人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。ニート生活を経て2021年4月より底辺職をしながら細々と生きる初老クソ親父の無駄口です...

2
もう5月も終わりです。
今日は晴れてますが(というより曇りか)今週は基本雨。
土曜に神宮に交流戦見に行く予定だけど、中止濃厚だな。。
それにしてもヤクルトは何故ここまで絶不調なのだろう。
阪神の好調ぶりも異常過ぎるが。

どうでも良いが、岸田翔太郎って、パッと見、元サッカー選手の名波に似てるなと思ったが、よく見てみるとそんな良いもんじゃなく、ただの醜男だった。

表題はミサイル打ち上げに失敗した北の肥満体のことではなく、長野県の例の事件の犯人のことです。
長野県の田舎で、父親が市会議員議長をしてるという地元の名士と思われる家の長男が4人を殺害するという事件。

この事件で、地方で親元に住んでる独身中年男(子供部屋おじさんとも言うらしい)や1人暮らししてる無職男は震え上がったんじゃ無いだろうか。
自分もこの犯人と同類と思われて周囲の人に避けられるかもと。

私は今は妻と同居してるものの、近い将来母親が亡くなるか施設に入るようなことがあれば退職して実家にしばらく移り住もうかと考えている。(もちろん妻には言ってない。)
そうなった場合、凶悪犯罪者予備軍として近所から通報されるのだろうか。。

犯人は名士の跡取り息子として期待されたのかも知れんが、如何せん無能だったようだ。
東京の私大(偏差値の高い有名私大ではない)を中退し、地元に戻って実家の農園を継ごうとしたかどうかは知らないが、きっと何もしてない負い目から&過去の自分が思ってた理想の将来とあまりにもかけ離れた現実から、被害妄想から錯乱状態になったのかなぁと思う。
殺し方が八つ墓村みたい。笑みを浮かべながらの犯行らしいので、元々そういう異常な人間性があったのかも。
警官までも平気で殺すところは浅間山荘事件にでも感化されたのかな。
兄弟が家を出て実家に寄り付かないのもそのせいかも知れない。
きっと両親はいつかこれに近いことをやらかすと薄々気づいてたんじゃないかなと思う。

こういう人間(頭が悪く働く能力が無く、残酷な殺人等に異常に興味がある嗜好)に生まれついてしまった場合、どうすれば良いのか。
この犯人のように実家が金持ちの場合は実家に引き籠もって死ぬまで外に出ないのが正解だと思う。
あるいは東京から戻らず、親に金出してもらってずっと東京で独り暮らしニートを続ければ良かったのに。
そしたら他人は自分なんかには誰も興味が無いことがわかって安心出来たんじゃないかな。
田舎だといろいろ悪口言う人達がいるんだろうから。
ホリエモンが発言してたらしいが、田舎で長男はとても生き難いらしい。そう感じる人は親(特に父親)から全力で逃げるべきだと言ってたようだ。

一番の解決法は自殺することだ。こういう箸にも棒にもかからないような人間は他人に迷惑をかけずに死ぬに限る。
そのためにも安楽死は必要だと思う。
犯人は猟銃を持ってたが、あれで自分を撃つのは難しい。
八つ墓村では、足で引き金を引いて自分を撃ってたが。
アメリカのような銃社会だったら自分の頭を簡単に撃って死ねたんじゃないかと思ったりする。

自殺は良くない。残された者を傷つけ悲しませる。
なんて言うが、そうじゃない人も多い。
死んだって誰も悲しまない。むしろ喜ばれる奴なんか無数にいる。
もし私が今死んだとしたら、母親は嘆くかも知れんが、妻子は最初だけ悲しんだとしても、数ヶ月もしたら私なんか最初からいなかったかのように普通に生活するだろう。
偉人や有名人ならともかく、一般人の死なんてその程度だと思う。
年取って惰性で生きてるとそんな風に思ってしまうのでありました。

IMG_20230530_201242

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
先週ぐらいから夏の暑さだったが、今日は雨が降って寒かった。
しかし明日からまた暑いらしい。。

