人生谷あり底あり

うつ病休職歴あり、自殺未遂歴あり。 2020年6月に早期退職しました。これにより名実ともに負け組になった初老親父の無駄口です...

3
寒い日が続いてます。
コロナ感染者数は高値安定して、ラグビーのトップリーグも中止になってしまい、テレビで見るものがありません。
せいぜいNFLをBSで見るぐらい。。
メジャーリーグもコロナで財政難のようで、ヤンキース田中はクビになって楽天復帰の可能性が高まって来ました。
そうなったら見に行きたいですが。

最近知ったニュース。
35歳の男がコロナで生活苦になって物乞いになった。
40代の男が共通テストを鼻マスクで受け、その後も妨害し続けて逮捕された。

この二人の男は破滅したくてわざとやってるのが明らかである。
特に後者のおっさんなんて、わざわざ高い受験料払ってそんなことするのは、人生が詰んだ末の破壊行動に思える。
まるで第二次世界大戦末期にヒトラーが自国の施設を破壊したように。
それがコロナのせいかどうかはわからんけども、今後こういう人増える気がします。

さて、今月から職業訓練学校に通っています。
遠くの学校しか受からなかったので、通学は朝7時40分頃に家を出て、1時間強かかります。
電車で通うのは高校卒業以来、実に34年ぶりです。
通勤じゃなくて通学なのが悲しいですが。。
一応学生証も発行されて、学生割引に使えるらしいですが、52歳のおっさんがそんなん使うわけ無いッス。恥です。

東京で電車で通うので、さぞ殺人的に混んでるんだろうと覚悟してましたが、そこそこ混んではいるものの、ギュウギュウ詰めという程では無く、新宿や渋谷、品川で人が降りると座れます。
これはきっとコロナの影響で乗客が減ってるんだろうと妻に話したら、コロナ前からそんなものだ。
だって2分おきに電車来るんだから。とのこと。。
そりゃそうか、もし電車が5分おきだったら殺人的に混むのだろう。やはり腐っても東京だ。

この時間帯に電車乗ってる人達は東京のエリートサラリーマンが多いと思うが、そんな中にサラリーマン風な底辺初老学生が一人混じってるのが申し訳ない気もします。。
定期券で通学してJRから私鉄への乗り換えもするので、久しぶりでちと気分がアガリます。(アホやがな)
今時の定期券は自動券売機で買えて、自分のSUICAに焼き付けられるので便利です。等ということを今更知りました。

ちなみに通学の交通費は支給されます。(じゃないと訓練校なんか行かない)また、昼食代変わりの日当が1日500円。40回まで出ます。
特定されたらあれなので場所は書けませんが、校舎はものすごく古く、トイレの大便器はなんと、全て和式です。。
きっと税金で運営されてる学校だからか一切の無駄遣いが禁止され、施設などは昭和のまま何も変えられないんだろうなと推察します。

そんな遠くて古い学校に学費も交通費もタダで通う日々ですが、学校内部の様子(正直思ったより大変)は後日書きたいと思います。
たった3ヶ月で終わる学校ですけども。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
正月の気分も無くなり、一般の人達は仕事に勤しんでいることでしょう。
コロナ大爆発の昨今、こないだの3連休で特筆すべきは大学ラグビーの決勝で天理大が優勝したことかな。
関西の大学が生きてるうちに優勝するとは思わんかった。
平尾の同志社以来だとか。。
ラグビーに興味無い人にはどうでも良い話です。

私は職業訓練学校に電車で約1時間かけて通う毎日が始まりました。
電車の混雑ぶりはコロナ関係なしです。さすが東京。
訓練学校は自分で予想してたよりは大変そうな雰囲気でちと憂鬱です。
まだ始まったばかりですが。。

学校のことは後日気が向いたら書くとして、年末年始実家で究極的にダラダラ過ごしながら読書しました。
今回は備忘録代わりに読んだ本のことを書いてみます。
よって、クソつまらんです。。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家族じまい [ 桜木 紫乃 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/1/12時点)



図書館で母が予約して借りた本を読後読ませてもらったものです。
母は年齢のせいで、認知症が出てくる作品に興味があるようです。
この小説は認知症になった老女を中心にそれに関わってる娘、姉等の視点で時系列に書かれた小説。
リアルによく書かれた作品に思えます。
二世帯住宅を建てて親と住もうと奔走しながらアル中になっていく娘の章が一番リアルでした。
親や配偶者や兄弟が認知症になるといろいろと大変ですが、大変な本当の理由は周りの人間たちの人格の悪さなんじゃないか。ある程度の年齢になったら、そんな家族関係は捨てなさい。というメッセージがタイトルに繋がっているように思える。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エンド・オブ・ライフ [ 佐々 涼子 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/1/12時点)



