人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

2015年09月

1
ブログネタ
働くことを考える に参加中!
今日付けで元上司が退職しました。
前日の朝、本人からのメールで知り、送別会も無く
色紙に寄せ書きを書いて、定時後に挨拶があっただけという
いともあっさりとした退職でした。

入社年が私より二年早いだけなので、年は一つしか上じゃない。
院卒だとしても3つ上、48か50で退職とは羨ましい限りである。

彼は8月始め頃に父親が危篤になりしばらく休暇にしていたが、
結局父親は亡くなり、そのまま忌引休暇に入り
その最中の盆休み前に課長から降りると知らされた。
きっとこの時には退職することを決めていたのだろう。

退職の理由は、父が亡くなり遠方に住む要介護の母親の面倒を看るため
実家で新しい仕事を探す、と本人は言っていた。

介護のために仕事を辞めるというのが、今時あまり現実感が無い。

実家の人間関係に何か事情があって帰らざるをえなかったのか、
あるいは父親が何か事業をやっていて、後を継ぐのか、
実は貯金も充分貯まったしそろそろ仕事辞めたくて、父の死を丁度良い言い訳
にしたのか、、、

真相はわからないが、とにかく羨ましい。

自分は病気で7ヶ月休んだが、健康な状態で何年も休めることができたら、、
考えるだけでもワクワクする、、、

私の過去に多少なりとも理解のあった元上司がいなくなったことで、
今後の私はいっそう会社に居ずらくなっていくのである。

1
ブログネタ
日々のこと に参加中!
「スゴ〜イデスネ視察団」というテレビ番組があります。
めったに見ないけど、数回見たことがある。

日本のいろんな産業の現場に海外の専門家が視察に来て
コメントをするという番組。
たいてい、海外の専門家が日本を絶賛して、出演者がそれを見て
悦に入るといううんざりするような番組です。

最近、日本を褒めちぎる外人が多く、それを見てまるで自分が優れている
かのように嬉しがるバカな日本人が非常に多い。
日本人のこういうところに嫌悪感を感じます。
結局欧米への圧倒的な劣等感が根底にあって、この呪縛から解放されるには
まだ数千年はかかるだろう。

で、この番組で医療現場を視察する回をたまたま見ていた時、
医療機器にいちいちテプラで注意書きが書かれているのを見て
ドイツの専門家が
「日本人はこうやっていちいち表示しないとわからないのですか?」
と、質問していて拍手したくなった。
もっとも、その頃ドイツで看護士が患者数十人を殺すという事件が発覚
してたので、(お前が言うな!)とも思ったけど(笑)。

テプラと言えば、自分の勤務先も無数のテプラがあちこちに貼ってある。
実験装置の置き場所にその装置の形名のテプラがあるのはまだ合理的で
わかるが、いろんな注意書きも貼られている。
「高温注意」「感電注意」ぐらいならまだいいが、「製品直置き禁止」とか
「整理整頓」とかのテプラを見ると(子供か!)と言いたくなる。。。

これには理由があり、製造場所では定期的に安全パトロールという、
偉い人が職場を巡回して、安全対策の不備を指摘するというイベントがあり、
これで指摘された事に対する対策としてこういうテプラを仕方なく貼って
安全対策の言い訳にしているという側面があります。

結局安全対策もしているというフリをするために、センスのないテプラが大量に
貼られているのが、実情。他の会社も似た状況なのかな、、、
ちなみに売上に関与しない仕事のみ複数受け持ってる私は、設計部門の安全衛生
の取り纏めも担当させられていて、こういう指摘に対する言い訳を書く役目も
あります。極めてやりがいの無い仕事です。
(やりがいのある仕事なんてないけど)

おかげで他社の人にははずかしいからできるだけフロア内には入って欲しくない。。

2
ブログネタ
洋画 に参加中!
シルバーウィークもあっという間に終わり、現実に引き戻されてしまった。
日本ラグビーは先日の大金星はやはりまぐれだったようだ。
スコットランドに大敗し、初のトーナメント進出は夢と消えた。
それでもよくやったと思います。

さて、半月程前久しぶりに映画を見に行った。
今年見るのはまだ3本目。見たいと思える映画がだんだん無くなって来た。
今回見たのは「キングスマン」という映画です。
本当はジュラシックワールドが見たかったけど、最寄りの映画館は
吹き替えしかやってないので辞めた。
それでこのキングスマンがネットでの評価がわりと高かったので行ってみた。

あんまり面白くなかった。
イギリスのスパイアクション映画です。
キルビルとちょっと似たような感じのハチャメチャ映画でした。
アクションや残虐殺人シーンは嫌いじゃないのだが、全体的にいまひとつでした。

