人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

2009年11月

ブログネタ
生活習慣病 に参加中!
年のせいか、元々体力がないせいか、鬱病予備軍のせいか、最近体調をよく崩します。
情け無いことです。

先週の金曜日から下腹部がなんとなく痛くて、古いコーヒーでも飲んだせいかなぁと思ってたが、
翌日も治らなくて頭痛にもなって寝込んでしまった。で下痢になった。
日曜には頭痛は治ったが下腹部は押さえると相変わらず痛い。下痢も続く。

今日会社に来ても相変わらず押すと痛いし下痢になってるので、
初めて会社の診療所に行ってみました。

結局たいしたことなくて胃腸炎だろうとのことでビオフェルミンをもらった。
診察したドクターは女医だった。マスクしてたけど美人そうだった。
(だからどうした)

この年で盲腸になったのかも、、とか思っていたのでとりあえず安心しました。
でもまだお腹は痛い。

ブログネタ
死に絶えた日本経済の行方 に参加中!
JALの企業年金を引き下げるとかなんとか話題になっています。
そもそも企業年金ってどういうしくみだ?
と思ったら自分の勤務する会社でも年金基金というのがあった。
それで仕事中に退職金について調べてみた(笑)

退職金は毎月か毎年か知らんが会社が積み立てているらしい。
これは倒産とかしても退職金は確保するためだろうか。

退職金の20%は前借が選択できる(自分はそれをしている。)
15%は辞める時に一時金としてもらえる。
65%は辞める時に一時金でもらうか、60歳から年金形式でもらうかが選択できる。
ただし年金でもらえるのは50歳以上で辞めた人のみであるので、
50歳まで働く気のない私は一時金でもらうしかないです。

60歳から年金形式でもらう人はその間利息を付けて運用してもらって、
かなり多めにもらえるらしい。
JALの場合、その利息が年利4.5%という有り得ない利息だったのが、会社の破綻で1.5%に変更するとのこと。
3%の差でも積もり積もればかなりの差額になるので、それでOBが怒っている。
というのがJAL年金問題の要約のようです。

ちなみに今退職した時の退職金を試算してみたら、あまりの少なさにがっかり。
600万円ぐらいだった。20%は前借してるにしても少なすぎ。
(それだけ無能だからですが)
早期退職の割り増し金を入れても1000万をちと超えるかという程度。
ニート暮らしは3年ぐらいしかできないじゃないか。。。
18年働いててもこれかい。。。

ますます生きる気力が萎える今日この頃です。

ブログネタ
健康生活 に参加中!
最近仕事は干され気味だけど、本を読んでる時間が長いためか肩が非常にこっています。
図書館で本を借りると返却期限があるので、仕事を犠牲にしてでも本読んでます(笑)

元々慢性的な肩こりで、姿勢も悪いので困ったものです。

マッサージ機が欲しいけど、あんなクソ高くて場所も取るものは当然買えない。
マッサージのお店に通うのも、接骨院に行くのも、貧乏サラリーマンには無理な話。
というわけで、低周波治療器に今興味を持っています。

商品はオムロンがほぼ独占状態だけど、5,000円ぐらいでそれなりに効きそうなのがありそうです。
(ネットの評判を見てると)
同じ機器で肩にも腰にも足の裏にも使えるものがあったりして、かなり欲しいかも。

難点は家電屋さんで試使用ができなくてどんな使い心地かわからないこと。
店で、パッドを肩とかに貼って動かすのはなかなか勇気がいる。
でもやってみたが、動かなかった。
電池がないのか、やり方間違ってるのかようわからん。

ボーナス出たら買うことを考えよう。
ボーナス出るんやろか。。。

こういうことを書いたら、この記事の下に低周波治療器とかマッサージ広告のリンクが出るのかな(笑)

ブログネタ
映画三昧 に参加中!
20080331003fl00003viewrsz150x米で史上2位の興行収入を記録したこの映画(1位はタイタニック)
去年公開時に見逃してしまい、今年IMAXで再上映した時は絶対見に行こうと思ってたのに、
結局都合がつかず見れずに終わった。