これも同じく母が読んでたベストセラー本で、終末医療の現場を取材したノンフィクションです。
読みやすかったが、読んだ後あまり残るものは無かった。
話の軸はある介護師の仕事ぶりと、その本人が末期癌になり逝去するまでの詳細です。また筆者の母親も末期癌でそれを介護する父親と母の逝去も書かれている。
正直、そういういい話は読んでもあまり響かない。
取材したケースの中には不幸なまま解決してないものもあり、(激痛が治まらない為、患者が首吊り自殺した等)そういう話の方が現実的で興味深かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

影法師 (講談社文庫) [ 百田 尚樹 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2021/1/12時点)



図書館で見つけて借りた本です。これは逆に読んだ後母に貸したが、母も面白いと言ってた。
百田尚樹という人は異なるいろんな分野の小説を書いている。そういう才能は天才的である。外見と性格は最悪ですが。。
武士の出世と友情の話です。東野圭吾の容疑者Xの献身にもにたような自己犠牲の話であっという間に読めました。
いつか映像化されそうな気がする。もしかして知らないだけでもうされてたりして。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫) [ 東野圭吾 ]
価格:803円(税込、送料無料) (2021/1/12時点)



その容疑者Xの献身の作者東野圭吾も、間違いなく天才だと思います。
これはだいぶ前に映画化されてて、話の筋もある程度知ってたが、改めて小説を借りて読んでみた。
東野作品にしては完成度はもう一つかなと思った。
娘を事故で失った母の狂気の描写はなかなかである。
脳死しても筋肉に電気刺激を与えて肉体を動かし続けると身体は成長するという話は、本当かどうか不明だが、興味深い。
臓器移植のことも考えさせられる。
自殺する人の臓器を移植に回せたら良いのに、、と思う。



最後に、これはまだ読んでる途中です。
世界的に有名な古典の金字塔と言うことで、若い頃一度読もうとしたが、たぶん挫折した。
暇に任せて半年程前から再度読み始め、現在5巻中4巻の途中です。
私が宗教に興味が無いせいか、あるいは馬鹿なせいか(たぶん後者)、何が面白いのかさっぱりわからない。。
主人公はたぶんカラマーゾフ3兄弟の末っ子アリョーシャだと思うが、このアリョーシャ以外の登場人物の台詞が、皆頭おかしいとしか思えない程クドクドと長たらしくて、読むのを挫けそうになる。
ドストエフスキーって、他の小説でもこんな調子なんだろうか。。
最後まで読めるかどうか不明ですが、苦行はもうしばらく続く。。

というダラダラ生活でした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
年が明けて早1週間程が経ちました。
実家に半月程滞在してましたが、自宅に帰って来ています。
実家滞在中は、ホントだらだらと何もせずに過ごしてました。。
我ながら宇宙一のクズ野郎だなぁと実感することしきりです。。
あまりにもだらけ過ぎて体調が少し悪いです。(死ね!)

年末に高齢の母が行きたがっていた大塚国際美術館というところに行きました。
名前の通り、大塚製薬がたぶん税金対策で作ったと思われる派手な美術館です。
数年前紅白で米津玄師が歌った場所として一瞬有名になったところです。
大塚製薬なので場所は四国の僻地、鳴門にあります。
そこに行き着くまでに約2時間半。高速代は往復8000円以上しました。。日帰りだったので疲れた。

この美術館の鑑賞料金は、なんと3160円。高い。。
何を展示してるのかというと、「陶板名画」という要は世界各国の名画を等身大複製して展示しているという物です。
偽物だからか、写真撮影も許されています。
なんだか、あまり有り難みが無い。しかし料金が高いバブリーな感じの美術館です。
以下、撮った作品を次々と羅列します。

IMG20201229124428
紅白で米津玄師が歌ったところです。
システィーナ礼拝堂とか言う。どこの国だったか忘れた。
以下はいずれも見たことのある名画。

IMG20201229122238
ヴィーナスの誕生です。
名画に出てくる裸の女性って、下腹が出てる絵が多い気がする。

IMG20201229123033
IMG20201229123054
レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐の修復前後です。
複製画に修復もクソも無いような気がするが。
普通の部屋には収まらないような大きさです。