広島のG7サミットは中身がほぼ無かった気もするが、一応無事に終わったようだ。
日本にしてみたら、バイデンとゼレンスキーが参加して皆無傷で帰国しただけで成功なのだろう。
各国首脳が平和祈念資料館を訪問してたが、あれつまらんのだよなぁ。
数年前までは熱で皮膚がただれた人形とか、ひどい火傷の映像とかの展示があって、修学旅行の小学生が倒れたりすることもあったそうだが、今はすっかり大人しい展示のみになってはっきり言って見る価値は無い。

最近のニュースでインパクトがあったのは、やはり猿之助の例の事件だろう。
特に私は自殺に失敗した過去があるから。

真相は猿之助氏しかわからないが、真相は語らない気がするなぁ。
両親は自殺した形になったが75,76歳とのことだから普通に病死しても当然な年齢。別に自殺したって良いじゃないか。ほっといたれよ!って思う。

向精神薬を大量服用したということだから、夫婦は二人ともだいぶ前から自殺を決意して薬を貯めてたんじゃないかな。
理由は病気、認知症、介護疲れからくる鬱だろうか。
あれだけの金持ちなら外部に頼れば良いと思うけど、プライドが許さなかったのかな。
それで猿之助の例のスキャンダルが週刊誌に出ることがわかり、計画を早めたんじゃないかと。。

猿之助はその計画を最初から知ってたのか、直前に初めて知ったのか、止める間も無く服用してしまったのか。
その真相は公開はされないだろう。

いずれにしても、自分のスキャンダルがトリガで両親は自殺した。後の面倒くさいことを考えると自分も死んで逃げた方が良いと考え、遺書書いて薬飲んだのかな。
というストーリーを想像するのですが。

いずれにしても遺書まで書いて死ねなかったなんて、間抜け過ぎる。。
私もそうだが、今後死ぬまで、「自分は自殺に失敗した情けない人間」を自覚して生きることになるだろう。
私は、有名人の自殺の報を聞くと、立派だなぁ、羨ましいなぁと未だに思ってしまいます。駄目な自分を実感する。

猿之助は今は完全に監視されてるだろうけど、そのうち監視が緩んだら再び自殺するだろうか。
しなかったら心底軽蔑する。今度は失敗せずに実行してもらいたい。
百歩譲って、死ななかったとしてもテレビや芸能の世界からは完全に消えるべきだ。間違っても歌舞伎界に復帰するようなことはして欲しくないと思うのでありました。

私は人生で一度だけ歌舞伎を見に行ったことがある。
中学生の時、社会見学の一環でたぶん学年全員で見に行ったと思う。片岡なんとかという一座の公演だった。
当然ながら当時の中学生が歌舞伎なんて1ミリも興味が無く、クラスメートが座席でゲームの話なんかをくっちゃべってたら、その時開演前の説明をしてた片岡我當という役者に「うるさいぞ!」と注意されてた。
そこだけを覚えてて、後は何も覚えてません。

香川照之や山川穂高には多少同情するが(金に群がる女の自業自得な気もする)、猿之助には全く同情できない。

line_7992898592677

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

1
あと数日したら55歳になってしまいます。
一昔前は定年が55歳で、堂々と無職を謳歌出来たはずなのに、現実はまだ働かされている哀しさ。
こんな人生クソだ。ロシアよ、早く核戦争始めてくれ。

GWははるか昔のことになり、仕事の日々だが、コロナが経済的に収束したことになり、通勤電車の混雑が半端なくなった。
山手線なんか2分おきぐらいに来るのに、全便が超満員で乗り降りにひと苦労です。
誰でも出来るアホみたいな仕事なのに、そんな仕事の通勤ごときにこんな目に遭うのが虚しい。

仕事といえば、私のやってる代務員という仕事してる人は会社に5人いるのだが、そのうち一人は最近脱腸の手術したとかで先週まで休んでいた。今日あたりからはたぶん復帰してる。
そして別のもう一人が連休中に足の大怪我をしたらしい。
本人からメールが来てたが、右大腿四頭筋腱断裂という病名で全治3ヶ月だと。
このとばっちりで面倒な仕事が増えそうな嫌な予感。
その人60代後半の契約社員だが、3ヶ月も休んだら面倒臭くなって辞めてしまわないんだろうか。
私だったら辞めるな。元々タダ同然の給料で、契約社員ならたぶんボーナス無いだろうに。

