元製薬会社勤務の友人の薦めで、プロペシアのジェネリックであるフィナステリドが入っている飲み薬を買って飲むようになった。
値段はリアップの約10分の1。もちろん外国製ですが。
最初はタイ旅行に行った時にまとめ買いしてたが、最近はタイから輸入できるサイトで似た値段で購入できることを知り、それを利用してます。
というわけでフィナステリドの服用は今も続けているのだけど、果たして効果は?

自分では効果はわからない。
ましてや後頭部は鏡2枚無いと自分で見れないし、現実を直視したくないからなおさら見ない。(^_^;)

友人は効果は出てると言ってくれたし、妻も酷くなったとは言わなかったが。。
こないだは久しぶりに鏡で見てみたら、、
やっぱり酷くなった気がする。
こういう時、本気で死にたいと思う。。

ネット見てるとフィナステリドはこれ以上の進行を押さえる効果が期待でき、ミノキシジルは既に禿げた部分の復活が期待できるとあった。

うちには放置したままのリアップがまだあった。
ただ、消費期限が先月だった。。
どうせ駄目ならリアップも併用しようかな。。
そんなことしていいのか知らんが。

僕は働く能力が低いという、内面に致命的な欠陥を抱えている。
その上、外面にも禿げをはじめ、猫背だったり、最近顔に染みができたり、、
加齢もあるから仕方がないが、正直もう消えて無くなりたい。(T_T)
 

3
連休中に表題の本を読んだ。
辻原登という作者は1945年生まれ。
最近自分より若い人の本ばかり読んでたので
こんな年配の人のを読むのは久しぶりかも。

知ったきっかけは社内報のような冊子の書評コーナーにこれが載ってて、面白そうだから借りてみた。

バブル時代の和歌山を舞台にした、暴力団抗争、貞操観念の全くない女、公務員の横領などの人間の醜いところをふんだんに描いた話でした。

年配の作家だけあって、描写の細かさが文学作品のようだった。
ただ、たいして重要でもない話が詳細に長々と続くところもあり、多少だれた。

和歌山県勝浦のホテル浦島に泊まる場面があり、自分も泊まったことがあるのでちょっと懐かしかった。
また、暴力団抗争を、現実にあった山一抗争を題材に書いているので、そういう裏社会の話が結構好きな私には楽しめた。
登場人物に善人が一人もいないところも好感が持てました。(笑)
話自体はそんなに面白くもなかったけど。

この作者の他の作品には野球を題材にした話もあるらしく、そっちも借りて読んで見たいと思った。
 

3
GWで東京に帰っており、映画の日に表題の映画を見に行きました。
アカデミー賞を獲った映画です。
ブラピが製作に関わってます。
ネットの評判はかなり悪いです。。

実際日本では受けなかったようで、近所の大きい映画館では深夜しか上映しておらず、
少し離れた映画館で昼間見ました。
映画の日だったこともあり、ほぼ満員でした。

内容は黒人、麻薬、ゲイというのが主なテーマで
いずれも日本人には馴染みがないために見て後悔したという人が多いのだろうと思いました。
アカデミー賞発表の直前にトランプが人種差別発言をしたために、
それに反発するためにこの映画が作品賞になったとも言われています。
普通に見ればララランドの方が上だとも。

主人公の黒人少年。
いじめられっ子で母親は薬漬けの売春婦。
それを見かねた麻薬密売人の男がその少年の世話を何かとする。

場面変わって主人公は高校生位に成長する。
世話を焼いてくれた密売人男は死んでもういない。
少年時代からの唯一の親友と同性愛になる。
学校では相変わらずいじめられ、いじめの中でその親友にも裏切られ
暴力事件を起こし逮捕される。

場面変わって主人公は大人になり、やり手の麻薬密売人になっている。
体格も筋肉質で、少年時代に世話になった密売人そっくりになっている。
晩年を施設みたいなところで過ごしている母親に謝られ和解する。
同性愛の元親友から連絡があり久しぶりに会いたいと言われ、会いに行く。

元親友は昔と違って痩せ気味になっている。
両者の体つきは逆転した感じ。
彼は料理人になっていた。服役して料理を習ったとか。
結婚し子供がいて離婚している。
昔裏切ったことを謝罪する。そして主人公の変わりように驚く。
主人公はあの一回以後、性体験が無いといい、最後再び交わって終わる。

こんな感じの話でした。
正直ゲイのくだりは要らない気がしたが、アメリカでは必要な要素なのだろう。
終始暗い雰囲気なのは、ブラピの好みなのかなと思う。
昔、チョコレートというひたすら暗い映画があったがそれと似た雰囲気でした。

大人になった二人の風貌を意識的にミスマッチ的にしてたのであれば、
そこだけは秀逸だなと思った。
また、密売人になった主人公は、きっと近い将来殺されるんだろうな。
などと考えさせられる。

それ以外はあまり真新しくない話だったが、暗いのは嫌いじゃ無いので
見て後悔は無い。
でも、きっとララランドの方が面白いだろうなと思いました。
 

このページのトップヘ