IMG20201229123247
同じくダヴィンチのお馴染みのモナ・リザです。

IMG20201229125237
キリスト昇架という絵です。これもかなりでかいです。
フランダースの犬の最後で、ネロが絶命の直前に風でめくれて幸運にもこの絵が見れたことに満足しながら死んでいきます。
「パトラッシュ、僕はもう疲れたよ。なんだかとっても眠いんだ。」みたいな台詞だったと思う。
同じ台詞を私は人生を通して脳内で呟いてます。(笑)

IMG20201229140106
ゴッホのひまわりは7枚あるそうで、全て展示されてましたが、そのうちの2つです。
右のがメジャーなのかな。原本は日本人が芦屋で消失したとかなんとか。。

IMG20201229135947
歴史の教科書に載ってた気がする絵です。
題名は民衆を導く自由の女神。

IMG20201229141421
これもよく見る落ち葉拾い。

IMG20201229142746
オフォーリアというシェイクスピアの劇中で水死する人らしい。

IMG20201229143939
誰もが知ってるムンクの叫びです。

IMG20201229150851
ピカソのゲルニカです。
かなり大きいです。

IMG20201229151053
近代の作品もあり、このよくわからんものはアンディ・ウォーホールの物です。

他にも私が知らないだけで有名な作品は数多くあると思います。
個人的には映画インフェルノに出てきた地獄図とか見たかったけど無かった。

全部でフロアが5つあり、全部見るには4キロ歩くことになるらしい。
5時間ぐらいかけて見ました。
年老いた母にはきつかっただろう。歩くのがとても遅かった。
満足したかどうかはわからないが。。
歳を考えると、小旅行に行くのもこれが彼女の人生最後だなと思いました。

明日からは職業訓練学校が始まる。
赤の他人と同じ空間に長くいるのは久しぶりになるので、どうなるかな。疲れるかな。。
ちと憂鬱です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
実家に帰って来て約10日。年越しを迎えます。
先日、前の会社の友人に会いに行きました。
約7年住んでたかつての単身赴任先に9ヶ月弱ぶりに訪れました。

待ち合わせ時間より1時間程早く着いて、かつての単身宅があったワンルームマンションに行ってみました。
エレベーターの暗証番号はまだ覚えていた。
退去する頃は玄関先から新築マンションの工事現場が見えてました。その時の写真。
IMG20200404171747

今回同じ場所を見るとマンションが完成していました。
まだ人が住んでる気配は無かったけども。
IMG20201226142059

その他、駅前に新しいホテルが出来ていた。
また駅前に巨大な幽霊ビルがあって、退職時はそれを取り壊し始めていたが、今回見るとすっかり更地になってました。

この跡地にショッピング施設、マンション、ホテルが建つ計画だったのが、ホテルはコロナのせいで撤退し、大幅に縮小した建物がこれから建設予定で2023年完成予定だとか。

大して都会でも無い地域だしコロナでこんなことになると、ホテルの10や20は無くなる方が良いのかも。
むしろ新しく出来たホテルが何故計画が頓挫しなかったのか不思議なぐらいです。

さて、9ヶ月ぶりに会った元会社の友人。やはり痩せたことを指摘されました。。
家事をするようになって、自分が作るご飯が不味くて痩せたんだと言ったら失笑されました。
会社のその後のことは何の興味も無かったですが、話によると、

このご時世でも事業は黒字を維持してボーナスもきっちり出てる。
私より2つ程年下の課長が更に出世して次長になってた。
嘱託の老人を除いて誰一人退職してない。
5月頃は週の半分はテレワークだった。

というような話でした。
つまりコロナ禍でも誰一人経済的に困る人はいないし、仕事の内容も私が過去にやってた仕事も含めて何も変わらず続いている。ということ。
確かに、報道ではいろいろ苦悩する人々が出て来るが、リアルな世界では周囲に困った人や困窮した人なんか一人も居ないし、これからも居ないだろう。
せいぜい娯楽が無くなって生きるのがつまらなくなったぐらいです。

友人の家庭の話も聞きましたが、子供が今年から私立小学校に通っています。
これは、友人の妻がママ友との近所つき合いが嫌だからわざと遠くの小学校に行かせたそうで。。
そういう性根の妻と友人はうまく行ってないとのこと。
まぁ謙遜もあるだろうし、我が家のような完全崩壊では無いだろう。
面白いのは、その小学生の男の子がある日カエルを拾って来て、家で飼ってるそうで、友人がカエルの餌である生きたコオロギを定期的に買って食わせる役目を負ってるという話でした。
なかなか大変そうです。(笑)

