人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

2013年08月

3月の中旬から、今に至るまで、
私は仕事をしていません。

主治医の診断は「鬱病」ですが、自分では違うと思っています。

会社は休職という形で未だ籍があり、給料もいくらか振り込まれている。
(会社に全く行ってないのに。。。)

復帰の目処は立っていません。
このまま期間満了で退職か、
復帰の許可が出ても復帰に失敗して退職する。
そんなところでしょう。

鬱病で休職する人というと、まじめで完璧主義で、
仕事を頑張りすぎて、限界を越えてしまって鬱病に。。。
とイメージされがちで、実際そういう人が多いのでしょう。

でも、自分は全く違います。

仕事から逃げて、逃げて、逃げ癖がついて戻れなくなった。
そんな自分に絶望してしまって、その瞬間からひどい倦怠感で
体が鉛のように重く感じるようになり、
思うように動けなくなりました。

そして家族に大変な迷惑をかけてしまいました。

今の(これからも)自分は人間として最低という次元を超えて、
人間である資格すらない。

見た目は人間で、日本語の読み書きはできるが、他にできることは何もなく
食べて寝て排泄するだけ。。。
下等動物と同じ。

辛いことから逃げてばかりの人生だった。
去年まではたまたまうまくいって家族を養えた。
本当にたまたま。

今の落ちぶれた自分が本当の自分だと思う。

久しぶりにブログ更新します。

もう半年以上書いてなかった。

この間、いろいろな辛いことがあり、絶望し、とんでもないことをやらかし、
人生がすっかり暗転してしまいました。

なんとか立て直そうと模索しましたが、自分の実力ではもう無理だと
わかってしまいました。

本当は再起の目処が立ったらブログを再スタートしようと思っていた。
それが無理とわかった今、、、

人生が終わるまでの絶望の日々を送る中での思うことを
書いて行こうと思います。

誰にも読まれることも無く、自分でも読み返すことも無いけれど。。

このページのトップヘ