人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

2015年04月

ブログネタ
今年のGWの過ごし方は? に参加中!
今年度は大型連休の休みの数が少ない。

去年のGWは11連休たっだのに、今年は8連休。
それでも今年度で一番の連休です。
まだ年度はじまったばかりなのに、、

夏休みなんか、6日しかない。
有休をくっつけたくなる。

9月に5連休というのも地味にあるが、
もっともそこまで会社に在籍できているか怪しいものである。

というわけで、今夜は今年度で一番うれしいひと時になる。
記念に記録を残すことにした(笑)

明日は会社行くより早く家を出て飛行機で自宅に帰る予定。
広島空港なので、無事飛ぶか心配であるが、、

今夜は録画したビデオを見て、ネットを見てゆっくりと過ごす。

休み明け初日は早速上司との面談がある。
そのことは当日まで考えないことにする。

ブログネタ
広島東洋カープ 2014 に参加中!
おとといの土曜日、会社の友人とマツダスタジアムに行きました。
阪神ファンである自分の毎年恒例となってきた、敗戦目撃ツアーです。
観戦した試合はもう何連敗か忘れた。
少なくとも今世紀に入ってからは勝ったのを見たことがない。
昔々、巨人に松井がいた頃に甲子園で勝ったのを見たのが最後だと思う。

で、この日の試合も例に漏れず、惨敗でした。。。
_IGP0431

駅前に移転したマツダスタジアム。新幹線が見える。
ここに来たのは去年から数えて3回目。
_IGP0458

内野2階席から見た全景。
_IGP0433

この日は運良く、メジャー帰りの黒田が登板。
明らかに調子悪そうだったが、味方の大量援護があったので、
途中からわざと手を抜きながら楽々勝利投手に。
_IGP0432

黒田と西岡の対戦。
西岡が阪神の癌だと思っている。早く怪我でもして欠場してくれんかな。
_IGP0438

阪神もエース級の藤浪だったが、コントロールがむちゃくちゃ。
黒田に当たりそうな球を連発し、乱闘寸前の状態になった。
_IGP0460

こんなところでもけなげに応援する阪神ファンはそれなりに多かった。
_IGP0435

試合があまりにもつまらんかったので、途中からカープ女子を撮っていた。(笑)
あんまりやったら新聞沙汰になりそうなので、ほどほどに。

というわけで、両チームとも今年はクライマックスシリーズは極めて厳しいだろうな
と、生観戦して思った。

ブログネタ
行った場所や気になる場所 に参加中!
こないだの日曜、住んでいる市内の北部を初めて散策しました。
今住んでいるところはJRの線路より南側で、
会社も外食も買い物も映画館も観光地も、全てこのエリアに収まっていた。

線路よりわずかに北にあるのは歯医者、精神病院、城ぐらい。

線路から遠く離れた北に行ったのは初めてですが、その理由は
資格試験を受けに福山平成大学というところに行ったから。

試験は玉砕して、そんなものの存在はもう忘れたが、
福山平成大学というところは、敷地も広く、緑も多く、芝生のグランド
も照明付きで完備されていて、なかなか立派だった。
校舎は若干古かったが、建屋が一杯あった。

Fukuyama_heisei_daigaku

これはネットに載ってた当大学の写真。
近くの居酒屋は「平成大学店」だったし、交差点名も「平成大学東」とかがあり、
すっかり有名大学のような扱いだった。

この大学からすぐ近くの道沿いに、大きな場外馬券売り場があった。

nPAP_0000

でも今は閉鎖されている。
福山けいばという地方競馬が数年前まであったらしい。
その廃止以来、ここはずっと放置されているようだ。

nPAP_0002

だだっぴろい駐車場に車が無い、という哀愁の漂う風景。

nPAP_0001

この廃墟感になんか惹かれる。
道を挟んだ対面には大きなショッピングセンターがあり、
多くの人で賑わっていた。シネコンもあり。
対照的でありました。

その資格試験はもう受ける気がしないので、ここに行くことも
もう無いだろう。。

ブログネタ
働くことを考える に参加中!
新年度も始まり、今年度はどんな仕事をするのか。
今までのようなぬるい仕事で許してもらえるわけはないだろう。。
などと日々思っていた。

職場の組織表が今年度用に更新されていて、それを見たら、
一応自分もその組織の中に入っていて(当たり前だが)、
自分の業務として去年と一字一句同じことが書かれていた。