避けられないことですが、「仕事辞めて家で一体何をしているのか?」と当然ながら聞かれました。
ここ数ヶ月の廃人のような生活を話すと、興味無さそうに聞いてました。
マンション管理の職業訓練校に通う話をしたら、
「それは暇つぶしで行くだけで、まさかそんな仕事するつもりじゃないだろう?」と言われました。
まぁ、現役の大企業の管理職クラスから見ると、当然の意見です。
妻でさえ「マンションでゴミの分別とかするんだったら、警備員でもした方が良いんじゃないのか」とか言って蔑みます。
私はそういうレベルのカーストにいるという事です。

友人は、わざわざここまで来てくれたんだからと、飲食代を全て払ってくれた上に、乾き物のつまみを10袋程お土産にくれました。
こっちは手ブラで行ったので恐縮してしまった。
まるで乞食が恵んでもらったみたい。。
次に会うことがあったら土産を持って行かなければ。。
来年スポーツ観戦出来る世の中だったら是非ご一緒しましょう。と言って別れました。
果たして再会があるのかどうか、極めて怪しいですが。。

今年退職後に友人と対面で食事したのは3回だけ。
真っ当に生きてる人と接すると、気分転換になる反面、自分のクズぶりをさらに思い知って闇に籠もりたくもなります。
今だって、家族の罵倒から逃げる為に実家に避難してるし。。
しょうもない生き物やなぁ。
こんな奴でも年を越してしまいます。
来年も年を越すのだろうか。。
あんまり越したく無い気分です。

今晩は孤独のグルメ年末スペシャルでも見るかな。
皆様におかれましては、良いお年をお過ごし下さい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
数日前から一人実家に帰っています。
実家で年を越すのはたぶん10年ぶりぐらい。
妻と離れて年を越すのは結婚後、NY旅行の3年前を除いて初めてかも知れません。
それだけ我が家は終わリが近いと言うことです。(笑)
娘はきっと彼氏とクリスマスケーキでも食ってることでしょう。

実家で迷った末に前の会社の友人にメールしてみたところ、即日返事があり、明日会うことになりました。
感染者激増中の広島県ですが、、
サラリーマンとは身分が違うし、前回帰省した時は連絡しませんでしたが、連絡出来るとしたらこのタイミングが最後かな、と思って。。
単身赴任してたワンルームマンション周辺も散策してみようかな。
友人に会ったら、痩せたことを驚かれるかも知れんな。。

先日母親と、母の姉(伯母ですね)宅を訪ねました。
母親は85歳、伯母は87歳。日本経済を崩壊させる典型のような老人姉妹ですが、二人とも頭ははっきりしています。伯母は足が悪くて障害者認定されていますが、一人豪邸に住んでます。亡くなってる元旦那は弁護士だった。
その伯母さんに会うなり「痩せたねー」と言われました。
ちなみに会話の中に、私が無職でいる話が全く出て来ませんでした。
私を憐れんで気を使っている?
いや、たぶん私が退職したことを母親は誰にも言ってないのだと思う。。
85歳で人生が直に終わろうという時でも、息子の現状が恥ずかしくて他人に言えないんだな。。
私はそれだけ重罪を犯したクズだと言うことだ。

さて、もはやどうでも良い感が漂ってますが、新型コロナの感染者は増え続けてますね。
王さんが会食したと聞いて、東京の感染者数が王のホームラン数868を超えるのも近いな。。と冗談を言ってましたが、あっという間に超えてました。。
感染者数がいくら多くても重症者が多くなければ良い。重症者が多くても医療崩壊しなければ良い。と思いますが、国はどうも医療崩壊をわざとさせようとしてる気がします。

新型コロナは指定感染症2類に分類される。
SARSや結核と同じ。ちなみに上の1類はエボラ出血熱やペスト。
コレラは下の3類です。
2類だと感染者は入院が義務付けられたり、対応出来る病院が極めて限られたりするらしいです。
で、最近新型コロナをインフルエンザと同じ5類に引き下げようという意見が識者の間で高まっているそうで、死者数の少なさから、どう考えてもそれが妥当です。
でも政府は頑なに2類から動かさない。
理由は政治家の賄賂の関係かも知れないし、扱える病院が増えるとコロナと関わりたくない病院が怒るからかも知れない。
あるいはわざと医療崩壊させて高齢者の人口を減らしたいのかも。
もし最後の理由だったらその判断は正しいと思います。