先週末、娘が家に来て久しぶりに話をした。
普段は朝の散歩以外で犬と接する時間が無いので、家に来た時は犬を可愛がるだろうと思いきや、そうでも無かった。
犬もひっくるめて我が家とどんどん距離を置こうという意志が見て取れる。
まぁ親離れは悪いことじゃないから良いけど。
相変わらず仕事は嫌いで辞めたいらしいが。

娘は最近新宿にオープンした歌舞伎町タワーというとこに行ってみたらしいが、あそこはクソだ、1年後には廃れてるだろうと言ってた。
入口前にはトー横キッズだかというクソガキどもがたむろってるらしいし。
1階にジェンダーレストイレがあって話題になってたが実際は変態親父がずっと中でウロウロしてるらしく、女性は誰も近付かない。そのうち親父を排除するために警察が見張るようになったとか。
他、タワー内の店もアホみたいに高いのばっかで、映画館(109シネマズ)なんか4500円するそうな。一人分の値段です。
座席がラウンジ風だが上映するのは他と同じ普通の映画で。
なめてんのか?こんな値段でも利用する人って、近くの風俗嬢と店外に出た会社経営者や暴力団員ぐらいだろう。
というわけで、私もこんなとこは近いうちに廃れると思う。
持ち主の東急って、そんな馬鹿だったのか。

さて、連休中に実家でゆっくりしてる時に悟ってしまったこと。生きてる意味の無さ。
目的も無いし、たいした物欲も無くなって来たし、かと言って仕事をずっと続けるなんて絶対嫌だし。
結局食って寝て、死ぬ日が来るのを待つだけか。

今後予想される大きなストレスは娘の結婚(相手の親と会ったりすることを考えると戦慄が走る)、母の死とその後の手続きいろいろ、愛犬の死ぐらい。
母より先に死ぬのはさすがに躊躇われるが、愛犬の死よりは前に自分が死にたいなぁ。

とかを夜中に目が醒めると考えて鬱にどっぷり浸かってしまう自分がいます。
朝になって仕事に行く頃には回復してるのだが、最近夜中はずっとこんな調子です。
今阪神が珍しく好調で本来なら機嫌が良いはずなのに、助けにはならず、、

今の生活状況が改善されることは未来永劫無いので、この夜中鬱状況も悪化することはあっても改善されることは無いのだろう。
それが私の人生。

IMG20230503165133

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

1
連休も終わり、今日から出勤。
東京は昨日から雨続き。今日の仕事は雨を言い訳に大部分サボろうと思ったのに、途中から晴れやがった。。

今朝はほんと憂鬱だった。
ストレスの少ない底辺職なのに、連休明けはやっぱ憂鬱。
前の仕事してた時は連休明けどういう精神状態で過ごしてたのか、恐ろしくて思い出したくもない。

そんな前の会社の友人と会ってきました。
元々髪の薄かった人だがさらに薄くなってて、緑内障にもなったそうな。
やっぱ総合職は大変だなぁ。
かつて私が作った資料を未だに目にすることがあると言われ、そんなの破棄してくれと思った。
会社が創立100周年を迎えて、社員全員にブランドの食器が記念品として支給されたとか。
そしたら翌日、メルカリに大量出品されたそうです。
〇〇会社100周年記念とか思いきり書いてるのに。

私とその友人がいた事業部、中国に工場があって重要取引先として中国、インドと言われ、中国赴任は出世コースでしたが。
最近中国からの撤退を検討してるそうです。
そりゃ、ロシアと組んで戦争を始めるであろうテロ国家ですから、一刻も早く撤退した方が良いよなと思いました。
赴任者は早く帰国しないと、いつスパイ容疑で拘束されて処刑されるかわかったもんじゃない。。

学生時代の友人とも会ってきました。
もはや年2回の恒例となっているプロ野球観戦とネットカフェ宿泊です。
この友人もだいぶ前から緑内障です。おまけに最近は下半身あたりに鈍痛が続いてるとか。
過去の記事に書いた、娘さんが東京藝大に行けず関西のお嬢さん大学に入学したというのはこの友人です。
実はお嬢さん大学には入学せず浪人してました。
どうしても東京藝大に行きたいのだと。。
来年藝大に受かったら奥さんも一緒に東京に行きそうと言ってた。そうなると友人は関西の一軒家で独り暮らしか。
ちなみに夫婦仲は極めて悪いそうです。