ところがこの映画がニコニコ動画で公開されていた。
ありがたいことだ。
ダークナイトがタダで見れるなんて(画面はちっちゃいけど)
早速見ました。

史上2位に値する作品でした。
子供用の漫画だったバットマンを、大人用の闇の映画として見事に仕上げている。
脚本書いた人は天才だと思いました。

ノー天気な価値観が全て覆される。
バットマンが活躍すればするほど、世の中は荒廃し、ジョーカーのような化け物を生み出す。
悪役ジョーカーは何の見返りも求めず、ただ人を恐怖に陥れたいという理由だけで殺しまくる。
死ぬことも痛みも全く恐れないジョーカー。
主人公の恋人は普通助かるもんだが(スパイダーマンみたく)、ここでは悲惨な死を遂げる。
全く手が付けられない暗闇。
最後、バットマンは悪者(ダークナイト)と化して終わる。

バットマン=投資で稼ぎまくる金融マン、ジョーカー=リーマンショック
に例えたら現実の世界にあてはまるかも。。。とか連想してしまった。

映像も音楽もかっこいい。
こんな映画を作れるアメリカはやっぱすごいなぁと思いました。

続編が来年ぐらいに公開される予定とか。しかも全編IMAXで。
これは絶対見たい。
最近死にたいなぁと思うことが多いけど、これを見るまでは死ねない(笑)

ブログネタ
映画三昧 に参加中!
お金を払って映画館で見る映画は、それなりに下調べをして見に行くのではずれはあんまりありません。(それでもたまにはずれはあります)

一方、ネットでタダで見る映画は気楽に選んでるせいか、はずれが多い。
見てるものの半分以上ははずれかも。

というわけで最近ネットで見たはずれ映画を3つ書きます。

「チェ39歳別れの手紙」
前編のチェ28歳の革命がそこそこ面白かったので、続編のこの作品を見てみたが、、、、
キューバで革命に成功したチェ・ゲバラが、その成功に飽き足らず、
ボリビアも革命しようと家族も国も捨てて、ボリビアに行く話です。
ボリビアでのゲリラ戦がドキュメントタッチで描かれているのだが、最初から最後まで成功しそうな気配は全くなく、
何もかもうまく行かないまま、最後はボリビア軍に捕まって処刑されてシエンドです。
ゲリラ戦の辛さはよくわかったが、他に何が言いたかったのか???でした。


「エンドオブザワールド」
「渚にて」、という小説が昔に映画化され、それをリメイクした作品で、テレビ用の映画らしい。
村上春樹の小説に「渚にて」が一瞬出てきたので、興味があって見てみたが、、、、
これが3時間以上というものすごく長い映画だった。
アメリカと中国の争いから、第三次世界大戦が勃発し無数の核爆弾が投下される。
その結果核汚染が蔓延し、北半球の生き物は死滅する。
映画は汚染がまだ来てないオーストラリアを舞台に、生き残った米潜水艦乗組員とオーストラリアの人々が登場する。
(つまり日本人は最初から全滅している(笑))
で、結局豪にも核汚染が来てしまい、人々はゆっくりと死んでいく。その様子を3時間以上かけて描いているだけ
という救いのカケラもない話だった。
自殺できる薬に長蛇の列ができたり、車で崖から飛び降りたり、、、
救いの無い話は好きだけど、あまりにもだらだらしすぎだった。
反戦映画としては効果あるのかも。


「ミスト」
スティーブン・キングという有名なミステリー作家の話の映画化ということで見たが、、、、
ある田舎町がタイトルのように突然霧で覆われる。
やがて突然巨大な昆虫のような化け物が大量に出現し、人間を襲う。
主人公の男は息子と一緒にスーパーマーケットで避難してる。
このままではいつか化け物にやられるという絶望感で避難民の間で内部分裂など起こる。
意を決して主人公は仲間数人とマーケットを脱出し、車で逃走する。
外では化け物の咆哮が聞こえる。
やがて車のガソリンが切れる。もう逃げ切れない。一同は自殺を決意する。
主人公が銃で自分以外を皆射殺(自分の息子も含む)した後、弾がなくなり、化け物に殺してもらおうと外に出たところ、
霧が晴れて救助の軍隊がやってくる。そこで終わり。。。
なんちゅう悪趣味なラストだ。息子殺したんだがから本人も死なせてやれよ。
ちなみに霧と化け物の正体は、「軍が実験に失敗して、異次元の扉を開いてしまった」だと。
なんじゃそりゃ。わけわからん。