コロナ対応で大変な思いをしてる医師や看護師に言いたい。
そんな割に合わない仕事は辞めて、楽な病院に転職しましょう。
コロナ患者なんかほっときましょう。

高齢者に罪は無いけれど、こういうご時世になってしまったら、国の財政の負担になる人はどんどん消えてもらうしか無いと思う。
それが嫌なら海外に移住するとか。
将来ワクチンが出来たら、それを接種できるのは納税額が高い人順にするべきと思います。
役に立ってない人は救わなくて良い。

当然ながらニートの私も救われてはいけない。
ちょっと期待してるのは、英国だかで変異したウイルス。
それがもし致死率が抜群に高かったら、いよいよ自分も死ねるかなぁ、とか妄想する。
世界中の死者がどんどん増えれば、そのうち安楽死の議論が活発にならないかなぁ、と期待する。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

4
テレビでM1をチラチラと見てますが、
4分で漫才披露して審査員がいて順位が出るって、フィギュアスケートと一緒やな。
採点に芸術点とか審査基準があるんやろうか。

今年の漢字は「密」でしたが、個人的には「虚」かなぁと言ったところです。
名実ともに底辺に堕落した最初の年。今後はどんどん闇に堕ちていきます。
来年の漢字は「無」「終」または「死」あたりかなぁ。(笑)

さて、今年の活動は今日で全て終わりました。
ニートなので最初から活動らしい活動なんか無いのですが。
今週職業訓練校の入学手続きをして、歯医者に行って、ハローワークで認定手続きして、今日はとある資格試験を受けました。(たぶん落ちた)
まぁ受かるかどうかは二の次です。
受けることに意義がある。何故なら国家資格試験受験が求職活動にカウントされるから。

明日から一人実家に帰ります。
訓練校が始まる前々日まで約2週間。
忙しい自分に酔いながら常に機嫌が悪い妻からしばらく離れられるのはホッとします。

妻は明日から一週間、遅い夏休みです。私がいなくなるので心なしか嬉しそうです。
娘と東京周辺でいろいろ買い物に行く計画を立ててるようです。
私はというと、実家で散髪に行って、図書館に行って(Wifi使うのが主な目的)、適当に買い物行って、テレビ見まくって、、
それぐらいですわ。

前の会社の知り合いに連絡取ろうかどうか迷ってます。
身分が決定的に違うので辞めた方が良いかな。。
実は別の関西在住の友人に年末年始会えないかと打診したら、卒論の指導で今後1ヶ月は手が離せないと(彼は大学教員)固辞されました。
そうだ、私は労働してる人とは身分が違うんだと改めて気が付くアホです。

ちなみに娘は昨日まで3泊4日で沖縄旅行してました。
ギリギリGOTO適用でした。
失意の就活が終わってから、気が狂ったように遊んでいます。
まぁ、コロナで世界がいつ終わるかわからないので、好きなように遊べば良いと思ってます。
昨日深夜に帰って来ましたが、電車は超満員だったそうです。
東京の人はもう誰もコロナなんか相手にしてないようです。
そりゃそうだよなぁ、と思います。

暖かくなったら私も北海道か沖縄に行きたいものです。
東京からはフライト代が安いので。
海外は多分一生行けないだろうから。
ただ、そのためには当分無職を続けなければならないが、、

スマホのロック画面が自動的に次々と変わりますが、時々奇麗な風景画像が出てきます。
スクショを貼ってみました。
もしかして違法アップロードでしょうか。。
IMG_20201220_193409
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
寒いです。
ボーナスの時期になると、無収入の自分のクズぶりが一層感じられます。

コロナの感染者数は日々最高記録を更新しているが、そんな報道を見ても何も響かない。
同志社ラグビー部がクラスタ感染で大学選手権を辞退したが、普通その場合次点の関西学院大が代理出場するルールだったはずが、準備不足という意味不明な理由で却下されたらしい。
これが関東の大学だったら認めただろうに。
学生スポーツの協会はおかしな差別が無数にある。。