上記二人ともエリートで高収入、どこから見ても勝ち組だが、それなりに苦労が絶えない様子でした。
でもお陰でご家族は金の心配をせずに好きなことができて幸せだろうなぁ。
日本の男の存在意義はまさにそれだ。家族を幸せにすること。
自分自身の幸せなど望んではいけない。馬車馬のように働き続けて家族のATMになることのみが日本で認められている男の生き方なのだろう。

そんな人生を放棄した私。まだまだ一線で頑張ってる友人達と会うのが気が引ける。
体もどんどん衰えて、最近は夜中に何度も中途覚醒するしトイレに何回も行くし、トイレの切れが悪いし(小も大も)。
というのも友人との共通の話題になってしまった。。
なんか生きてる意味が全く見出だせなくて、それはここ3年ずっとですが、普段は生活に追われてあまり考えずに済んでたところが、、
帰省中はゴロゴロしてる時間が結構あり、ついそんなことを考えて闇堕ちしてました。

やっぱ、安楽死を切望する。

IMG20230503114614

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

4
何日前のニュースだったか、60代の配達の仕事してる男性が、仕事中に車の窓に指を挟んで切断してしまったとか。
しかしその男性は指を拾いもせず(探して見つからなかったのかも知れんが)、仕事を続けたんだとか。。
なんか、猟奇的というか異常なニュースだった。
指を切断してまでも仕事を続ける理由って何
時間内に配達を終えないと、人質の家族を殺すと脅されてたのだろうか。
あるいは痛点を失った魚のような特異体質か病気の人だったのだろうか。
事件性は無いという報道だったが、滅び行く日本の闇を見たようなニュースでした。

昨日から実家に帰ってます。
連休になった初日に逃げるように移動。
妻には「帰るところがある人は良いねえ。
と、嫌味を言われました。
そういうあんたも、私が居なくなって一人になれて嬉しいくせに、、
ちなみに今日妻子は犬も連れてひたちなかのあたりにあるネモフィラ等の花畑を見る日帰りツアーに参加してます。
雨と大渋滞で辿り着けるか心配だったが、写真が送られて来たので、無事ネモフィラを堪能できたようです。

実家に帰って何をするのかと言うと、何もしたくないから帰るわけですが、それでも西日本在住の友人2人と会ったり、それで大阪に一泊したり、老母が一人で処理出来ないこと(車のオイル交換やら、保険の更新手続き等)をやったりで半分ぐらいは潰れる。
今回は古くなったトイレを全面入れ替え(もちろん業者がやるわけで、私は製品を選ぶだけ)しようと画策してます。

それでも精神的には妙に楽です。
一つは常に不機嫌な同居人がいないことと、自宅では常に犬がへんなことをしてないか気を使ってたのが必要ないからかな。
犬は可愛いし癒やしだが、やっぱ生き物だから気もつかうし、、

コロナも事実は置いといて無理矢理収束したことになってるし、外国人旅行者もかつてのように増えてるようですね。
私は無職になった3年前のコロナ初期に、暇だったからパスポートを作った。北斎画の模様が入ったやつ。
しかしコロナのせいと、自分の無気力のせいできっと使うことなく期限が切れるだろうと思ってた。収束するなんて夢にも思って無かったから。
こうなると近い将来、今のブルシットジョブを辞めた後、心が元気だったらどこか旅行に行こうかな、と妄想するようになった。
こういう話、前にも書いたかも知れない。。認知症気味なので。。

旅行と言っても、何か活動をしたり観光をしたりというよりは、老人なんで基本ボーっとしていたい。
国内旅行で興味あるのは、大洗から苫小牧までフェリーに乗ってみたいかな。苫小牧には何があるのか全く知らないけど。フェリーの個室で一泊してみたいです。
後は、真冬の寒い時に暖かい石垣島あたりに行って1週間かそれ以上ぐらいの間ボーッとしていたい。