かつてはアクションが極限までかっこいいジェイソン・ボーンシリーズや、
悪役が極限まで不気味なダークナイトなど秀作があったが、それらよりはだいぶ劣る。

悪役のIT富豪にサミュエルLジャクソンが出てて、彼の主張は
地球の温暖化は、人体にウイルスが入るとそれを排除するために体温が上がる
のと同じように、増えすぎた人口を排除しようとしているのだ。
というもので、選ばれた一握りのセレブ以外は皆殺しにすべき
というものでした。
この主張は深く同意します。(^O^)

セレブ達の首が一斉に吹っ飛んで花火のようになるシーンなど、
面白い場面もあったが、シリアスな方が好きな自分にはもうひとつだった。

クリント・イーストウッド作の「ミスティックリバー」「ミリオンダラーベイビー」
ダークファンタジーの「パンズラビリンス」
SFの「ゼログラビティ」
みたいな秀作にはもう出会えないのかな。

というより、年取りすぎて自分の感性が世間と離れて行ってるのだろう
と思うと、寂しくなってくるのでした。

3
ブログネタ
タレント に参加中!
シルバーウィークも早くも中日になってしまった。
休みが終わるのは早すぎる。

昨日はラグビーのワールドカップで日本が南アにまさかまさかの勝利。
これは十年単位ぐらいの驚愕の出来事でした。
慌てて再放送を録画した。

テレビと言えば、先日しくじり先生というバラエティ番組を見ていたら。
辺見マリが出ていた。
彼女は13年もの間、拝み屋という詐欺師に洗脳されて総額5億円も
むしり取られたそうです。つくづく馬鹿なおばはんだと思った。

最近も女性お笑いコンビの一人が占い師に騙されていろいろ失って
テレビに出なくなって激太りして、、、ということがあった。
きっとこういう洗脳、騙しのテクニックはテンプレート化されていて
一種のビジネスモデル化されてるんだろうなぁと思いました。

それはともかく、辺見マリで思い出すのは自分が中学1、2年の頃。
当時大阪に住んでいた私は、開局間もないテレビ大阪で土曜深夜に
放映していたサタデーナイトというエロ番組を親が寝静まった後に
よく見ていた。
あの頃男子中学生が必ず見るテレビ番組は
11PM、サタデーナイト、サンテレビの大人の子守唄だった。

サタデーナイトは日活ロマンポルノ紹介などが中心のお色気番組で、
司会はまだ無名な明石家さんま。アシスタントは辺見マリだった。
この当時はまだ洗脳されていない。
美保純などがよく出演してた。今では名脇役のような存在の
美保純も当時はポルノ女優だった。

このサタデーナイトは、テレビ大阪では視聴率最高を誇る看板番組だったが、
こんな下品な番組が局のエースとなるのは会社側として都合が悪かったのだろう、
全盛期のまま打ち切りになってしまった。
それ以降現在まで、テレビ東京系はバツが悪くてさんまに仕事のオファーができず、
さんまもこの局には出演してないらしい。

本当にどうでもいいことだが、辺見マリをキッカケにこんなことを
思い出したのだった。

2
ブログネタ
国内旅行 に参加中!
9月も後半に入り、会社の年度上期が終わった。
休職することなく上期が終われたので、年末のボーナスは満額もらえそう。
これで3回連続の満額受給となる。
もっとも、その前は4回連続で欠勤有りのため一部しかもらえなかった。
まだまだ健常なサラリーマンとは言い難い。

さて、今住んでいる最寄り駅は、新幹線も止まる駅のせいか、
いろんな都市に行く高速バスが駅前から出ている。

今まで、自宅に帰る新宿行きの他、神戸行き、京都行き、大阪行き、
広島駅行き、広島空港行き、福岡行きに乗った。

今後は、松山行き、今治行きにも乗りたいと思っている。

往路は今治行きに乗って、しまなみ海道を眺めながら今治に行き、
今治から電車で道後温泉に行き、そこで一泊。
翌日は松山を散策した後、松山からの高速バスで帰る。
ということが可能である。

ひとりで行くのは寂しいので、関西在住の友人に上記のような
旅行を提案してみたら、冬の学校が休みの時期に是非行きたいと
言う返事をしてくれた。(彼は大学の教員)
これでささやかな楽しみをひとつ確保した。
本当に行けるかどうかわからないが。。

ただ、調べてみたら道後温泉の宿は土曜日はアホみたいに高い。。。
金曜に会社休んでいくか必要がありそうである。

3
ブログネタ
PV・音楽動画 に参加中!
息子さんが鬱病持ちの知り合いの人が、この動画を見て泣いたと言っていた。

若者に人気のセカオワです。
娘もよく聴いていて、紅白にも出てたグループで知ってましたが、
自分にはボーカルの声量の無さがもうひとつで、特に興味はないグループでした。