来月から約3ヶ月、職業訓練学校に通うことにしました。
コロナがあれなので、突如中止になる可能性も多分にありますが。。
受講するのは高齢者対象のマンション維持管理という講座です。
そんなもんに勉強する必要があるのか甚だ疑問ですが、講座があるので受けることにしました。求職活動しないための暇つぶしです。
こんな講座でも一応入校試験がありました。
実は過去にビル管理という講座に落ちてます。
ビル管理は競争率が3倍以上ありましたが、マンション維持管理は定員20人のところ、見た感じ受験者は25人ぐらい。しかも2人程欠席してて、よっぽどアホじゃない限りは受かるものでした。

それでも面接を受けた時は不合格を確信しました。
面接官(=当講座の講師)がかなり冷やかな目で私を馬鹿にしてたから。。
まだ若いのに何故高齢者対象のこんな講座を希望するのか?
とか
前の仕事を辞めてこんな低所得の仕事を希望するのは何故か?
とか、答えが解ってるくせに意地の悪い質問をしやがった。

どうせ落ちると思って相手のお望み通りに本音で回答しました。
前の総合職は挫折して苦痛で、早く辞めて楽な仕事に変わりたかった。
子供が自立するので収入は多くは望まない。
老人でも出来る仕事だから。
と。
講座開始後もこの講師には度々嫌味を言われそうだな。。

講座終了前には求人を出してる業者が来て就職相談もあるとのことだが、期待はしていない。
バイト程度の最低賃金の1ヶ月単位の仕事が多いと思われる。
万一仕事にありつけたら儲けものだが、あくまでもずっと家に引きこもるのを避ける為の措置です。

来月から晩御飯の用意はどうなるのか?考えないことにする。
と言うわけで、万一バイトにでもありつけたら当分実家に帰れないので、今月末に実家に帰ることにした。
なんせ高齢の母親だからいつが最期になるかわからんし。。

ビル管理講座に落ちたことを前に書きましたが。
ビル管理はマンション維持管理と違ってボイラー技士やら電験、冷凍機械責任者といった資格が必要で、競争率も高かったから、と落ちた言い訳は出来るが。
そうは言っても受験者は皆失業してる落ちこぼれである。そんな中選考試験に落ちたという事実が今の私の価値の無さを表している。
正直、もう一般の人とは関わる資格は無いと思う。

4月になっても何の仕事も決まらなかったら実家に移住して世捨て人になろうかと考える。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

2
今年も最後の1ヶ月になりました。
戦後最悪と言っても良い悪夢の年だったと思う。
さらに今後数年〜十数年はさらに悪夢の年になるんじゃないかと危惧してます。

高校ラグビーの全国大会が大阪で無観客ながら予定通り開催されるとの事。
娘の母校も出場するし、この状況下でも開催されるのならその3ヶ月後の選抜高校野球も望みが出て来たかな、と思います。
今後状況が悪化しなければの話ですが。。

先日健康診断に行きました。前の会社の健保を任意継続してて、無料で出来るので。
ニートになってから痩せたが、体重測ったことなかった。
今回の計測で55キロと判明。。こんなに少ないのはいつ以来だろう。ここ1年弱で10キロ近く痩せたことになる。
7年前休職してた時よりさらに痩せたかも。
食べる量はそんなに少ないわけじゃないのに。

7年前の休職時と今で共通するのは、
 生きる意欲も楽しいことも全く無いし、求めてもいないこと。
 働いてない劣等感から、他人と関わることが皆無になったこと。
 同居家族に嫌われ、お互い罵り合いながら常に最悪の雰囲気の中で生活していること。
これだけの条件が揃うと、きっと誰しもがみるみる痩せるんだと思います。

過去の記事でいただいたコメントで、
「孤独で寂しくて生きるのが辛い。老後のひとりは辞めた方が良い。」
という50代独身女性のものがありました。
それから自分の孤独について考えるようになった。

大学生の時、孤独に押し潰されそうになったことがある。
大学生活は楽しいんじゃないかと勝手に期待して、実際は全然楽しくなかったのと、初めての一人暮らしで何日も誰とも喋らないことに慣れてなかったこと。が原因かと思う。
今のようにネットがあれば同じような仲間がいっぱいいて気にならなかったかも知れないが、当時はこんな孤独でアホな大学生は世界で自分一人だと思っていた。

社会人になってから最初の3年ぐらいも孤独だった。
でも孤独の寂しさより仕事の辛さの方が何億倍も強かったので、寂しいことなんかどうでも良かった。
また収入があると寂しさも安らいだ。