海外だと、カンボジアやベトナムを訪れてみたい。
前の仕事を退職後に行こうと思ってたが、コロナで諦めたので。
あとミーハーだがシンガポール、ドバイ等。
実家に帰る飛行機の中で「チケット・トゥー・パラダイス」という映画を見た(飛んでる間の最初の40分程だけ)んですが、バリ島ものんびりするには良いかも、と思ったりした。でもあそこは若い女性しか行ったら駄目なとこかも知れんです。

アメリカ本土とか、ヨーロッパへの旅行は勝ち組の人達がすることのように思えて、負け組の私は今後一生行くことは無い。
中国も怖いから無いな。というか、将来中国に征服されてここは中国になるのか。。

海外進出と言えば、阪神を出てメジャーで制球が全く定まらず防御率二桁の藤浪投手。
阪神の新戦力で制球が素晴らしく今のところ防御率0.00の村上投手。
対照的な2人の今後にも注目したい。

IMG_20230430_200414

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

4
GWまであと1週間。

最近の私の人生は、
何もしなくても良い幸せが2割。
誰からも存在を認められない虚しさが8割。
と言った感じです。
ストレスがほぼ無い仕事(その代わりボランティアとほぼ変わらない給料)の上、去年で資格取得の目標も捨て今は余暇に何もすることがない。世捨て人になってます。
そして家族とも誰とも関わらない毎日を過ごしている。
今死んでも誰も気付かないんじゃないか?
と思うこともあります。

暇に任せて図書館でいろんな本を借りて読んでます。
最近「嫌われた監督」という分厚い本を読みました。
名古屋の元新聞記者ノンフィクションライターが、落合博満が中日の監督をやってた8年間を取材等を通して書いたものです。
作者は私より10程年下で、若干自己陶酔的な表現が鼻につくノンフィクションで、かなり脚色も入ってる気もしましたが、野球好きにはかなり興味深く面白い内容でした。



「嫌われた」というのは、いくら勝っても優勝してもファンにもマスコミにも、何より中日球団の上層部に嫌われたことを意味します。
勝つことを乞われて監督に就任したにも関わらず、勝ち過ぎて報酬が上がりすぎたことが原因で最後は球団から契約終了させられる。

要は落合は強烈な金の亡者だったということ。
別にそれが悪いことではなく、アメリカ等では普通のことだけど、いびつな日本社会では異質だった。彼の苦悩はある意味自業自得という気がしました。

勝つ為に徹底して孤立し、非情な人斬り等で守銭奴ぶりを発揮します。
エピソードとして、鳴物入りでFA移籍したものの肩を痛めて(たぶん肩の故障を黙ってFA宣言したと思う)使い物にならなくなっていた川崎憲次郎を開幕投手に指名した時、本人と森繁和コーチ以外には他言無用にした。
これは森コーチが信用に値するかを試したということらしい。
決して川崎の復活に期待したわけではなく、最初から見捨てていた。
結果、森コーチは投手起用を全権任され、川崎はシーズン後解雇に。

その他、毎年多くの選手、コーチを解任したり、
レジェンド立浪をレギュラーから外す為に森野に地獄のノックをしたり、自分の打撃技術を伝授したのはFA移籍してきたベテランの和田一人だけだったり(他の選手はどうせ理解できないからと放任してた。特に若い選手を将来性に期待して使うことは決して無かった。)
選手からは完全に距離を置き、まぁ一般受けはしない監督だったようだ。

選手、監督とも実績は文句無く、確たる打撃技術を持っている落合氏。周りの人間がショボいせいで不遇な監督生活だった。というのが本書の主旨だと思うけど、そうだろうか。。
興行的に旨味が無かったということはその程度の存在だったということ。少なくともカリスマでは無かったということだと思う。
当時の中日、確かに強かったけど面白くないチームだったし。
また金の亡者である点で監督退任後どこからも誘いが来ないんだろうと思う。