もう完全に頭数に入れられてないんだなぁ、ということを
再確認させられる瞬間でした。

連休前までに目標管理の作成指示が出た。
連休後に面接があるらしいが、いないも同然の人間だから面接は5分もかからないだろう。

普通の人ならプライドを大きく傷つけられて、ショックだと思うが、
情けないけどほっとしている自分がいる。
能力の無さは充分自覚しているので。
その代わり景気が悪くなったら真っ先にクビになることも覚悟している。

こんな企業にいることがどう考えても間違いなんだ、
と思いながら、もうすぐ復帰後一年半になる。

周りの管理職はほぼ全員が年下。
年下が雲の上の人になっていく。
年下の人に検認の伺いを立てるのに緊張する日々。
それにももう慣れた。

どんなに出世しようが、働いてる人は負け組なんだから。
それがピケティが出した結論。

あと一年働いたら年金25年納めたことになる。
一年はあまりにも気の長い目標なので、今は考えないことにする。

連休まで仕事はあと10日。
それが無事経過することが取り合えずの目標か。

ブログネタ
読んだ本♪♪♪ に参加中!
表題の本を読みました。
4月からはNHKでドラマ化されます。
来年は映画化も決まっているようです。

図書館で予約してて、回ってくるのはずっと先だと思っていたのに、
予定より早く回って来てしまった。
資格試験の直前のこの時期に。
これを読んでしまったばっかりに、資格試験は諦めることにしました(笑)
一応受けるけど。。

「半落ち」「クライマーズハイ」などで有名な横山秀夫の作品。
面白いのは確かだけど、警察内部という特殊な舞台の話だけに、主人公の独白調の説明がやたら多い。
小説の半分ぐらいはそれかも。
それを読むのは若干かたるいが、それを読まないと話の面白さもわからない。

タイトルの64というのは架空の事件で、昭和64年の約一週間の間に起きた誘拐殺人事件のこと。警察のミスで犯人を獲り逃がし、誘拐された少女も死体で見つかるという最悪の事件だった。

話の舞台はそれから14年後ぐらいで、
主人公の広報官、64事件の遺族、64事件の真犯人、64事件で致命的ミスをした警官などが入り乱れて再び64事件と酷似した事件が勃発して、主人公にも深い悩みがあって、、、
等々読み応えのあるものでした。

主人公には娘がいるが、顔が不細工であることを悩み家出をする。
母親(主人公の奥さん)が美人であるために、娘は母親を心底憎んでいる。

主人公の警察としての仕事は一応の決着を見るのだが、失踪した娘は最後まで見つからないまま話は終わる。
そこが現実的で哀愁が漂い、いい感じの余韻がありました。

醜く生まれてしまった女性のやるせなさというのは、生まれつき仕事の能力が欠落している自分と重なるような気がした。

テレビドラマはもうすぐNHKでピエール瀧主演で、映画版は佐藤孝市主演で
あるらしい。佐藤は明らかにミスキャストだと思うが。

ブログネタ
高校野球 に参加中!
もう一週間前になるけど、先週の土日に関西まで遊びに行き、友人と高校野球を見ました。
高校野球を生観戦するのは東日本大震災直後、東京転勤直前以来なので4年ぶり。
4年前は金沢高校を見て、エースの剛速球に魅せられたことを覚えている。
そのエースは楽天に入団し、一年目からそこそこ活躍してたが、
今は全く聞かれなくなった。
きっと高校からの登板過多で肩に深刻なダメージがあるのだろう。

さて、今回見た試合は近江vs県立岐阜商業と天理vs健大高崎の二試合。
最初の試合で撮ったいくつかの写真を載せてみた。

天気はよく、中央特別自由席という一番いい席に座った。
なんと2000円もした。。。自分が子供だった40年程前は600円だったのに。
40年前250円だったアルプス席は600円になっていた。
ちなみに外野席は昔も今も無料です。

県岐阜商の投手はプロ注目の投手、近江もそこそこの実力校ということで、
期待したのだけど、県岐阜の圧勝でした。
近江打線は手も足も出ず、ちょっとがっかり。
その試合の様子です。
IMGP0408

IMGP0400

IMGP0415

IMGP0417

次の試合も天理が敗退し、出身の近畿が全然ダメで残念な観戦でした。

その後、甲子園を後にし、日本橋に繰り出しました。
秋葉原ほどの規模ではないけど、似たようなところ。
そこかしこにメイドが突っ立っていました。

気分転換になった関西旅行でした。

ちなみに県岐阜の好投手も翌日浦和学院に攻略され、
その浦和も二日後は北海道の東海大四にまさかの敗退。
その翌日はシーソーゲームの末に敦賀気比が優勝したのでした。

このページのトップヘ