そして今の私は孤独を望んでいる。
自分を否定し批判し蔑む人と暮らすぐらいなら(それが正しいことでも)、一人で誰にも文句言われずに生きて行きたい。
無能な私は、今まで家族はもちろん仕事でも常に批判されながら生きてきた。もう疲れたのである。文句言う奴からは離れたい。。
晩年は自分の能力や人間性にケチ付けられたくない。
ひっそりとコソ泥のように生きたい。

孤独のリスク。
まず金銭的な問題がある。コメント下さった方もその不安が大きいんじゃないかと思う。
私も勿論貯金が尽きるリスクは大いにあるが、同時にいっそ早く蓄えが尽きて野垂れ死にたいという破滅願望もある。
病気やアクシデントが起きても誰も助けてくれないという不安もある。これもかなりの恐怖である。
突然動けなくなったり、心臓麻痺になったり、激痛と絶望の中誰にも気付かれず死んで行く。
孤独じゃない人でもそういうリスクはある。所詮死ぬ時は一人。
こういう悲惨な死に方も運命だと思うし受け入れたい。
死んだ後迷惑をかけることになるが、わたしゃ死後を気にする程お人好しでは無い。
いろいろと残念な考え方だが、そういう星のもとに生まれたのだと言い聞かせています。

最近気に入った癒やしのピアノ曲。


最近気に入った癒やしのクレヨン画。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

1
今日はハロワの認定日も無事終わり、
何もしてないのに20万ちょっと振り込んでもらえる底辺ニートです。

自宅では相変わらず妻が常に不機嫌で怒ったり悪態ついたり、、
毎日毎日、「汚い!汚い!」と100回ぐらい喚いてます。
私が嫌いなあまり病んでしまったのか。。
書いてはいけない暴言を書いてしまいそうなので、この件はいつか落ち着いたら書くかも知れません。
(と言いながら書かないで終わったネタは数知れず。)

日本シリーズ、つまらんかったですねー。
でも、ちょっと野球に詳しい人なら去年も今年もこうなることは容易に予想できたでしょう。
とは言え、2年連続スイープとなるとさすがにセ・リーグの存在意義を問う声が爆発してしまいます。
来年、セ・リーグ各チームは恐ろしくて日本シリーズに出たくないだろうな。
いっそコロナが悪化してシーズン中止を願ってるかも。

工藤監督は名将と言われるんだろうけど、あの人ストイック過ぎて全然幸せそうじゃないんだよなぁ。
昔工藤監督のドキュメンタリーを見たけど、彼は幼い時に母親に捨てられ、父親はモラハラなスパルタ親父で、名古屋電気に進学したのは野球部は全寮制で父親から離れたかったかららしい。
その番組に父親は登場しなかったので、もう他界してるのか生きてても縁を切ってるのかのどちらかだろうと思われる。
息子で俳優の工藤阿須加が言ってたが、家族団欒は監督辞めた後まで無いとのこと。
ちと闇を抱えた人やなぁと思いました。

サッカーみたいにプロ野球も一部二部に分けた方が良いかも。
オリックスを除くパ・リーグ5チーム+巨人が一部。
巨人を除くセ・リーグ5チーム+オリックスが二部。
何なら新規参入球団を6チーム作って三部。
で各部の優勝と最下位チームで入替えシリーズをしたらいいんじゃね。
等と妄想するのでありました。
それもこれも、コロナがずっと続いてたら満員にならずに楽しめないし、新規参入どころかプロ野球連盟自体が経営破綻するかも。あぁつまらん。。

取るに足らないしょうもないことですが、ここ数年の疑問が1つ解けた。
3年前の大晦日。娘とニューヨークのカウントダウンに行って極寒の中延々と待ってた時、流れた曲にサビがノリの良い曲があって、エド・シーランあたりの曲かなぁと思い、後で調べたが結局わからなかった。その後も店のBGMとかで時々耳にしていた。
その曲が最近やっとわかった。
ショーン・メンデスという若いシンガーのこの曲でした。



この人、驚いたのは娘と同じ歳だった。しかも5年前の17歳ぐらいから全米No.1になっている。
もうそういう時代なんだな。
50過ぎた底辺ニートは早くコロナで死ななければ。
改めて聴くとジャスティン・ビーバーっぽい曲調だな。
と思ったら二人ともカナダ人で4歳違いだった。

とまぁ、そんなことがわかったところで、つまらない人生は続く。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