現役時代の実力は抜きん出てたが、じゃあ当時メジャーに挑戦したら通用したか、と言ったらしなかったと思う。
とは言え、日本の野球人では最高峰の人で面白く読めました。

今は還暦を過ぎたハゲ豚メガネのYoutuberじいさんですが
野球以外のことには無頓着で、時々恐ろしくセンスの無い服を来てるのもご愛敬。

ちなみに中日は落合退任後、11年間でAクラスに2度なっただけで、優勝争いに絡んだことは一度も無い。

IMG_20230422_220835

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

4
4月も半ば。
新年度が始まって半月経ちますが、一人で仕事してる私には何も新しい事はないです。
飽き飽きしています。

東北地方では例年GW頃に桜が満開になってお祭りがあったりしますが、もう既に満開になってるみたいですね。

さて、最近は生活に変化が無くGWを待ち望むだけの毎日ですが、ニュースやテレビで見たことの能書きでも書いてお茶を濁します。
私の人生全てそんな感じですが、、

陸自の10名が乗ったヘリが沖縄で行方不明になったニュース。
ついに隊員らしき姿が見つかったそうですが、これまで小出しのように部品が見つかりヘルメットが見つかり目撃証言があり、、
国は何かしら隠してるなぁと思わなくもなかった。

機体トラブルや操作ミスなら一番丸く収まるだろうけど、
例えば米軍が間違って撃墜してしまったとか、
隊員の誰かが自爆テロで9名を道連れにしたとか、
中国が撃墜したとかだったら、きっとひた隠しするだろうなぁ。
特に最後の場合、公表なんかしたら世界戦争が始まってしまう。
でも、もしそうだったら戦争になるべきだと思う。
ロシアの暴走を見てると、サピエンスはそろそろ自ら絶滅に向かう段階に来てるのかも、と思ったりします。
そうだったら死ぬ前に核戦争を見て即死したい。

コナミ関連会社の40代の社員が、社内の元上司を消化器で殴り殺そうとして逮捕されたというニュース。
取り押さえられて、元上司は怪我で済んだらしい。
犯人は「元上司にパワハラされた。自分が生きる為に殺そうと思った。」とはっきり言っており、とても好感が持てました。
きっと相当酷いことをされたのだろう。
犯人は即刻解雇されたが、元上司はどうなったか不明。
まだ会社に居座ってたら、相当なタマである。
これぞ日本の管理職と言えるかも知れない。

逆に今は何をやってもパワハラ、パワハラと言われるので、それを逆手に取って開き直って若手社員に一切何も指示しないし教えもしない上司がいるらしい。
それでホワイト過ぎて辞める若者が出るという現象が起こってるとか。

テレビのとあるバラエティ番組で、シャーデンフロイデという心理の説明をしてました。
ドイツ語で、他人の不幸を喜ぶ心理状況のことを言うそうだ。
それによると、人間は民族に関係なくほとんどの人が自分のことを平均よりちょっと上のレベルにあると自覚してるそうだ。
つまり他人の大半は自分より下の人間と思っている。
しかし現実は物凄く多くの人が自分より成功したり幸せだったりする。大して能力無いくせに。
という過程を経て嫉妬したりシャーデンフロイデになり、さらにストーカー等の犯罪行為に及ぶ人もいる。という説明でした。
なるほど、自分を平均以上と自己評価する人は確かに多い気がする。

仕事の出来ない他人のことを長々と愚痴る人がよくいる。
つまりそれは自分は仕事出来る側だという前提だが、ほんまにそうなんかと思うこともよくあります。

最後に、今のところ同率首位にいる阪神だが、あの貧打線で首位なのはよっぽど投手陣が頑張っているから。
先日村上という投手が初勝利目指して先発し、7回まで完全試合だった。
その後代打を出されて降板、次の投手が点を取られ、完全どころか初勝利も無くなってしまった。
この岡田采配に賛否があるが、私は続投させて欲しかった。
確かに7回は結構疲れてヨレヨレだった。勝つために変えるのは正解だっただろう。実際試合は延長で勝ったし。
しかし、あのウルトラ貧打線で勝ったのはたまたまというかほぼ奇跡である。
それだったら負け覚悟で村上の夢を追って欲しかったなぁ。
まぁ、次回も安定した投球を期待します。
一時的に首位だけどヤクルトとの差は果てしなく大きい。。

長々と独り言を文字にしてみた。

IMG_20230406_175144

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

4
早いもんで4月になっている。
前の会社を辞めて、真っ当な人生を捨て去ってはや3年が経った。

今の底辺職に就いてからまる2年が経過。
この会社、2年以上在籍すれば辞める時に退職金が出る。
そういう条件があったからこの会社を選びました。
退職金もらえる権利を得た今、こんな仕事もういつ辞めても良いなぁ。。
ぶっちゃけ、仕事始めて3ヶ月ぐらいですっかり飽きてしまってます。