この歌も、鬱の現状をよく捕らえてるなとは思うけど、
やっぱり歌唱力がないとイマイチ感動もできなかった。
歌のタイトルはセンスあるなぁと思う。

バックに鉄拳のパラパラ漫画が使われている。
鉄拳のパラパラ不幸漫画は評価が高いが、音楽付きのものは、
やはり歌唱力のある外国のグループ"muse"のこれの方が私は好きである。
(鬱とは関係ないけど。)




1
ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
私の仕事は雑用的なことが多いが、そのひとつに
実験室の測定機器や工具備品の管理というのがあります。

こないだ、デジタルマルチメーター(要はテスター)のヒューズが切れて
使えなくなった、と利用者に言われた。
というわけで、ヒューズを部門の金で購入することにした。

大きな会社はどこもそうだと思うが、物を買う時は資材部購買課に
見積もりを依頼して、その見積書をもって発注をかける。
という業務フローである。

見積もりを依頼したら、千個単位でしか売らないという回答が来た。
このヒューズを使うテスターは二つしかないのに、千個もいるわけがない。
ということを資材に訴えたが、なしのつぶてである。

きっと特定の癒着業者にしか見積もり取らないからそんな馬鹿な回答になる。
業者も安い電子部品は大量に買ってくれないと利益が出ないのであろう。
ネット通販なら10個単位で売ってるのに、、、

埒があかないので、仕方なくネット通販で自腹で購入した。
送料合わせて二千円した。。

本当は二つぐらいでいいのだが、10個しか売ってないからしょうがない。

非協力的な資材部のおかげで私は二千円の財産を失った。
昼飯の給食を何回か欠食しながらタダ食いして二千円分補填しようか、
などと姑息なことを一瞬考えたが、
50近いおっさんがそんなしみったれた犯罪行為をしてばれたら最悪なので、
涙を飲んで二千円は会社に寄付することにした。

融通の利かない会社にいるとこんなことがあるから悲しい。

3
ブログネタ
ドラマレビュー に参加中!
台風で雨が多いせいか、やっと涼しくなってきた。
また暑くなるのかな。

情けないことだが、仕事が結構暇になっている。
こういう時は単身赴任でよかったと思う。
明るいうちから帰宅すると家族に罵倒されるし(^.^;

さて、前から見ようと思いながら見てなかったドラマ
「孤独のグルメ」というのがあります。
これは以前見た深夜食堂と似たテイストの大人向けの食事中心のドラマです。

深夜食堂は曲がりなりにも人間模様のドラマがあり、その中の要素に食事が
あったという形だったが、孤独のグルメはストーリーはほぼ皆無。
主役の松重豊がひたすら美味しそうにご飯を食べるというものです。
一応輸入雑貨商を営むという設定があり、冒頭に顧客を訪問するシーンが
申し訳程度にあり、ちょくちょく有名な俳優も出るが、つかみに過ぎない。

これがオッサンを中心に根強い人気があり、来月からシーズン5が
始まるのを知り、過去のシリーズをネットで見始めました。

こういう時だけは、中国韓国の存在が非常に有り難いです(*^-^*)
このドラマは主に韓国のmgoonというサイトで有り難く見させてもらっています。

今第二シーズンの途中まで見た。
関東の実在の食堂で毎回松重が大量の料理を注文し、美味しそうに残らず食べる
様を見ているのが何故か面白い。
これが面白いと感じるのは年取った証拠かもしれない。
若者がこれ見るとは思えない。。。

テレ東も面白い番組作るなぁ。
ちなみにテレ東系は広島では映らないので、ビデオのチューナーが何故か
受信してくれる岡山の放送局で来月から見ようと思ってます。

それまであと30話ほどネットのお世話になって楽しもうと思います。

3
ブログネタ
レトルトカレー に参加中!
メジャーリーガーのイチローや高校球児の清宮が、バッターボックスに
入る時、必ず同じ仕草をするように、
私は毎週月曜の夜は必ずレトルトカレーを食う。(^.^;

スーパーの100円位のもよく食べるが、東京のアンテナショップや
旅行先でちょっと変わったカレーを買ったりすることもある。

今まで食べたカレーの一部をダラダラと貼付けます。
P_20140728_191800~2

P_20150511_192445

P_20150615_202325

P_20150713_190948

P_20150721_192620
PAP_0001

P_20150511_192513

ウチには炊飯器がない(=^_^=)ので、ご飯はもっぱらレンジでチンするご飯です。

大学生の頃は炊飯器はあったけど電子レンジがなく、チンするご飯なんて
気の利いたものも無かったので、ご飯炊くのが面倒になって
焼いた食パンにレトルトカレーを浸して食ってたことがよくあった。

あれから30年弱。技術の進歩により少しは美味しく食べられているが、
やってることは何も変わっていない。。。

ちなみに火曜は基本的にインスタント麺を食う(^△^)
こっちのほうも技術革新は目覚ましい。

このページのトップヘ