ブログネタ
映画三昧 に参加中!
20081107002fl00002viewrsz150x半年遅れの映画館で表題の映画を見ました。
今年はこれで16本目の映画鑑賞、ちょっと見すぎかも。
年内にあと3本ぐらいは見そうだし。

ベストセラーで映画化された「ダヴィンチ・コード」の続編です。
監督はロン・ハワード、主演の教授役はトム・ハンクスです。

ロン・ハワード監督作はなんとなく自分と愛称がいいです。
はずれもあるんだろうけど「アポロ13」「ビューティフルマインド」「シンデレラマン」など
見てよかったと思える映画が多いです。

この映画はバチカン市国を舞台にした、宗教と科学の対立、陰謀みたいなのを題材にした話です。
正直、内容はたいしたことないかも(どたばた推理サスペンスみたいな感じ)
でも映像と音楽がかっこよくて楽しんで見られたと思う。
巷では酷評されているのもわかる気がするが、やはり自分にはあってた。

不満はユアン・マクレガーが出ていることかな。
彼が出ると、重要人物であることが丸わかりなので、
事件の首謀者がこいつだと容易に推測できてしまう。
しかもスーパーマン並の活躍にもちと無理がある。

でも小説を読んでいた私にはだいたい理解はできた。
小説読んでないと理解不能かもしれない。

とにかくBGMとか音楽が気に入りました。
サントラ版とかあったらレンタルしようかな(買う金はないから)

ブログネタ
市橋達也 逮捕される に参加中!
ここ数ヶ月、犯罪でマスコミが賑わってます。
芸能人の麻薬汚染に始まって東京、鳥取の連続不審死女、島根の女子大生バラバラ殺人。
特に鳥取の女が強烈です。今のところ7人の死に関与してるそうだが、あの調子だと5,60人は殺してそうな気がする。
きっと人から金を巻き上げて殺すことが彼女のライフワークとなっているのでしょう。

で、さらに昨日の市橋容疑者逮捕。
パパラッチみたいにマスコミが群がり、市橋の両親まで顔をさらす羽目になったりして
お祭りのようでした。

市橋の生い立ちなどを知って、彼と両親の心境に思いを馳せました。

父親は医者の偉い立場(顔は市橋そっくり)、母親は歯科医という超セレブ家庭に育った彼は
勉強で親の期待に沿えなかったようで、千葉大園芸学部を卒業してます。
千葉大園芸学部なんて普通の人から見ればエリートだが、医者の両親から見たら落ちこぼれのなれの果てだったのだろう。
(偶然にも最近殺された女子大生も千葉大園芸学部だった気がする。)

劣等感からか卒業後はニート暮らし、ナンパして知り合った外人女性が被害者となった。
外人をナンパしたのは日本人女には相手にされないからか。
ナンパに応じた被害者は、きっと英会話で金を巻き上げるつもりだったのだろう。
欧米人って基本的に日本人を舐めて見下してるし、市橋もその対象にされただけ、
どっちもどっちだ。なんて言ったら大顰蹙か。

逃亡中に茨木で1年ほど真面目に肉体労働してたので、根っからの悪人では無さそうにも思える。
劣等感と、外人に食い物にされた怒りからの犯行かもしれないと思ったりする。
(全然違うかもしれないが)
茨木での1年は彼にとって初めて自立した1年。彼の人生で一番充実してた1年かも知れない。

顔を出して取材に答えてた両親は、当たり前だが辛そうだった。
妻はその様子を見て涙していた。
顔を出したということは、もう今後の人生は捨てたのだろうか。
息子を育て間違えたことを悔いているのか。
正直息子には死んでいてもらいたかった、、、のかも知れない。