3
東京も国内合計もコロナ感染者数が最多を更新しました。
現在私は、恥ずかしながら失業手当をもらっています。
これをもらうには求職活動を月に2回以上することが条件。
8月頃まではコロナのおかげで求職活動が免除されてて、何もしなくても失業手当が支給されてたらしい。
今回また感染爆発してるので、また免除の動きにならないかなぁと、良からぬことを期待してます。

ニートなので平日昼間から買い物や犬の散歩で外をウロウロしてて、そのうち不審者で通報されないかとヒヤヒヤしていますが、先日保育園児が散歩しているところに遭遇しました。
引率の保母さんが3人いたのだけど、3人とも外国人でした。
白人、インド系、ヒスパニック系といった感じの3人でした。

私は暇に任せて他人様のブログをよく見ます。
働いてた時も仕事中にサボってよく見てました。(そんなだから挫折して退職する羽目になったんじゃ、ボケが!)

やはり自分と似た境遇の人のブログを探してしまいます。
同年代の早期リタイアした人やおひとりさま等。
私は家庭持ちですが、精神的には完全な孤独なので。。

早期リタイアした人のブログは総じてつまらんです。
FXや株で収入を補うような話ばかりで、財テクをやらないと決めている私には意味が無い。
また、早期リタイア者はほとんどが独身男なのであまり参考にもならない。
アドセンス収入や運用益で今後何十年も孤独に慎ましく生きようとする彼等。果たして生きてる意味があるのか?と、思いっきり自分を棚に上げて思ってしまいます。

おひとりさまブログで読みたくなるものは全て女性のブログです。
女性のブログを見てると、男とは違って皆それなりに現状に満足しそこそこ幸せを感じているように思えます。
たとえ貧乏生活だったり薄給な割に仕事が辛かったり親の介護で大変だったりしても。
置かれた場所を肯定する強さ、自己愛の強さが伺えます。
私なんか、自分を肯定したことなんか人生で1度も無いなぁ。

毎日のように読んでるアラフィフおひとりさま女性のブログが2つある。でも前みたいに本人に知られて怒られるのは嫌なのでリンクは貼りません。タイトルも明かさないでおきます。

  • とある介護士さんのブログ

このブログ主は介護士をしながら自身の認知症の母の世話もしている離婚歴のある独身。
家計は厳しく仕事も親の世話も大変そうであり、その合間を縫って趣味に興じる様子が書かれている。
過去にはアパレル関係の営業等で相当稼ぎ、海外生活もあり、男友達も多い。そういう過去の栄光が事あるごとに書かれている。
毎日のように長文のブログが更新されている。
疑問なのは自分の有能ぶりをアピールする主は、何故今そんなに家計が苦しいのか?過去の稼ぎはどこへ行ったのか?そんなに忙しいのに何故毎日長文が書けるのか?
と言ったところ。
読者が多くてアドセンス収入が沢山あるのか、あるいは創作された架空ブログか。
そういう疑惑も多少あるが、自画自賛を含めて意見をはっきり書いてるところが他人事なので興味深く読んでます。


  • とあるダメ男と結婚してしまった人のブログ

このブログ主の旦那さんは人生で1度も定職に就いた事がない。結婚する時も無職で当然周りからは反対されたが、よっぽどのイケメンだったのか、押し切って結婚し今に至る。
子供が2人いて現在2人とも学生である。
子供がいると学費等の費用が必要なのでさすがに旦那に定職に就けと要求するが拒否し続けられている。旦那は人格的にも難ある人みたい。。
ブログ主は自分の収入で家族を支え、そんなクズ旦那と別居や同居しながら生活している。彼女自身働くことは結構好きなようである。
旦那をすっかり見限っており、結婚相手を見誤ったことを大変後悔している。
今は旦那の死を願いながら離婚の機会を伺っている。数年後子供が独立した暁には家族と離れて一人の人生を謳歌しようと決めている。
こんな概要のブログですが、私の妻はきっとこのブログ主と同じことを思いながら生きてるんだろうなぁ、、と思いながら毎日読んでます。
ダメンズウォーカーの末路というか。
将来無事子供が独立して一人になられたら良いと思うが、それまでこの世の中が存続してるか、自身の心身の健康が維持出来てるかは神のみぞ知るである。


孤独や貧乏は、若くて気力があるうちは耐えられたり、むしろ楽しかったりすることもあるだろうけど、それが5年や10年続くとどうなるか。
嫌気が差して全て投げ出したくなりそうな気がする。
今の私はその段階に近い。
数多くあるおひとりさま女性のブログ主は数年後どうなってるか、、少し興味あるところです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

このページのトップヘ