娘も私と同じで今月から3年目。
先月までいた職場が消滅し、大幅な人事異動で全く望まない仕事になったらしく、辞めたいと言っていた。
辞めたければ辞めても良い。どうせこんな世の中、核戦争でいつ破滅するわからんのだから。。

坂本龍一氏が亡くなりました。
坂本氏の音楽で私が最初に思い浮かぶのはラストエンペラーのテーマです。
この映画、大学生の時に2回程見ました。
アカデミー賞を総ナメにしたので、どんなんかなぁと思って。
でも、私は歴史に全く興味が無かったので、話の筋が上辺しかわかりませんでした。
愛新覚羅溥儀の生涯を映画にしたんだとはわかっても、時代背景を全く理解してないので、溥儀の苦悩等がほとんど理解せず。
大学時代からすでにからっぽな私でした。

Gyaoが無くなって暇になり、最近は本を読むようになった。
今、「天子蒙塵」という浅田次郎の蒼穹の昴シリーズを読んでるのだけど、これ読んでたらラストエンペラーを見直したくなりました。
今なら内容をもっと深く理解できそうな気がする。
どこかで放送してくれんかな。
図書館にDVD無いか検索したが、無かった。
さすがにタダでは見れないか。
蒼穹の昴シリーズについてご興味あれば、詳しくは下記参照下さい。



Gyaoが無くなって暇になったことでもう一つ、久しぶりにパソコンで絵を描いてみた。
4年ぶりぐらいだろうか。
やっぱ、今が旬の某日本人メジャーリーガーの打撃を描いてみました。

IMG_20230406_195130

実物より太り気味になってしまった。
ドカベンの山田太郎みたいだ。。
本当は後ろにベンチがあって選手が座ってて、その上には観客席があるんだけど、そこまで描く元気が無かった。

愛犬とか景色とかも描きたいけど、そこまでのレベルにはなかなか行けないなぁ。
そんなことをしながらあと4週間をやり過ごしてGWに突入したいです。
GWもすぐ終わるんだろうけども。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
もう4月になります。
センバツ高校野球は明日準決勝。
今ひとつ盛り上がって無い。
たぶん世間はWBCで盛り上がり過ぎて疲れたのだろう。
元々野球に興味は無くて大谷やヌートバーだけ見て騒ぎたかったという人が多かったのだろうなぁ。
よくあることです。

プロ野球は今日の日ハム新球場杮落としで開幕です。
これもあんまり盛り上がってる感じは無いけども。

今年プロ野球は3試合観戦する予定。
5月と8月に友人が取ってくれた阪神戦2試合と、会社で安く斡旋してた神宮のヤクルト楽天戦。
良い気分転換になれば良いなぁと思います。

今週始め、仕事中に背中に筋肉痛のような痛みを感じて、それが夜にかけて強くなり、呼吸するだけで痛みを感じるようになりました。
じっとしてゆっくり呼吸してると痛くない。
一晩寝ても状況は変わらず、休む程でも無いので仕事に行った。
重いものを持った時に背中が痛む。左手で持つと特に。。

じっとしてると痛くないので、腫瘍とかでは無いだろう。
ネットで検索してると筋肉の炎症という予想通りの他、気胸の可能性もあるという怖い情報も。
「ギックリ背中」と呼ばれる症状もあるらしい。正式な病名では無いけど、ギックリ腰の背中版である。
もしかしたらこれかも、ほっとけばしばらくして勝手に治りそうだけど、長引いたら整体にでも行こうかな、等と思いました。

結局背中の痛みは2日後に自然に治まった。
軽い炎症だったのかも。姿勢が悪いから今後度々なるのかも知れない。
背中が治ったのは良いが、その間背中をかばう生活をしてたせいか、昨晩は強烈な頭痛になった。
ロキソニンを飲んで小一時間経つと治まり、やっと本来の体調に戻った。
なんか今年になってロキソニン飲む回数が増えたなぁ。
そのうち中毒になって効かなくなるかも。
年取っていろんなところが不調になります。
老衰死が近づいてるという体のサインなのでしょう。