落ちこぼれ&女性にもてないという共通点を持つ自分が、
いろいろと想像して思いを馳せた逮捕劇でした。

次は島根の犯人がいつ挙がるかですね。

ブログネタ
インターネット2 に参加中!
先日自宅にセールス女性が来た。
普通は出ないのだけど、女性みたいだったから嫁の知り合いか、娘の友達母の
回覧板かと思って開けてしまった。

その人はauの光インターネットのセールスだった。
今うちではNTT西日本のフレッツ光+プロバイダはhi-hoなんだけど、そのセールスは
auのひかりone+プロバイダsonetに乗り換えを検討してくれないかとのこと。

月料金はほとんど同じだけど、今月契約したら10ヶ月間は2,5千円引き、
さらにキャッシュバック1,5万円進呈するとのこと。
10ヶ月トータルで約4万円得することになる。

その場では答えず帰ってもらったが、
この不況に4万円は大きいな。どうしよう。
メールアドレスを全部変更して、NTT西日本の解約手続き(機材を返却)がとても面倒だけど、
やろうと思えばできなくもない。

一週間考えて今週末には結論を出そう。

ブログネタ
病気、怪我 に参加中!
昨夜、片方の目の白目の半分が真っ赤に染まっていた。
自分では気付かず、娘と風呂に入った時に恐怖の表情で指摘された。
そんなおおげさな、と思いながら鏡を見ると自分でも驚愕した(笑)

左目の黒目から鼻寄りの白目部分が真っ赤に染まっていた。
ホラー映画のゾンビみたいだった。

思い当たる節もなく、視力も変わりなく、痛みもない。

いったい俺の目はどうなってしまったのだ!と思ってネットで調べてみたら、
どうやら結膜下出血というのにピッタリ当てはまります。

結論としてはほっといても1,2週間で元に戻る、眼科に行く必要もない
ということが書かれてあって、とりあえずほっとした。

なんらかの原因で白目の血管が切れたようです。
そのうち自動修復するらしい。(ターミネーターみたいだ)

と、無理矢理安心しているが、実は脳出血とかの前触れだったりして。。。

その騒ぎから1日経ち、確かに血は薄まっているようだ。よかった。
会社でも正面から顔をじっと見られない限りはばれないようだ。

でも鏡でじっと見ると、まだまだ気持ち悪いです。

ブログネタ
殺害放火事件 に参加中!
34歳の女性が、今のところ男6人を練炭で殺して、1億円ほどの金を奪った
という事件がありましたね。
その女性、ブログでは嘘の写真を使い、本当の容姿は肥満で非常に醜い
とネットではもっぱらの噂。

じゃあ、そんな女に何故6人以上もの男が騙されたのか?
という疑問がありますが、
男の私にはなんとなくわかるような気もします。

被害者の男性は老人か、または全く冴えない中年です。
恐らくこのままでは一生女性と接触を持つことなく人生が終わるのでは、
という恐怖が常にあったのではなかろうか。

老人男性の場合、家族からも知り合いからもうとまれ、早く死ぬことを望まれ、無意味な日々を過ごしていたのではなかろうか。

女の金をたかる手口はそれほど巧妙とも思えない。
恐らく彼等は、金目当てとわかっていて、
もしかしたら殺されることすら予想しながら
「俺にも人並みの恋愛ができるんだ!」
と自分を錯覚させながら女の要求に応じてたのではないかな、
と思うのは私だけだろうか。

もてない男って本当に、女なら誰でもいいのに、誰からも全く相手にされない。。。ってことが多い。
自分がその予備軍みたいなもんだったからよくわかる。

その寂しさが極限まで達した時、
誰でもいい、詐欺でもいい、殺されてもいいから女性関係に浸りたい。
と思う心境はなんとなく理解できる。

去年だったか、秋葉原で通り魔殺人した男も、あまりにも女性にもてなくて何かが切れてしまったようだし。

女性には理解できない心理だと思います。
この事件に関しては、全くはずれてる考察かもしれません
(きっと大はずししてる)

このページのトップヘ