さて、長年視聴してきた無料動画Gyaoが明日で終了してしまう。明日の仕事中に終了するので、実質今日で終わり。
毎日のように海外ドラマや海外映画をこれで見てたが、明日からは、ただでさえつまらない無意味な毎日がさらに色褪せたものになります。

最後に見た作品は洋画の「ゼログラビティ」でした。
これは約10年前に映画館でも見たんだけど。
宇宙で船外作業中の宇宙飛行士の女性博士(サンドラ・ブロック)が大事故に遭い、同僚を全て失い死を覚悟するという話。
誰も知らないし気づかれないところで孤独に死んで行く寂しさが、近い将来の自分を見ているようで感慨深いものでした。

ちなみに現実には宇宙で死んで宇宙空間にずっと漂ってる人間はまだいないらしい。
宇宙で死んだ人は3人いる。ロシアの宇宙飛行士で、地球に帰還中に酸素が漏れて3人とも窒息死したそうだ。
死体は地球に到着し、たぶん丁重に埋葬されたのだろう。
昔、アポロ13号がトラブルで絶望的ながら奇跡の生還を果たしたが(トム・ハンクス主演で映画化された)、奇跡が起こらなかったら死体が宇宙をずっと彷徨ってたのかも知れない。
そんなことを思った映画でした。

明日から家で何して過ごせば良いのだろう。。

IMG_20230330_161013

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

5
今日、こちらは1日雨
甲子園も雨で順延になったようで、久しぶりに静かな一日です。

昨日はWBCが最高の形で幕を閉じました。
大谷の大谷による大谷のためのWBCでしたね。
ストレスにめっきり弱くなった私は、準決勝決勝はリアルタイムでは時々しか見れませんでした。
一方的にやられる悪い想像が先に来てしまって、、

昨日は仕事してましたが、サボり魔な私は30分フライングして弁当を買いに行き、その帰り道にあるマンションから叫び声が聞こえたので優勝を確信しました。

今回の侍ジャパンは今までと一味違ってましたね。
大谷がいるのが一番ですが、長打が結構出てた。
決勝のヒット数は少ないが2発出た。
大谷以外にも2階席にライナーを打ち込む日本人がいるとは、アメリカは思ってなかっただろう。

栗山監督の投手起用が完璧だったなぁ。
この大会の一番の目的は優勝よりも、佐々木山本を始めとする若い投手陣を米スカウトに見せつけることだったと思う。
それを果たせた。
高橋宏斗、大勢、伊藤なんかも目を付けられたんじゃ無いかな。どんどんメジャーに行って欲しい。
準決勝の大事なとこで湯浅を出した時は心臓が凍ったけども、それなりに抑えてたからなぁ。
日本投手は皆スプリットを武器にしてるが、外国人投手にそれが無いのは、指への負担が大きいからかな。

巨人は岡本、戸郷、大勢と皆活躍した。
まとめてメジャー行ってくれんかな。
阪神ファンとしては巨人に優勝されたら困るんで。

もう1週間ほどしたらペナントレースも開幕しますが、きっと盛り上がることでしょう。
源田が無事出れるか心配。

次回は3年後らしいけど、次は大谷無しでどこまでやれるか見せて欲しいな。監督はダルビッシュで良いんじゃないかと。

このWBCも去年のサッカーワールドカップも、スポーツ以外では将棋の藤井竜王等、10代や20代前半の若者が昔ではあり得ない活躍を見せる。
いっぽう、私のような初老の世代があまりにも無能でだらしなかったせいで、今や日本経済は沈没寸前である。
明るい話題は若者の活躍のみ、彼等の足を引っ張ってばかりの私等老人はほんと申し訳無い気分です。
唯一の救いは栗山監督が還暦超えてるということか。
プラン75という映画があったが、私はプラン60でも良いと思うくらいです。
使えない老人はできるだけ若者の目につかないところでひっそりと暮らすか、早めに消えてしまわなければ。
逆に有能な若者はどんどん海外先進国に移住して日本を捨てて欲しいな、と思う。

それはそうとして昨日の夜は良い気分で犬と夜桜を見に行きました。
雨の前日で見れるの最後だしと。

センバツ高校野球。私は長崎海星あたりに期待してます。
イジメ自殺で物議を醸した学校ですが。

IMG20230322184058

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

このページのトップヘ